7/20-10/4いわきの「戊辰戦争」~明治新政府軍と奥羽越列藩同盟軍の戦いから149年~@LATOV

平成29年度 文化庁 文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業
いわきの「戊辰戦争」~明治新政府軍と奥羽越列藩同盟軍の戦いから149年~

チラシいわきの戊辰戦争_01

薩摩藩、長州藩、土佐藩などによる明治新政府軍と、奥羽越列藩同盟の諸藩などが戦った「戊辰戦争」。
来年は「戊辰戦争」から150年の節目を迎えます。いわきの地でも1868年6月から、「戊辰戦争」が繰り広げられました。いわきの地での「戊辰戦争」の経緯や状況を一緒に学んでみませんか?
また、そこから、これからの時代に必要な事がらを学び取ってみましょう。

【日 時】平成29年7月20日(木)~10月4日(水)(全6回) 各回18:30~20:00

【会 場】いわき産業創造館(〒970-8026 いわき市平字田町120番地LATOV6F)

【講 師】いわき地域学會 副代表幹事 夏井 芳徳 氏
講師プロフィール
1959年12月 福島県いわき市平生まれ
1983年3月 京都大学文学部国語学国文学科卒業
1999年4月 いわき明星大学人文学部現代社会学科非常勤講師
2014年11月 「石熊村キツネ裁判―『三川タイムス』取材ノート」で第67 回福島県文学賞(小説・ドラマ部門)正賞受賞
2015年4月 いわき明星大学客員教授
いわき地域学会副代表幹事、いわき総合図書館館長

【カリキュラム】
1、新政府軍の平潟上陸 ~新政府軍と仙台藩のやりとり~
日時:平成29年7月20日(木) 18:30~20:00
会場:いわき産業創造館 会議室1
概要:1868年6月16日、午前10時頃、新政府軍の軍艦3艘が平潟沖に姿を見せた。その時、平潟港を警護していたのは仙台藩だった。新政府軍はちょっと変わった上陸作戦に出た。さて、その作戦とは?

2、勿来での決戦 ~奥羽越列藩同盟軍の平潟港奪回作戦~
日時:平成29年8月2日(水) 18:30~20:00
会場:いわき産業創造館 セミナー室
概要:新政府軍に奪い取られてしまった平潟港。そこを奪い返そうと、奥羽越列藩同盟の仙台藩や磐城平藩などが勿来に兵を差し向けた。さて、そこで、どのような戦いが繰り広げられたのか?

3、新田山での決戦 ~泉館、新田山、湯長谷館での攻防~
日時:平成29年8月23日(水) 18:30~20:00
会場:いわき産業創造館 企画展示ホールA
概要:いわきの泉藩や湯長谷藩は、どのように新政府軍と向かい合ったのか? また、渡辺町の新田坂(山、峠)では激戦が繰り広げられたが、その戦いはどのようなものだったのだろうか?

4、笠間藩神谷陣屋の受難 ~中神谷から薬王寺、八茎へ~
日時:平成29年9月13日(水) 18:30~20:00
会場:いわき産業創造館 セミナー室
概要:いわき市平中神谷あった笠間藩の神谷陣屋。笠間藩は奥羽越列藩には加わらなかったので、磐城平藩などから圧力を受けた。その圧力とはどのようなものだったのか、そして、笠間藩神谷陣屋は最後、どうなったのか?

5、磐城平城での決戦(1) ~決戦前夜の状況~
日時:平成29年9月21日(木) 18:30~20:00
会場:いわき産業創造館 セミナー室
概要:泉藩、湯長谷藩を落とし、3つのルートから磐城平に迫る新政府軍。沼之内、七本松、堀坂などで奥羽越列藩同盟軍を破り、どんどん突き進む。そして、いよいよ決戦の時を迎える。

6、磐城平城での決戦(2) ~7月13日 決戦はじまる~
日時:平成29年10月4日(水) 18:30~20:00
会場:いわき産業創造館 企画展示ホールA
概要:1868年7月13日、早い時刻から、新政府軍による磐城平城への総攻撃が始まった。この戦いの中ではさまざまなドラマがあった。その一つひとつを取り上げ、一緒に学ぼう。

チラシいわきの戊辰戦争_02

【定 員】80名 ※ 定員となり次第募集を終了致します。
【参加費】無料
【主 催】NPO法人Wunder ground
【共 催】いわき市
【後 援】いわき地域學會

【お申し込み方法】
チラシに記載の受講申込書に必要事項をご記入頂き、ファックス(0246-22-7552)か電子メール(bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp)のいずれかによりお申し込みください。
【申込期限】平成29年6月30日(金) 必着

【お問い合わせ先】
いわき市 文化スポーツ室 文化振興課
〒970-8686 いわき市平字梅本21
TEL:0246-22-7546 FAX:0246-22-7552
E-mail:bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp

NPO法人Wunder ground(ワンダーグラウンド)
〒970-8026 いわき市平字白銀町2-10 TATAKIAGE BASE 201
E-mail:info@wangura.net


3/31劇団 短距離男道ミサイル いわき公演(もりたか屋)

本日夜になりますが、下記の公演がありますのでご案内します。

劇団 短距離男道ミサイル20発目
「母さん、たぶん俺ら、人間失格だわ~キャンピングカーで巡る真冬の東北二十都市挨拶周りツアー♨いいか、お前ら事故るなよ、ぜったい事故るなよ!!編~」
原作:太宰治「人間失格」
脚本・演出:澤野正樹
出演:本田椋 加藤隆 小濱昭博

結成五周年の締めくくりは、キャンピングカーで共同生活をしながら真冬の東北六県二十都市を大移動する弾丸ツアー。太宰治の「人間失格」を骨子に据えて語られる俳優たちの姿は、滑稽ながらも観る者の心を強く揺さぶる。今までの自分たちとの決別と、東北にこだわり続け新しい時代を担う決意を込めた、劇団 短距離男道ミサイル五年目にして原点回帰の自伝的構成演劇。

あらすじ:
人間、失格。
演劇はするが、就職はしない、結婚もしない、しても家族を幸せにできるはずもない、アーティスト(自称)として、ただただ暗澹たる日々を自暴自棄に生きているだけなのか。
いや、違う。芸術にはその人生を賭すだけの価値がある。
   
※クラウドファウンディング挑戦中!
https://camp-fire.jp/projects/view/14445
みなさま、応援をよろしくおねがいいたします!
   
【いわき公演】
日時:2017年3月31日(火)19:00
会場:アートスペースもりたか屋(福島県いわき市平字三町目34 )

料金:1,800円
受付・開場20分前
※『時は金なり』割り
各公演、開場から10分以内に来場されたお客さまの中から抽選で1名様に、豪華プレゼント贈呈!

スタッフ:
音響:本儀拓(キーウィ サウンドワークス)
照明:松崎太郎(アトリエ ミセイ)
映像:神崎祐輝(劇団 短距離男道ミサイル技術部)
小道具協力:高橋舞(趣味屋こめたろう.)
衣裳:富永美夏
音楽:伊藤誠人(いとまとあやこ/palitextdestroy)
キャンピングカーレンタル:ミッション・レンタルギア フライヤーデザイン:三澤一弥(劇団 短距離男道ミサイル)
イラスト:あらすけ

プレイガイド:Livepocket(オンラインチケット)
http://t.livepocket.jp/t/srm-ns 【QRコード】
※チケットレス入場でのご案内となります。

協力  大信ペリカン(シア・トリエ)
主催  劇団 短距離男道ミサイル
助成  (公財)仙台市市民文化事業団
制作  boxes Inc.

問い合わせ:
boxes Inc. 022-353-9755 info@srmissile.xyz
http://srmissile.xyz/

劇団 短距離男道ミサイルとは:
2011年「震災後の仙台、そして日本を励ましたい、これからの復興に向け、自分たちに出来ることは何かないだろうか。」という呼び掛けから産声をあげた演劇パフォーマンス集団。仙台・東北に根差した題材を大切に、ストーリー性よりもシーンの爆発力、瞬発力で勝負していく特異なスタイルにより生まれた作品群は、「テンションとエモーションにおいて世界レベル」と評され、仙台のみならず、全国的なムーブメントを巻き起こしている。メンバーは全て男で構成され、舞台上ではほぼ裸である。若手演出家コンクール2013(主催:文化庁/一般社団法人日本演出者協会)にて澤野正樹優秀賞を受賞。福岡国際コメディ演劇フェスティバル2013にて「コント部門特別賞」受賞。2015年「R.U.R外伝〜突撃!隣の晩プルトニウム〜」では5都市ツアー1,000名を達成、続く本編である「R.U.R.〜Life,only life is only naked rules〜」では仙台公演で600名を動員した。


3/29いわき文化まちづくり会議@LATOV

「いわき文化まちづくり会議」

近年、全国各地でアートプロジェクトが数多く展開され、アートがまちづくりや福祉をはじめ、高齢者や子ども、在日外国人、障がい者等に対する支援や、コミュニティの活性化、産業・観光の振興等、多様な分野へと横断的に活用される場面が増え、それらに携わる人たちの活動や生き方も幅広くなりつつあります。
本市においても、アーティストやクリエイターをはじめとする新鮮で柔軟な感性をもった多様な人々と共に「文化のまちづくり」を推進し、地域の誇りなどの社会的価値と、交流人口の増加などの経済的価値の創出を目指すております。
その取組みのスタートとして、昨年、文化政策セミナー「マナビバ」を開催し、文化政策の理念、文化の対象、文化のもつ寛容性、他都市の先駆的事例等を学んできました。
そこから、地域のNPOや各種団体と緊密に連携担える人材(文化芸術を通じて異なる分野をつなぐコーディネーター)の育成・確保と誰もが自由に参加できる「場」や「拠点」づくりの重要性について学びました。
東日本大震災以降、アーティストやクリエイターをはじめ柔軟で新鮮な感性で活動する若者たちの関心が地域に向けられ、個人・団体で様々な表現活動が展開されております。今回は、そんな市内で活動しているアーティストやクリエイター、イベント等を企画する方々に集まってもらい、それぞれの活動から、これからのいわきの魅力づくりをどう考えるか、携わる人材の確保や市民の巻き込み方等について、その糸口をさぐっていきます。

17159128_767917473389093_8622934493216703775_o

●開催日時
 平成29年3月29日(水) 18:00~20:00
 *引き続き、懇親会を開催。
●定 員 80名
 
●内 容
(1)市長懇話
テーマ「文化によるまちづくり~心の復興、そして、真の復興へ~」

(2)市内で活動するクリエイト集団の活動紹介
 ・NPO法人ワンダーグラウンド 会田 勝康さん
 ・アリオスパークフェス実行委員会 ユアサ ミズキさん
 ・未来会議 菅波香織さん、藤城光さん
 ・UDOK 小松理虔さん、
 ・小名浜本町通り芸術祭実行委員会 高木市之助さん
 ・まちなかアートフェスティバル玄玄天 吉田重信さん

(3) パネルディスカッション
テーマ「文化芸術によりまちづくりについて必要なことは何か?」
~「文化、アート、まちづくり」について話し合おう~

【パネリスト】
 ・NPO法人ワンダーグラウンド 会田 勝康さん
 ・アリオスパークフェス実行委員会 ユアサ ミズキさん
 ・未来会議 菅波 香織さん、藤城 光さん
 ・UDOK 小松 理虔さん、
 ・小名浜本町通り芸術祭実行委員会 高木 市之助さん
 ・まちなかアートフェスティバル玄玄天 吉田 重信さん
 ・いわき芸術文化交流館アリオス 長野 隆人さん
【モデレーター】
 ・福島県立博物館 専門学芸員 川延 安直 さん

●主 催 いわき市 特定非営利活動法人Wunder ground
 
●申込方法
 参加申込書に必要事項をご記入頂き、ファックスか電子メール
 のいずれかによりお申し込みください。
●お問合せ・お申し込み先
 いわき市 文化スポーツ室 文化振興課
 〒970-8686 いわき市平字梅本21
 TEL:0246-22-7544 FAX:0246-22-7552
 E-mail:bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp


3/1「人柱について考える」講座 LATOV 6F

【人柱について考える】

人の命を捧げることで、とてつもない力がはたらくといわれる「人柱」。
その力は、神や仏の力をも超えるとも考えられております。
磐城平城を築城する際も、菅波村の95歳の老人・丹後が「人柱」となったといわれおり、「丹後沢」という沢の名称は「人柱」となった丹後の願いによって名付けられたといわれています。
本講座では、3月20日に開催する朗読劇「この土手、ゆるがじ」を開催するにあたり、「人柱」について理解を深めていきます。
また、昨年度のグループワークで「全国城普請人柱番付」についても、お話し頂きます。「人柱」にまつわる話から歴史的背景を読み取り、現在と照らし合わせることで、あらたなまちづくりのヒントが見出せるかもしれません。

16763789_1267133290039305_932329749_o

日時 平成29年 3月1日(水)18:30~20:00

会場 いわき産業創造館 会議室1(いわき市平字田町120 LATOV6F)

講師 いわき地域學會 副代表幹事 夏井 芳徳 氏

定員 50名

講座の内容
(1)磐城平城の「人柱」と歴史的背景
 鳥居忠政が磐城平城を築城した際に「人柱」を立てたことについて掘り下げる。
 幕末の1864年、いわきにやって来た新島襄が書き記した磐城平城の人柱の話について考える。

(2)全国 城普請人柱番付の考察
「人柱」にまつわる話は「お城」を築城する際に多い。日本各地の築城にまつわる「人柱」について、いろいろと考えてみます。

申込方法
所定申込書に必要事項を記入の上、下記のお申込み先に、メール又はFAX、お電話のいずれかの方法にてお申込下さい。(先着順)

申込み、お問合せ先
(1)いわき市 文化スポーツ室 文化振興課
〒970-8686 いわき市平字梅本21
TEL:0246-22-7546 FAX:0246-22-7546
E-mail:bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp

(2)NPO 法人Wunder ground
E-mail:info@wangura.net
WEB:http://iwaki.wangura.net/


『特輯 福島ニュース』『躍進 石城』16mmフィルム デジタル テレシネ完成試写会 「16mmフィルムが映す昭和11年のいわき ~磐城の町を映像で見てみよう~」

『特輯 福島ニュース』『躍進 石城』16mmフィルム デジタル テレシネ完成試写会
「16mmフィルムが映す昭和11年のいわき ~磐城の町を映像で見てみよう~」

16mmフィルムが映す昭和11年のいわき_オモテ

最近、めっきり見かけることが少なくなった16mmの映画フィルム。恐らく映写機をご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
当団体では、16mmフィルム上映実行委員会と連携し「16mmフィルムが映す昭和11年のいわき」と題した上映会を開催します。後世に長く貴重資料を継承できるように、いわきフィルムアーカイブが、16mmフィルムのデジタル化を進めており、今回、その完成版として、今から約80年前…昭和11年代のいわき市内の様子が収録されたフィルムの上映会を実施します。
「ああ、懐かしい」と思われる方も、「16mmフィルムってどんなもの?」と思われる方も、ぜひご覧いただければと思います。
また、いわき市市制施行50周年記念DVDと、昭和62年に制作されたいわき市市制施行20周年記念映画も併せて上映します。
会場は日程をずらして内郷地区・平地区・四倉地区での開催。皆様のご来場をお待ちしております(各回とも事前申し込みとなります)。

16mmフィルムが映す昭和11年のいわき_ウラ

【2/26内郷地区】※ 第40回 内郷公民館まつりでの上映となります
日時…2月26日(日)13:00-15:00(受付12:30-)
場所…内郷支所3階 会議室(いわき市内郷綴町榎下46-2)
上映内容…
第1部:いわき市市制施行50周年記念DVD
     いわき市市制施行20周年記念映画(監督:戸部 健一)
 第2部:昭和11年撮影「躍進・石城(いわき全域編・炭鉱編)」
     ※ 上映内容は変更になる場合があります
解説…緑川 健(いわきフィルムアーカイブ)
聴講料…無料
定員…50名
 申し込み・問い合わせ先…
  はがき・FAX・電子メールのいずれかにより「氏名・連絡先・16mmフィルム聴講希望」と明記し、下記までお申し込みください(講座の日程の変更や中止等の連絡に使います)。
いわき市内郷支所 地域振興担当
住所:〒973-8403 いわき市内郷綴町榎下46-2
TEL:0246-26-2111(内線5711)
FAX:0246-27-5183
電子メール:uchigo-shimin@city.iwaki.fukushima.jp

【3/5平地区】
日時…3月 5日(日)14:00-16:00(受付13:30-)
場所…アートスタジオ もりたか屋(いわき市平三町目34)
上映内容…
 第1部:いわき市市制施行50周年記念DVD
     いわき市市制施行20周年記念映画(監督:戸部 健一)
 第2部:昭和11年撮影「躍進・石城(いわき全域編・炭鉱編)」
     いわき市秘蔵の昭和40年代~50年代撮影の16mmフィルム
(平七夕祭り・いわきおどり・平市民会館周辺で開催された行事)
解説…緑川 健(いわきフィルムアーカイブ)
聴講料…無料
定員…50名
 申し込み・問い合わせ先…
FAX・電子メール・電話のいずれかにより「氏名・連絡先」を明記し、下記までお申し込みください(講座の日程の変更や中止等の連絡に使います)。
 いわき市 文化スポーツ室 文化振興課
住所:〒970-8026+福島県いわき市平梅本21
電話:0246-22-7546
FAX:0246-22-7552
電子メール:bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp

【3/12四倉地区】
日時…3月12日(日)14:00-16:00(受付13:30-)
場所…四倉商工会館 2階大ホール(いわき市四倉町四丁目4-5)
上映内容…
 第1部:いわき市市制施行50周年記念DVD
     いわき市市制施行20周年記念映画(監督:戸部 健一)
 第2部:昭和11年撮影「躍進・石城(いわき全域編・炭鉱編)」
     昭和11年撮影 四倉編
解説…緑川 健(いわきフィルムアーカイブ)
聴講料…無料
定員…50名
 申し込み・問い合わせ先…
FAX・電子メール・電話のいずれかにより「氏名・連絡先」を明記し、下記までお申し込みください(講座の日程の変更や中止等の連絡に使います)。
 いわき市 文化スポーツ室 文化振興課
住所:〒970-8026+福島県いわき市平梅本21
電話:0246-22-7546
FAX:0246-22-7552
電子メール:bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp

主催…特定非営利活動法人Wunder ground、16mmフィルム上映委員会
共催…いわき市(文化振興課・内郷支所)
後援…四倉町商工会、四倉町区長会、四倉ふれあい市民会議、四倉町商店会連合会、NPO法人よつくらぶ