8/27-11/27いわき演劇祭2016開幕!

本日 2016年8月27日(土)から11月27日(日)までの3ヶ月間、「いわき演劇祭2016」が始まります!

いわきで活動する劇団・鑑賞団体・企画集団が集う「いわき演劇の会」と、いわき芸術文化交流館アリオス、チームスマイル・いわきPITが力を合わせて、いわきオリジナルの演劇祭を開催します。
いわきの魅力を詰め込んだ演劇祭!いわきで活動する劇団と、いわきに縁の深い劇団が集結し、今、ここでしか生み出せない演劇をお届けします。

日時:2016年8月27日(土)〜2016年11月27日(日)
会場:いわきアリオス 中劇場・小劇場・中リハーサル室、チームスマイル・いわきPIT、La Stanza
料金:全席自由/各公演1,000円 高校生以下500円(一部、入場料が異なる公演あり)
いわき演劇の会 加盟団体(2016年):ほろすけの会、劇団いわき小劇場、劇団いわき青春座、いわき芸能倶楽部、いわき演劇鑑賞会、いわきおやこ劇場、演劇集団黒ヒゲキャラバン、劇団メリーベル、劇団ラッシュカンパニー、演劇集団嘘憑堂、NPO法人 Wunder ground、ITPいわき演劇プロジェクト、制作群猫が帰ってこない。、いわき地区高校演劇連盟、チームスマイル・いわきPIT

チケット購入の仕方や詳細はいわきアリオスのWebサイトをチェックしてくださいね。 ⇒ http://iwaki-alios.jp/event/special/theater_fes_2016.html
FB https://www.facebook.com/iwaki.engekisai.2016/

いわきを拠点に活動している劇団・芸能団体・観賞団体・企画団体、高校演劇連盟や劇場など、様々な特色を備えた15団体が所属する「いわき演劇の会」。2ヵ月に1度の定例会を通じて、各団体の公演やイベントの情報を共有し、それぞれの活動に関心をもつだけでなく、必要があれば団体の垣根を越えて、お互いにサポートをしあっています。各団体は年代や背景、目的がまったく異なりますが、いわきでより良い演劇を、より多くの人に届けたいという共通の想いのもと、活動を続けています。
また、何年かごとには「いわき演劇の会」が主催・プロデュースをして、ひとつの団体だけでは実現できない大きな公演やイベントを、力を合わせて開催しています。2013年度には、いわき演劇の会といわきアリオスが主催し、リージョナル・シアター2013「東の風が吹くとき」をつくりあげました。公募で参加者を募り、いわきアリオスでの上演だけでなく、東京の池袋演劇祭への参加も果たし、「25周年記念特別賞」を受賞しています。
今回もいわき演劇の会といわきアリオスが主催し、「いわき演劇祭2016」を開催します。3ヵ月の期間中に、9団体による8公演と2つの関連企画を実施。市外からもいわきと縁の深い劇団が多数参加し、これまでにない規模の演劇祭となります。また、いわきアリオスだけでなく、昨年の7月にオープンしたチームスマイル・いわきPITや、イタリアンバール La Stanzaも会場にして、夏から秋にかけて盛大に演劇を盛り上げていきます。
市制施行50周年を迎えるいわき市。その長い歴史と共に歩んできたいわきの演劇。この機会に、いわきに根付いた演劇をまとめてお楽しみください!

いわき演劇祭2016

【公演団体・日程】
8月27日(土)・28日(日)
団体名:I・T・Pいわき演劇プロジェクト
演目:まほろば
会場:チームスマイル・いわきPIT
出演:吉田浩美、三浦多貴子、鯨岡智子、永井文子、鈴木アサ子、萱沼春菜

9月18日(日)
団体名:演劇集団黒ヒゲキャラバン
演目:バンク・バン・レッスン
会場:チームスマイル・いわきPIT
出演:阿部嘉明、小林幸代、吉原ちとせ、新田誠、箱田博之、松川美左、関根一紀、小野なつみ

9月24日(土)
団体名:いわき芸能倶楽部
演目:いわき芸能倶楽部第17回フェスティバル
会場:チームスマイル・いわきPIT
※小学生以下無料、年齢制限なし
出演:古川亭唐変木、常磐亭ハワイ、飛家かる平、小沢洋、アーリオ・オーリオ、カチート・ミケロ、火の車太郎、けん玉エイト、モリモリ、悠雲、ノン・ピー、サイ、縁美寛、アントニオ杉岡

10月10日(祝)
団体名:劇団桃唄309
演目:劇団桃唄309出張上演inいわき
会場:La Stanza
出演:桃唄309

10月22日(土)・23日(日)
団体名:シア・トリエ(福島市)
演目:US~アス~
会場:いわきアリオス 本館4階 小劇場
出演:佐藤隆太、鳥居裕美、都甲マリ子 ほか

日時:11月3日(木・祝)
団体名:いわきおやこ劇場
演目:アラビアンナイト~魔法のランプと明日のヒカリ~
会場:いわきアリオス 本館2階 中劇場
※2歳以下無料、年齢制限なし
出演:人形劇団むすび座

11月23日(水・祝)
団体名:6-dim+(ロクディム)(東京)
演目:即興で「芝居×コメディ」をつくる即興パフォーマンス「この瞬間を一緒に笑おう」
会場:いわきアリオス 本館3階 中リハーサル室
出演:渡猛、カタヨセヒロシ、りょーちん、小田篤史、名古屋淳、LEE
ピアノ:小西真理

11月26日(土)・27日(日)
団体名:劇団いわき小劇場、劇団いわき青春座
演目:平成版ちゃぶ台の詩
会場:いわきアリオス 本館2階 中劇場
出演:出雲莉奈、橋本ひとし、出雲三和 / 田波あき子(Wキャスト)、竹田祥子、本木崇太、坂本沙織 / 鈴木風美花(Wキャスト)、蛭田智道、水品修、佐藤辰哉、志賀佳保理

主催:いわき芸術文化交流館アリオス助成
平成28年度劇場・音楽堂等活性化事業

【いわき演劇祭2016関連企画】
11月5日(土)
団体名:ジョンソン&ジャクソン(東京)
演目:夜にて
会場:チームスマイル・いわきPIT
料金:前売り4,800円 高校生以下(YFCJチケット)1,000円
※未就学児入場不可
主催:YELL FOR CHILDREN JAPAN
共催:チームスマイル・いわきPIT

11月6日(日)
団体名:SENDAI座☆プロジェクト2016(仙台市)
演目:エルドラド ホテル アメリカーナ
会場:いわきアリオス 本館4階 小劇場
料金:3,000円(当日3,500円)、24歳以下 2,000円、高校生以下 1,000円、シニア(60歳以上)2,500円(当日3,000円)
主催:いわき藝術文化交流館アリオス、SENDAI座☆プロジェクト


8/11 第3回 浜の夏祭り~久之浜・大久地区 盆踊り及び花火大会~

今年も久之浜で花火が見られるよ(^o^)!!!!!

第3回 浜の夏祭り~久之浜・大久地区 盆踊り及び花火大会~

「ただいま」と「おかえり」が、ふるさとの夜空に響きわたる

東日本大震災および福島第一原子力発電所の事故により被害を受けたいわき市久之浜・大久地区では、早期の復旧のため防潮堤や緑地帯の整備は進んでいますが、避難によりバラバラになった住民のコミュニティの再生など、真の復興はこれからです。
いわきの北のはずれに位置するこの地区では、双葉郡から避難してきた方、新たに整備された災害公営住宅で5年ぶりに故郷での生活を再開した方、いまだ避難を余儀なくされている方、そして震災後もふるさとで暮らしてきた地域住民など、様々な境遇の方が関わって、コミュニティの再構築を目指しています。本大会におきましては、久之浜漁港において、盆踊り及び花火大会を開催する事で、地域の伝統文化(盆踊り)を次世代に継承するとともに、交流の場を提供し、すべての人たちが思いを同じく、新たなコミュニティを形成しながら、復興に進んでいくためのきっかけとなることを期待するものであります。

13669331_1070664216352881_6088251903814701281_o

◇日 時 平成28年8月11日(木) (13:00~20:00) 

◇場 所 久之浜漁港(福島県いわき市久之浜町久之浜字館ノ山)
・地元の露店 (13:00~20:00)
・鎮魂を込めた花火の打上(19:00~19:05)
・盆踊り   (19:05~19:45)
・花火大会 (19:45~20:30)
・ステージイベント (15:00~18:00)

◇主 催  久之浜・大久地区 浜の夏祭り 実行委員会
      一般社団法人LIGHT UP NIPPON

◇共 催  特定非営利活動法人Wunder ground
◇後 援  いわき市 

◇問い合わせ先
久之浜・大久地区 浜の夏祭り 実行委員会
〒979-0333 いわき市久之浜町久之浜字北町39(浜Café内)
TEL:090-9537-5551(代表:吉田)
E-mail:hamanonatsumatsuri@gmail.com


7/10 15:00-カタヨセヒロシwithいわき演劇祭”「いわき演劇祭2016」出演者による爆笑インプロショー!”@平中央公園(いわきアリオス)

本日、7月10日(日)のパークフェスで、演劇祭の関連イベントが開催されます。
その名も“「いわき演劇祭2016」出演者による爆笑インプロショー!”

パークフェスとはアリオスの前にある平中央公園で、月に1度開催しているイベントです。
飲食ブースに雑貨ブース、アート&クラフトショップ、ライブやダンスのパフォーマンスなどを楽しむことができます。
入場は無料で、毎月多くのお客さまにご来場いただいている、大人気イベントです。
パークフェスFB https://ja-jp.facebook.com/parkfes/

この度、演劇祭をもっと多くの方に知ってもらい、盛り上げていくため、「いわき演劇祭2016」広報チームでアイディアを出し合い、本日のパークフェスに出演することになりました!

7月パークフェススケジュール

カタヨセヒロシwithいわき演劇祭
「いわき演劇祭2016」出演者による爆笑インプロショー!

今年のいわきは演劇がアツい!なぜなら「いわき演劇祭2016」があるから!8/27(土)~11/27(日)の期間中に、市内外から劇団が集い、9団体による8公演と、2つの関連公演を楽しめる演劇祭です。
もっと演劇祭の魅力を多くの方に知ってもらうため、インプロショーやります!インプロとは即興芝居のこと。その場にいるお客さまからお題やセリフをもらって、即興でお芝居をつくります。うまくいくかはやってみなけりゃわからない。
空前絶後の大すべりか、抱腹絶倒の名作が生まれるか。乞うご期待!
ただし、インプロショーはお客さまがいないと成立しません!
このイベントを成功させるため、皆さまの力をお貸しください。

日時…7月10日(日)15:00-(30分程度)
※ 前の団体の進行によって、出演時間が前後する可能性があります。お時間には余裕をもってお越しいただけますと幸いです。
場所…平中央公園(いわきアリオス前)
料金…無料
出演予定…カタヨセヒロシ(即興パフォーマンス集団6-dim
+)、阿部嘉明、小林幸代、吉原ちとせ(以上、演劇集団黒ヒゲキャラバン)、松本恵美子、渡邉里美(以上、劇団いわき小劇場)、出雲莉奈(劇団いわき青春座)、萱沼春菜、鯨岡智子(以上、ITPいわき演劇プロジェクト)、大信ペリカン、佐藤隆太(以上、シア・トリエ)

友達や家族と一緒に、もちろん1人でも、散歩がてらパークフェスを楽しんでいただき、帰りにインプロショーを観る。
そんな日曜日の午後はいかがでしょうか?

また、8/27(土)~11/27(日)の期間中に行われる「いわき演劇祭2016」(市内外から劇団が集い、9団体による8公演と、2つの関連公演を楽しめる演劇祭)にて、カタヨセさんが所属する6-dim+ のワークショップと公演があります。

即興でうまれる物語にはあなたの人生の素晴らしさが詰まっているー
“即興で「芝居×コメディ」をつくる!即興パフォーマンス「この瞬間を一緒に笑おう」”

脚本や台本を用意せず「即興」で「芝居」をする即興芝居をおこないます。先の展開を決めず、今、ここに存在する「自分」と「相手」との「やりとり」から物語をつくっていきます。観客には「言葉・台詞」を書いてもらい、それを公演の中で使っていきます。ロクディムも観客も先がわからずドキドキワクワク。即興ならではのハプニングにお腹が痛くなるほど大爆笑も。
ワークショップでは、即興芝居(インプロ)をやる上で大切なことを、ゲーム形式になった芝居で遊びながら体験します。演技をする俳優の視点と脚本を書く作家の視点、双方の視点が入り交じる「即興芝居」のアプローチから「芝居」の新たな一面が現れるかもしれません。
見たい人、やりたい人、どちらもお気軽にご参加ください。

即興パフォーマンス集団6-dim+(ロクディム)【東京】
出演…渡猛、カタヨセヒロシ、りょーちん、小田篤史、名古屋淳、LEE
ピアノ:小西真理”
会場…いわき芸術文化交流館アリオス 中リハーサル室
日程
11月23日(水・祝)
①おやこあそび「じゆうにひょうげんして、ものがたりをつくろう!」
時間…10:00~11:00(9:30受付開始)
料金…無料(要事前申込)
対象…0歳から未就学児までのお子さまとその保護者
定員…15組
②即興芝居ワークショップ
時間…13:30~15:30(13:00受付開始)
料金…1,000円 高校生以下500円
対象…中学生以上
③ロクディムの公演
時間…16:30~18:00(16:00開場)
料金…全席自由 1,000円 高校生以下:500円
    ※「即興芝居ワークショップ」参加者は無料
対象…全年齢”

即興パフォーマンス集団6-dim+(ロクディム)【東京】
WebSite http://6dim.com/
「この瞬間を一緒に笑おう」を合言葉に、日本全国で「即興芝居×コメディ」パフォーマンスをおこなう。共同主宰のカタヨセがいわき市出身であり、2011年6月・7月と平、小名浜で公演をおこなった。その後、宮城・岩手での活動がNHK総合で放送され、今も再放送されている。
セットや機材を揃えなくても上演できる即興芝居の特徴を生かし、ジャパンツアープロジェクトと称し、日本全国で公演をおこない各地の芸術祭、演劇祭に出演。2016年は劇場だけでなく演芸場での公演を企画している。
また、「即興で芝居をすること」が、創造性や自己表現、協調性などの分野で注目され、コミュニケーションを目的としたワークショップ活動を教育機関や企業向けにおこなっている。


7/8・9はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト 2016 福島祝いの膳プロジェクト「いわきフォーラム」

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト 2016
福島祝いの膳プロジェクト「いわきフォーラム」

祝いの膳いわきフォーラムチラシ_01
今回は、はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトが開催する”祝いの膳プロジェクト”について紹介します。
福島祝いの膳プロジェクトは、はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトの一環として、2014 年・2015 年・2016年と福島県内各地で福島の食材・食文化のリサーチを続けてきました。いわき市では伝統食・水産業をリサーチし、いわき市の食の現状にも触れてきました。
いわきを中心としたこれまでのリサーチ結果に成果を加え、いわき地域の食文化の多様性、海の恵みについて知り、福島の食文化再興に向けて意見を交わすためのフォーラムを開催します。

講師には、中山晴奈さん(フードアーティスト)、有賀行秀さん(北関東空調工業株式会社代表取締役)、四家久央さん(四家酒造代表)、阿部峻久さん(公益財団法人いわき産学官ネットワーク協会)、小松理虔さん(いわき海洋調べ隊「うみラボ」事務局)、田附勝さん(写真家)の 6 名を迎えます。

7 月 8 日(金)は車座トーク「いわき食べものがたり」、9 日(土)はクロストーク「潮目の血」と、2 日間にわたってトークを行い、食と海に関する幅広い知見を共有する機会とします。 食から見えるいわき、福島。ぜひご参加ください。

祝いの膳いわきフォーラムチラシ_02
いわきフォーラム
1 日目 車座トーク「いわき食べものがたり」
平成 28 年 7 月 8 日(金) 17:00~19:30

いわきの伝統料理から家庭料理まで中山晴奈さんのリサーチ報告を中心に意見を交わし、今後のリサーチ先についても会場のみなさんと考えます。
クロストーク1 「いわきの食、いまむかし」
中山晴奈×有賀行秀×四家久央×阿部峻久
クロストーク2 「いわきの魚食、東北の魚食」
中山晴奈×小松理虔×田附勝
クロストーク3 「いわき食べものがたり」
中山晴奈×有賀行秀×四家久央×阿部峻久×小松理虔×田附勝

【会場】
四家酒造(〒973-8408 いわき市内郷高坂町中平 14)
※参加無料・申込不要

いわきフォーラム
2 日目 クロストーク「潮目の血」
7 月 9 日(土) 14:00~17:00

水産業を軸にいわき地域の食文化の特性、命と食のつながりについて語りあいます。
トーク1 「三陸~いわき海と食の復権」 中山晴奈
トーク2 「うみラボから分かること」 小松理虔
トーク3 「写真集『魚人』『おわり。』の世界~漁と猟~」 田附勝
クロストーク 「潮目の血」 中山晴奈×小松理虔×田附勝

【会場】
UDOK.(〒971-8101 いわき市小名浜本町 29-2)
※参加無料・申込不要

【主催】
はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会
事務局 〒965-0807 会津若松市城東町 1-25(福島県立博物館内)
はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト詳細はこちら→ http://hamanakaaizu.jp/


子どもたちが紡ぐいのちの物語 いわき学校プロジェクト「好間土曜学校」が今年度も開校されます!

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトが実施する下記のプロジェクト。今年度もわんぐらメンバーが協力します!

いわき市立好間第一小学校の児童の皆さんを対象に、「自然の素晴らしさ」「生命の尊さ」を体感してもらうことを目的に一昨年度から始まった「好間土曜学校」が今年度も開校となります。
震災被害の大きかったいわき市で、減少してしまった生徒間の楽しい交流の機会を創出するため、学校と協力して開催してきた好間土曜学校。昨年度は4名のアーティストと1組の市民サークルを講師に迎え、計5回開催し、いわき市の自然とその自然がもたらす生命の素晴らしさを学び、創造する楽しさを体験してもらうことが出来ました。
今年度の「好間土曜学校」は美術家の中津川浩章さんを講師に迎え、子どもたちの生命の力を引き出す全3回のワークショップを7月2日から3週連続で開催いたします。

好間土曜学校 ~音に合わせて線を描き、大きな絵に描いて貼って「いのちの物語」を作ってみよう~

【開催日程】
第1回 平成28年7月2日(土) 10:00~12:00
第2回 平成28年7月9日(土) 10:00~12:00
第3回 平成28年7月16日(土) 10:00~12:00

【会場】
いわき市立好間第一小学校(〒970-1153いわき市好間町上好間馬場前28)

【対象】
いわき市立好間第一小学校の児童の皆さん

【内容】
本来子どもにとっては、絵を描くことと、音を楽しむことと、身体を動かすことは非常に近い事ですが、現代の生活環境の中で、それを忘れてしまっていることも多いようです。大きな画面に聴覚や触覚を使って線を引いたり、触って形をつくることで身体感覚の全体性を取り戻します。そこから子どもたちのいのちのエネルギーを引き出し、子どもたちが想像する「いのちの世界や物語」を作り出します。

【講師】
中津川浩章…静岡県生まれ、美術家。人間にとって「描くこと」「見ること」とは何かを問い続け、国内外で作品を発表。福祉とアート、教育とアート、障害とアートなど、社会とアートの関係性を見つめ、現代アートやアウトサイダーアートについてのレクチャーやワークショップを多数行っている。

【協力】
いわき市立好間第一小学校、NPO 法人 Wunderground

【主催】
はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会
はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト詳細はこちら→http://hamanakaaizu.jp/

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会
事務局 〒965-0807 会津若松市城東町 1-25(福島県立博物館内)