マナビバ~いわきの未来を文化の力でつくる方法を探る~

マナビバ.2018_o マナビバ.2018_u

本事業は「文化によるまちづくり」を文化・芸術・アート等による多角的な視点から行政と市民が共に考え、創り上げていくための基盤づくりを目的に、毎回各分野で活躍されている方を講師としてお呼びし、いわき市のこらからのまちづくり等について、みなさんと考えを深めていきます。

1.「地域の資源を大事に想いながら、まちの新しい魅力を創り出す~八戸市の事例から~」
 「文化芸術を通して市民が生き生きと心豊かに暮らせるまち、文化芸術の力を活用した魅力あふれるまち、八戸の実現」をスローガンに掲げた八戸市。その中でも市民活動の核「はっち」は、中心市街地活性化の切り札的存在として、開館から6年半で来館者数600万突破を達成しております。地方創成が叫ばれている中、地域の文化資源等を上手に生かしながら、文化芸術、ものづくりなどを通じて、地域の資源を上手に活かしながら新しい魅力を生み出している「はっち」の取り組み。いわきと八戸の共通点、相違点も考えながら、ノウハウやコンセプト等を学び、文化の力を通じたまちの活性化を考えます。
○日 程: 平成30年1月25日(木)18:30~20:30
○会 場: いわき産業創造館 会議室1
○講 師: 柳沢 拓哉 氏(八戸ポータルミュージアム「はっち」主任コーディネーター)
2.「実践。はじめてのロジックモデル」〜活動の価値を見える化したい人へ」
近年、わが国では公益活動の新たな担い手として多様な主体が知恵や技術を最大限発揮し、成長でききる環境を整える事が求められ、その礎としての「社会的インパクト評価」に注目が集まっています。今年度の「潮目文化共創都市づくり推進実行委員会」で行われた「コミュニティツーリズム事業」のロジックモデル作成を例に、「大事なもの」を中心に捉え続ける活動の組み立て方や、改善に向けた学びをどのように社会化するか、貨幣価値に換算し難い活動を関係者とどのように価値を共有し共通言語を作っていくのか、実践を通した学びの会を開催します。
○日 程:平成29年2月9日(金)18:30~20:30
○会 場:いわき産業創造館 セミナー室
○講 師:大沢望氏(特定非営利活動法人SROIネットワークジャパン)
3.「いわきで「東北」を起動する」
「東北」と「関東」、「エミシ」と「ヤマト」、「親潮」と「黒潮」、二つの異なる潮流の「境目」にある福島県いわき市。まさに「潮目」と呼ぶべき多様な文化が育まれてきました。今回は、東北全般の歴史・文化を再認識しながら、あくまで「東北としてのいわき」に光を当て、いわきらしさとはなにか、潮目とは何かについて考えるヒントを探していきたいと思います。学びと対話のすえに再発見されたいわきは、東北の最果てでしょうか。それとも、東北の最先端でしょうか。
○日 程:平成30年2月20日(水)(18:30~20:30)
○会 場:いわき産業創造館 会議室1
○講 師:石倉 敏明 氏(秋田公立美術大学 美術学部美術学科 準教授)
4.2020年東京五輪-文化プログラムをいわきの活性化につなげるために
2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは「文化プログラム」が実施されることが決まっています。現在の東京都の取り組みと今後の展望はどのようなものでしょうか?そして福島県やいわき市等の地域では、どのような役割を果たしていくのか?2012年に開催されたロンドン大会を参照にお話し頂きます。
○日 程:平成30年3月7日(水)18:00~20:00
○会 場:いわきPIT
○講 師:吉本 光宏 氏
    (株式会社ニッセイ基礎研究所、研究理事文化審議会文化政策部会委員、
     東京芸術文化評議会評議員/文化プログラム検討部会部会長)
〇定 員:講座№.1~3 30名
     講座№.4   50名
〇参加費:無 料
〇主 催:いわき潮目文化共創都市づくり推進実行委員会
     特定非営利活動法人Wunder ground、いわき市
〇お問合せ・お申込み先
 いわき潮目文化共創都市づくり推進実行委員会
 (いわき市 文化スポーツ室 文化振興課)
 〒970-8686 いわき市平字梅本21
 Tel:0246-22-7544 Fax:0246-22-7552

3/11(日)いわき潮目劇場 カルチャーショックプログラム 朗読劇「この土手、ゆるがじ ー磐城平城 丹後沢の由来―」(再演)@もりたか屋

平成29年度 文化庁 文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業
いわき潮目劇場 カルチャーショックプログラム
朗読劇「この土手、ゆるがじ ー磐城平城 丹後沢の由来―」(再演)

人の命を捧げることで、とてつもない力がはたらくといわれる「人柱」。その力は、神や仏の力をも超えるとも考えられている。磐城平城を築城する際も、菅波村の95歳の老人・丹後が人柱となったといわれおり、丹後沢という沢の名は、人柱となった丹後の願いによって名付けられたといわれている。なぜ、丹後は人柱になったのか。なぜ、人柱にならなければならなかったのか。
昨年、沢山の方にご好評いただいドラマリーディング「この土手ゆるがじ ―命を賭して為すべきことがある―」を再演します。
人はいかに生き、何を遺すか。郷土に伝わる物語を紐解けば、見馴れた風景の向こう側に新しい故郷が見えてくる。

この土手、ゆるがじ_01

脚本
夏井 芳徳(いわき地域学会 副代表幹事)
作・演出
小林 基(NPO法人Wunder ground、演劇結社 スナフ缶)
キャスト
酒井 悠太(劇団ギャング団、NPO法人Wunder ground)
阿部 嘉明(演劇集団黒ヒゲキャラバン)
新田 誠(演劇集団黒ヒゲキャラバン)
蛭田 智道(劇団いわき小劇場)

日時:平成30年3月11日(日)1st 13:00~/2nd 17:00~
(受付:各開場30分前、上演時間 約70分)
会場:アートスペースもりたか屋(いわき市平三町目34 2F)
   駐車場はございません。お車でご来場の際は、近隣の有料駐車場をご利用ください

入場料:無料(未就学児入場不可)
下記申込み窓口まで、「氏名」「年齢」「住所」「電話番号」「E-mail」をお伝えください。氏名や連絡先等の個人情報は、本公演実施以外の目的には使用いたしません

問合せ・お申し込み先
いわき市 文化スポーツ室 文化振興課
 〒970-8686 いわき市平字梅本21
TEL:0246-22-7544 FAX:0246-22-7552
E-mail:bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp

主催:いわき潮目文化共創都市づくり推進実行委員会、いわき市、特定非営利活動法人Wunder ground

あらすじ
関ヶ原の合戦の翌年、今なお燻る戦乱の気配を鎮めるべく、徳川家康は東国の要所・飯野平に強固な城作りを命じる。
その任を拝命し、十万石の大抜擢を受けるは武士の鑑と称えられた父を持つ鳥井忠政。
しかし徳川の威信を賭けたこの大工事は度重なる堀の決壊により窮地に追い込まれる。
その工事の行く末をじっと見守る飯野平の老翁、丹後。貧しき身分にやつす彼もまた、かつて地獄と例えられた東国の戦火を駆け抜けた一人の武士であった――


2/4(日)即興パフォーマンス集団6-dim+(ロクディム)が今年もいわきにやってくる!@いわきアリオス

いわき演劇の会 Presents
即興パフォーマンス集団6-dim+(ロクディム)が今年もいわきにやってくる!

即興でうまれる物語にはあなたの人生の素晴らしさが詰まっている
脚本や台本を用意せず「即興」で「芝居」をする即興芝居をおこないます。先の展開を決めず、今、ここに存在する「自分」と「相手」との「やりとり」から物語をつくっていきます。観客には「言葉・台詞」を書いてもらい、それを公演の中でつかっていきます。ロクディムも観客も先がわからずドキドキ・ワクワク。即興ならではのハプニングにお腹が痛くなるほど大爆笑も。
「小さなお子さま向けプログラム」は通常のロクディムのパフォーマンスとは違い、「即興」をベースにして参加者全員で遊びながら楽しむ場を作ります。ロクディムらしくその場で起こったことを大切にしながら親子で楽しめる時空間ができあがります。お気軽にご参加ください。

いわき演劇の会_180204ロクディムチラシFIX

即興で「芝居×コメディ」をつくる!即興パフォーマンス「この瞬間を一緒に笑おう」
日付:2018年2月4日(日)
会場:いわきアリオス本館3階 中リハーサル室(〒970-8026 福島県いわき市平字三崎1−6)
出演:即興パフォーマンス集団 6-dim+(ロクディム)

① 小さなお子さま向けプログラム
おやこあそび「じゆうにひょうげんして、ものがたりをつくろう!」
時間 10:30~11:30(開場 10:00)
会場 中リハーサル室
料金 こども 200円、おとな 300円
対象 0歳から未就学児までのお子さまとその保護者

② お客さんの書いた言葉が台詞になる!
ロクディムの公演
時間 14:30~(開場 14:00)会場 中リハーサル室
料金 全席自由/ 1,500円、高校生以下 1,000円、3歳未満無料(予約不要)
対象 年齢制限はありません

ご予約:アリオスチケットセンター(10:00-20:00 毎週火曜定休)
 Tel 0246-22-5800
いわきアリオスWEBサイト(24時間受付)
 http://iwaki-alios.jp
※ おやこあそびは電話&窓口のみの受付となります。

お問い合わせ:いわき演劇の会(島崎)
Tel 090-1938-0170

ロクディムウェブサイト
http://6dim.com/

主催:いわき演劇の会(Wunder groundもいわき演劇の会に加盟しています)
いわきを拠点に活動している劇団・芸能団体・観賞団体・企画団体、高校演劇連盟や劇場など、様々な特色を備えた15団体が所属しています。2ヵ月に1度の定例会を通じて、各団体の公演やイベントの情報を共有し、それぞれの活動に関心をもつだけでなく、必要があれば団体の垣根を越えて、お互いにサポートをしあっています。各団体は年代や背景、目的がまったく異なりますが、いわきでより良い演劇を、より多くの人に届けたいという共通の想いのもと、活動を続けています。
また、何年かごとには「いわき演劇の会」が主催・プロデュースをして、ひとつの団体だけでは実現できない大きな公演やイベントを、力を合わせて開催しています。
2013年度には、いわき演劇の会といわきアリオスが主催し、リージョナル・シアター2013「東の風が吹くとき」をつくりあげました。公募で参加者を募り、いわきアリオスでの上演だけでなく、東京の池袋演劇祭への参加も果たし、「25周年記念特別賞」を受賞しています。
2016年度には、いわき演劇の会といわきアリオスが主催し、「いわき演劇祭2016」として、3カ月の期間中に9団体による8つの公演を実施しました。


12/15浜のくらしスタイル@もりたか屋2F

【浜のくらしスタイル】
漁業の町には、沢山の暮らしを営んでいる人がいます。
浜の暮らしスタイルは、いわき市内外の港町で活躍している人たちをゲストにお招きし、そこでの取り組みや暮らし方について、お話しを聞きながら、ゆるく対話をする場です。

a

第1弾テーマ「浜の魅力の伝え方~久之浜についてみんなで考えよう」
今回は地域住民を主体とした「地域協育」と「移住定住促進」を軸に、地域に根ざした様々な活動を展開している一般社団法人 まるオフィスの加藤拓馬さん、根岸えまさんをお招きしまして、ご自身の取り組みについてお話しいただきます。
お浸りは震災後、ボランティアに訪れたことがきっかけとなり、人口7000人の漁村、唐桑町(宮城県気仙沼市)に移住されました。漁業の町の魅力や、その魅力を活かした事業のつくりかた、地域に移住することについての不安など…今回は、「地方」や「移住」の気になるあんなことやこんなことまで、お聞きしてみましょう。

日時  2017年12月15日(金)18:30-20:30
会場  もりたか屋2F(いわき市平三町目34)
参加費 無料
講師
・ 加藤拓馬さん(一般社団法人まるオフィス代表理事/宮城県気仙沼市唐桑町)
・ 根岸えまさん(一般社団法人まるオフィスローカルマネージャー/宮城県気仙沼市唐桑町)

「じもとまるまるゼミ」とは
気仙沼の地元の漁師さんはじめ、いろんな大人が先生になって、地元の中高生が地元のくらしや仕事を半日間体験できる地域塾を開催しています。(http://maru-zemi.com)
気仙沼市移住・定住センター「MINATO」も運営しています
仕事やサークルなどのくらし情報発信、移住経験者による相談窓口、地域のサポーター人材の紹介、空き家バンクと連携した物件情報、地域暮らし体験、お試し移住プログラム、移住者やサポーターの交流会開催…など、気仙沼にくらす人・あつまる人・応援する人、それぞれの想いに寄り添う、くらしの総合窓口としての運営を行っています(http://www.minato-kesennuma.com/)

申込方法 必要事項(氏名・ふりがな・郵便番号・住所・電話番号・E-mailアドレス)をご記入頂き、E-mailかお電話でのいずれかにより、お申込みください。
E-mailでのお申込みの際は、件名に「浜のくらしスタイル申込」を記載のうえ、本文に上記必要事項をご記載ください。

【お問合せ・お申し込み先】
特定非営利活動法人Wunderground
いわき市平字白銀町2-10 TATAKIAGE BASE201
TEL:090-5849-5347(担当:榊)
E-mail:info@wangura.net

主催  特定非営利活動法人Wunder ground

本事業は平成29年度ふるさと・きずな維持再生支援事業の採択を受け実施しております。


1/24- いわきの戊辰戦争の裏側に迫る ~新政府軍の平潟上陸と九面の戦い~@いわき市生涯学習プラザ

平成30(2018)年は戊辰戦争から150年、大きな節目の年に当たります。いわきの地でも、慶応4(明治元、1868)年6月から7月にかけ、勿来や小名浜、常磐、内郷、平、四倉などで、奥羽越列藩同盟軍と新政府軍との戦いが繰り広げられました。今回の3回連続の講座では、
いわきの地での戊辰戦争の始まりとなった新政府軍の平潟上陸と、平潟の奪回を目指した奥羽越列藩同盟が新政府軍と激しく戦った九面の戦いを取り上げ、詳しく解説します。

24209911_1557127764373188_1271286518_o

(1)日時 平成30年1月24日(水)、2月7日(水)、2月21日(水)(全3回)

(2)時間 18:30-20:00

(3)会場 いわき市生涯学習プラザ(〒970-8026 いわき市平字一町目1 ティーワンビル)

(4)講師 夏井芳徳(いわき地域学会副代表幹事 いわき明星大学客員教授)
講師プロフィール:1959年 いわき市平生まれ。2014年『石熊村キツネ裁判-「三川タイムス」取材ノート』で第67 回福島県文学賞(小説・ドラマ部門)正賞受賞。

(5)講座の日程と内容
①平成30年1月24日(水)18:30~20:00「新政府軍の平潟上陸作戦の裏側に迫る」
仙台藩が警固をしていた平潟港に、慶応4(明治元、1868)年6月16日の午前10時頃、新政府軍の軍艦3艘が姿を見せました。そして、新政府軍は意表をつく上陸作戦に打って出ました。さて、その作戦とは、どのようなものだったのでしょうか?

②平成30年2月7日(水)18:30~20:00「平潟上陸作戦成功の裏側に迫る。~平潟と川越藩、そして、仙台藩~」
新政府軍の平潟上陸作戦は、ものの見事に成功しました。その成功は偶然の産物だったのでしょうか? いいえ、それは違います。平潟での上陸作戦を成功に導いたものは一体、何だったのでしょうか? その正体に迫ってみたいと思います。

③平成30年2月21日(水)18:30~20:00「九面の戦いで、奥羽越列藩同盟軍が敗れた原因に迫る」
新政府軍のものとなってしまった平潟を奪い返すため、奥羽越列藩同盟軍は行動を起こしました。湯長谷城で会議を開き、作戦を練り、勿来の九面で戦いましたが、敗れてしまいます。奥羽越列藩同盟軍は、なぜ敗れたのでしょうか? 記録を読み解き、敗戦の原因を探ります。

(6)定員 80名 ※定員となり次第、募集を終了致します

(7)参加費 無料

(8)主催 NPO法人Wunder ground

(9)共催 いわき市

(11)申し込み方法
チラシに記載の受講申込書に必要事項(氏名・ふりがな・TEL・Fax・E-mail・住所)をご記入頂き、ファックス(0246-22-7552)か電子メール(bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp)のいずれかによりお申し込みください。募集期間 平成29年11月30日(木~平成30年1月22日(月)
お申込みいただいたお名前、連絡先等の個人情報は、本講座実施以外の目的には使用いたしません。

(12)お問合せ先
いわき市 文化スポーツ室 文化振興課
〒970-8686 いわき市平字梅本21
TEL:0246-22-7546 FAX:0246-22-7552
E-mail:bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp