12/18マナビバ。フォーラム「なぜ、文化に政策が必要なのか?」@いわき産業創造館 企画展示ホール

福島藝術計画×Art Support Tohoku-Tokyo2016
マナビバ。フォーラム ~なぜ、文化に政策が必要なのか?~

文化政策は、地域の未来を考えるうえで、どのような意義をもつのでしょうか。震災からの復興や「文化のまちづくり」にとって、どのような取り組みが必要となり、その担い手としての行政や市民は、どのような役割を果たすことが必要となるのでしょうか。文化政策の理念と、全国各地で展開される先駆的な実践例の両面から考えます。この機会に多くの方々のご参加をお待ちしております。

文化政策から、地域の未来をつくる
「マナビバ。」は、震災がもたらした地域の課題について、その解決策を、文化・芸術・アートの視点から可能性を探り、これからの福島について、考え・学び・話し合う場です。
http://f-geijyutsukeikaku.info/

1218%e7%a2%ba%e5%ae%9a%e3%83%9e%e3%83%8a%e3%83%93%e3%83%90%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%a0_01

○日時
平成28年12月18日(日)(13:00~16:00)

○会場
いわき産業創造館 企画展示ホール(福島県いわき市平字田町120 LATOV6F)

○定員
70名(事前申し込み優先、当日受付あり)

○参加費
無料

○スケジュール
12:30 開場
13:00 開会/いわき市長 挨拶
13:05 基調講演
小林 真理 氏(東京大学大学院人文社会系研究科 文化資源学研究専攻 教授)
13:45 事例発表
 宮道 成彦 氏(神戸市 市民参画推進局 文化交流部 文化創生都市づくり担当部長)
     佐藤 栄介 氏(大分市 商工労働観光部 商工労政課 アートを活かしたまちづくり担当)
14:45 休憩(10分)
14:55 パネルディスカッション
小林 真理 氏 × 宮道 成彦 氏 × 佐藤 栄介 氏 × 大石 時雄 氏
モデレータ 森 司
16:00 閉会

1218%e7%a2%ba%e5%ae%9a%e3%83%9e%e3%83%8a%e3%83%93%e3%83%90%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%a0_02

○ゲスト
小林 真理
東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究専攻 教授
早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程満期退学。博士(人間科学)。
早稲田大学、昭和音楽大学で助手を務めた後、静岡文化芸術大学講師。2004年に東京大学に赴任。助教授・准教授を経て、現職。
文化資源の保存・公開・活用するにあたっての、文化行政および文化政策の制度、また地方自治体において具体的にどのように文化行政を推進していくかを研究している。地方自治体の文化振興計画の立案、策定、運用等のアドバイスを行っている。
著書に、『文化政策学?法・経済・マネジメント』(有斐閣)、『アーツマネジメント概論』(水曜社)、『指定管理者制度?文化的公共性を担うのは誰か』(時事通信社)、『公共劇場の10年』(美学出版)、『行政改革と文化創造のイニシアティブ』(美学出版)等。

宮道 成彦
神戸市 市民参画推進局 文化交流部 文化創生都市づくり担当部長
1984(昭和59)年に神戸市職員となり、交通局、民生局(現・保健福祉局)、区役所等を経て1994(平成6)年度から神戸市民文化振興財団に出向。震災後には、各種慰問事業の受入調整や市内で開催されるアートイベントを巡るスタンプラリーのための媒体「アートウォーク」も立ち上げた。1999(平成11)年より震災復興本部総括局の復興記念プロジェクトのメンバーに。
「1.17希望の灯り」を市民ランナーの手で全国に返す事業や、新長田エリアでのスティールドラムバンド「ファンタスティックス」結成などを手がける。その後、生活文化観光局、医療産業都市推進本部を経て2014(平成26)年より市民参画推進局文化交流部文化交流担当課長として、病院へのアウトリーチ事業を始めとし文化振興事業に取り組む。2016(平成28)年より現職。
著書に「神戸の海は宝箱~大阪湾に暮らす生き物たち」(2008年 神戸新聞総合出版センター刊)

佐藤 栄介
大分市 商工労働観光部 商工労政課 アートを活かしたまちづくり担当
1975年 大分県臼杵市出身。1998年 山口大学工学部応用科学工学科卒業。2000年 大分市役所入庁。2013年度より商工労政課にて、アートを活かしたまちづくり事業を担当。
2015年度に大分市の中心市街地のトイレを舞台に開催された芸術祭「おおいたトイレンナーレ」の実行委員会事務局を務める。16組の芸術家により16箇所のトイレがアート作品に変身した「トイレンナーレ」とは、誰にとっても欠かせない「トイレ」と3年毎のアートフェスティバルを意味するイタリア語「トリエンナーレ」を組み合わせた造語(商標登録第5622407 号)
URL:www.toilennale.jp

大石 時雄
いわき芸術文化交流館アリオス 支配人
1959年 福岡県生まれ。大阪芸術大学舞台芸術学科演技・演出専攻卒。広告代理店を経て伊丹・アイホールの設立に参加。
パナソニック・グローブ座(現 東京グローブ座)制作担当の後、世田谷パブリックシアター、可児市文化創造センター、いわき芸術文化交流館(いわきアリオス)の創立に参加。2008年のオープンから同館副館長・支配人。

○モデレータ
森 司
アーツカウンシル東京 事業推進室 事業調整課長
1960年 愛知県生まれ。公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京事業推進室事業調整課長。東京アートポイント計画の立ち上げから関わり、ディレクターとしてNPO等と協働したアートプロジェクトの企画運営、人材育成プログラムを手がける。
2011年7月より「Art Support Tohoku-Tokyo(東京都による芸術文化を活用した被災地支援事業)」のディレクター、2015年より リーディングプロジェクトディレクターも務める。

○お問合せ・お申込み先
いわき市 文化スポーツ室 文化振興課
〒970-8686 いわき市平字梅本21
TEL:0246-22-7544 FAX:0246-22-7552
E-mail:bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp

福島藝術計画×Art Support Tohoku-Tokyo 事務局(担当:会田)
E-mail:tas.fukushima@gmail.com
WEB:http://f-geijyutsukeikaku.info/

お申込み時に「氏名」「TEL」「FAX」「住所」「E-Mail」をお伝えください(お預かりした個人情報は、本事業のみに使用致します)。

○主催
いわき市、福島県、東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、特定非営利活動法人Wunder ground


いわき演劇祭2016 11/23(水・祝)即興パフォーマンス集団6-dim+(ロクディム)「この瞬間を一緒に笑おう」@いわきアリオス

即興でうまれる物語にはあなたの人生の素晴らしさが詰まっているーー

脚本や台本を用意せず「即興」で「芝居」をする即興芝居をおこないます。先の展開を決めず、今、ここに存在する「自分」と「相手」との「やりとり」から物語をつくっていきます。観客には「言葉・台詞」を書いてもらい、それを公演の中で使っていきます。ロクディムも観客も先がわからずドキドキワクワク。即興ならではのハプニングにお腹が痛くなるほど大爆笑も。
ワークショップでは、即興芝居(インプロ)をやる上で大切なことを、ゲーム形式になった芝居で遊びながら体験します。演技をする俳優の視点と脚本を書く作家の視点、双方の視点が入り交じる「即興芝居」のアプローチから「芝居」の新たな一面が現れるかもしれません。
見たい人、やりたい人、どちらもお気軽にご参加ください。
6-dim

いわき演劇祭2016
即興で「芝居×コメディ」をつくる! 即興パフォーマンス「この瞬間を一緒に笑おう」
日時:平成28年11月23日(水・祝)
会場:いわきアリオス 本館3階 中リハーサル室
出演:即興パフォーマンス集団6-dim+(ロクディム)【東京】
渡猛、カタヨセヒロシ、りょーちん、小田篤史、名古屋淳、LEE
ピアノ:小西真理

「6-dim+(ロクディム)」とは?
「この瞬間を一緒に笑おう」を合言葉に、日本全国で「即興芝居×コメディ」パフォーマンスをおこなう。共同主宰のカタヨセがいわき市出身であり、2011年6月・7月と平、小名浜で公演をおこなった。その後、宮城・岩手での活動がNHK総合で放送され、今も再放送されている。
セットや機材を揃えなくても上演できる即興芝居の特徴を生かし、ジャパンツアープロジェクトと称し、日本全国で公演をおこない各地の芸術祭、演劇祭に出演。2016年は劇場だけでなく演芸場での公演を企画している。
また、「即興で芝居をすること」が、創造性や自己表現、協調性などの分野で注目され、コミュニケーションを目的としたワークショップ活動を教育機関や企業向けにおこなっている。

①小さなお子様向けプログラム
おやこあそび「じゆうにひょうげんして、ものがたりをつくろう!」 
日時:2016年11月23日(水) 10:00〜11:00(開場:9:30)
対象:0歳から未就学児までのお子さまとその保護者(定員:15組)
参加費:参加費無料(要事前申込)
会場:いわきアリオス 本館3階 中リハーサル室

②いわき初WS!やりたい人 誰でも!
即興芝居ワークショップ 2016年11月23日(水) 13:30〜15:30(開場:13:00)
対象:中学生以上
参加費:一般 1,000円 高校生以下 500円
会場:いわきアリオス 本館3階 中リハーサル室

③お客さんの書いた言葉が台詞になる!
ロクディムの公演 2016年11月23日(水) 16:30〜18:00(開場:16:00)
対象:全年齢対象(年齢制限なし)
料金:全席自由/ 1,000円 高校生以下 500円
※ ②「即興芝居ワークショップ」参加者は無料
会場:いわきアリオス 本館3階 中リハーサル室

申込み方法
○プレイガイド
アリオスチケットセンター(火曜定休)0246-22-5800
※ 電話番号のおかけ間違いにご注意ください。
○WEBサイトからのご予約
チケットガイドをご覧ください。
※ 初日は電話・WEB受付のみとなりますのでお気をつけください。
※ 1階チケットカウンターでの販売は翌営業日からとなります。

ご予約・お問合せ
○アリオスチケットセンター
0246-22-5800(毎週火曜定休 10:00〜20:00)
○いわきアリオスWEBサイト
http://iwaki-alios.jp(24時間受付)

主催:いわき演劇の会 いわき芸術文化交流館アリオス
平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

いわき演劇祭のページ http://iwaki-alios.jp/event/special/theater_fes_2016.html
上記6-dim+即興パフォーマンスのページ http://iwaki-alios.jp/cd/app/?C=event&H=default&D=01841

いわき演劇祭2016その他の公演についてはこちら
http://iwaki.wangura.net/2016/08/27/827-1127%E3%81%84%E3%82%8F%E3%81%8D%E6%BC%94%E5%8A%87%E7%A5%AD2016%E9%96%8B%E5%B9%95%EF%BC%81/


11/9マナビバ。(1)トーク「文化の対象は、どこまで広がっているのか?」@いわきアリオス

「マナビバ。」は、震災がもたらした地域の課題について、その解決策を、文化・芸術・アートの視点から可能性を探り、これからの福島について、考え・学び・話し合う場です。
今年度は、地域の実情を調査するとともに、震災復興における文化政策の意義や役割を考えるためのセミナーシリーズ「マナビバ。~文化政策から、地域の未来をつくる~」を開催します。
いわき市が目指す「文化のまちづくり」とはどうあるべきか、そのために必要なことは何か。
さまざまなゲストのお話を伺いながら、参加者のみなさんと共に考えます。
この機会に多くの方々のご参加をお待ちしております。
14718640_576465212545288_5759104235357841055_n14642145_576465209211955_9137358361180617353_n

日 時:平成28年11月9日(水)、11月30日(水)、
会 場:いわき芸術文化交流館アリオス カンティーネ(福島県いわき市平字三崎1−6)
定 員:30名
参加費:無 料
(1)トーク「文化の対象は、どこまで広がっているのか?」
近年、文化政策の対象は芸術や文化の振興だけでなく、まちづくりや福祉など多様な分野へと広がってきています。
最近の動向を学び、文化政策の分野を「横断する力」を活かすために、どのような役割が必要なのかを考えます。
日 程:11月9日(水)18:30~20:30
会 場:いわき芸術文化交流館アリオス カンティーネ
定 員:30名※当日のお申し込みも受け付けます。
参加費:無 料
ゲスト:大澤 寅雄 氏(文化生態観察/ニッセイ基礎研究所)
1970年生まれ。株式会社ニッセイ基礎研究所芸術文化プロジェクト室准主任研究員、
九州大学ソーシャルアートラボ・アドバイザー、NPO法人STスポット横浜監事。
慶應義塾大学卒業後、劇場コンサルタントとして公共ホール・劇場の管理運営計画や開館準備業務に携わる。
2003年文化庁新進芸術家海外留学制度により、アメリカ・シアトル近郊で劇場運営の研修を行う。
帰国後、NPO法人STスポット横浜の理事および事務局長、東京大学文化資源学公開講座「市民社会再生」運営委員を経て現職。
共著=『これからのアートマネジメント”ソーシャル・シェア”への道』『文化からの復興 市民と震災といわきアリオスと』。
お問合せ・お申込み先
いわき市 文化スポーツ室 文化振興課
〒970-8686 いわき市平字梅本21
TEL:0246-22-7544 FAX:0246-22-7552
E-mail: bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp
福島藝術計画×Art Support Tohoku-Tokyo 事務局(担当:会田)
E-mail:tas.fukushima@gmail.com
WEB:http://f-geijyutsukeikaku.info/
主催:いわき市、いわき芸術文化交流館アリオス、福島県、
   東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、
   特定非営利活動法人Wunder ground


11/9・30マナビバ。『文化政策から、地域の未来をつくる』@いわきアリオス

「マナビバ。」は、震災がもたらした地域の課題について、その解決策を、文化・芸術・アートの視点から可能性を探り、これからの福島について、考え・学び・話し合う場です。
今年度は、地域の実情を調査するとともに、震災復興における文化政策の意義や役割を考えるためのセミナーシリーズ『文化政策から、地域の未来をつくる』を開催します。
14718640_576465212545288_5759104235357841055_n

いわき市が目指す「文化のまちづくり」とはどうあるべきか、そのために必要なことは何か。
さまざまなゲストのお話を伺いながら、参加者のみなさんと共に考えます。
この機会に多くの方々のご参加をお待ちしております。
14642145_576465209211955_9137358361180617353_n

日 時:平成28年11月9日(水)、11月30日(水)、
会 場:いわき芸術文化交流館アリオス カンティーネ(福島県いわき市平字三崎1−6)
定 員:30名
参加費:無 料
(1)トーク「文化の対象は、どこまで広がっているのか?」
日 程:11月9日(水)18:30~20:30
会 場:いわき芸術文化交流館アリオス カンティーネ
定 員:30名※当日のお申し込みも受け付けます。
参加費:無 料
ゲスト:大澤 寅雄 氏(文化生態観察/ニッセイ基礎研究所)
(2)ディスカッション「地域の多様性を大切にするためには?」
日程:2016年11月30日(水)18:30~20:30
会場:いわき芸術文化交流館アリオス カンティーネ
定員:30名※当日のお申し込みも受け付けます。
参加費:無料
ゲスト:長嶋由紀子氏(共立女子大学)×鈴木一郎太((株)大と小とレフ取締役)
お問合せ・お申込み先
いわき市 文化スポーツ室 文化振興課
〒970-8686 いわき市平字梅本21
TEL:0246-22-7544 FAX:0246-22-7552
E-mail: bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp
福島藝術計画×Art Support Tohoku-Tokyo 事務局(担当:会田)
E-mail:tas.fukushima@gmail.com
WEB:http://f-geijyutsukeikaku.info/
主催:いわき市、いわき芸術文化交流館アリオス、福島県、
   東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、
   特定非営利活動法人Wunder ground


10/10いわき演劇祭2016「劇団桃唄309 出張上演 in いわき」@La Stanza【いわき市平三町目】

※ 10/5 23:30 料金部分・お問合せ先等の表記に一部修正を行いました。

10/10いわき演劇祭2016「劇団桃唄309 出張上演 in いわき」@La Stanza【いわき市平三町目】

『 桃唄309出張上演part7 in いわき / La Stanza 』

出張上演第7弾。東京の劇団「桃唄309」とユニット「N.S.F.」の短編劇から1作品ずつ、いわきのイタリアン・バール La Stanzaにて上演。美味しい飲み物を片手に、珠玉の短編劇をゆったり味わう60分のカフェタイムはいかが?

●日時  2016年10月10日(月祝)16:00開演(開場15:30 / 終演17:00 予定)
●会場  La Stanza(福島県いわき市平三町目8-2-3F TEL/FAX 0246-35-5767)

いわき演劇祭2016

東京の「劇団桃唄309」(http://www.momouta.org)は、代表者である長谷基弘の作品を上演する劇団として設立され、以降年2,3回の本公演と、実験色の強いプロデュース公演を行っており、これまでに50回を超える公演を手掛けています。
多数のシーンを、暗転などを全く用いずにシームレスに繋げる事で、人物像や人間関係、社会状況や歴史的背景等を俯瞰してみせる手法を中心とする作風を得意としています。その手法を用い、重いテーマからエンターテイメントまで、様々なジャンルの作品を独特のタッチで作り上げる事に成功しています。

いわきでは2013年6月からイタリアン・バールLa Stanzaにて、「N.S.F.」とともに年1~2回の出張上演を行っており、今回で7回目の出張上演となります。
いわき演劇祭2016でお届けするのは、9/28~10/2のカフェ公演で好評だった演目を厳選して2つご案内。お誘い合わせのうえ、ご来場いただけたらとても嬉しいです。

「劇団桃唄309」がお送りするのは『魚の足をもむには』。
さえない夜の過ごし方。例えば殺人事件ごっこ。犯人は私。解いて。私はどうやって密室であなたを――
戯曲・演出は長谷基弘。出演は、高木充子・富山聡子・佐藤達の三名。

「N.S.F.」がお送りする演目は、シェイクスピアの『十二夜』。
あら素敵ね。なんて思っても、なかなかうまく進まないっていうのは恋にはよくある話――
シェイクスピアの戯曲を、企画・演出:伊藤馨、戯曲構成:村野玲子。出演は中嶌聡・さいとうまこと・綾田將一・小林あや・関根信一でお送りします。

そのほか、毎度おなじみとなっております劇団「桃唄309」佐藤達による紙芝居ライブ『佐藤達のかみしばい』ももちろんあります。

祝日・月曜の午後、美味しい飲み物を片手に、珠玉の短編劇をゆったり味わう60分のカフェタイムをお楽しみください。

●料金< 予約制・自由席>
1,000円、高校生以下500円
別途、ドリンク代(500円)が必要になります
※小さな会場ですので、なるべくご予約ください
※小学生以上の方からご観劇いただけます
 (但し保護者の方のご同伴に限ります)

●ご予約・お問合せ
アリオスチケットセンター
 TEL 0246-22-5800
(10:00-20:00 毎週火曜定休 )
いわきアリオスWEBサイト
 http://iwaki-alios.jp (24時間受付)

主催:いわき演劇の会 いわき芸術文化交流館アリオス
平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

いわき演劇祭のページ http://iwaki-alios.jp/event/special/theater_fes_2016.html
上記出張上演のページ http://iwaki-alios.jp/cd/app/?C=event&H=default&D=01843

いわき演劇祭2016その他の公演についてはこちら
http://iwaki.wangura.net/2016/08/27/827-1127%E3%81%84%E3%82%8F%E3%81%8D%E6%BC%94%E5%8A%87%E7%A5%AD2016%E9%96%8B%E5%B9%95%EF%BC%81/