エンタメ劇団 回転頭 第弐回公演「荊棘の檻」

事の発端は7年前。空気が美味いだけが取り柄のような小さな町で起きた殺人事件が引き金だった。容疑者として逮捕された男は事件当時、激しい泥酔状態にあ り心神喪失状態にあったとして刑法第39条が適用され、無罪となり一般社会へと戻っていった。そして、舞台は7年後、再控訴の時効まであと一年となった現 在。七年前の裁判の時に弁護を担当した弁護士の事務所に人が訪れるところから物語は始まる――
法律の正当性、医療問題、いじめ、… 誰もが何とかしなくてはと思いながらも、それらのほとんどは構造的な問題があってどこから手をつければいいのかがわからないものばかり。ふと気がつけば、 周りには多くの決まり事に囲まれて自由に動くことすらままならない。無理を通せば、不条理という名の棘が刺さり血を流す。より複雑化していく社会の構造に 巻き込まれていく6人の男女の物語。

W;under g-roundの参加状況:音響、制作

団体名:エンタメ劇団 回転頭【えんためげきだん かいてんとう】

作品名:第弐回公演「荊棘の檻」【いばらのおり】

作・演出:(作・演出 共に)関 貴久

日 時:2007年10月7日 日曜(一日のみ)
開場14:00/17:30 開演14:30/18:00

 

場 所:いわき市 いわき好間公民館

CAST:関 貴久、大音 暢子、箱田 博之、荒貴 泰斗、浅野 利弥、穴澤 有馬
STAFF:高橋 英樹、藤波 悠、中島 直哉、島崎 圭介、五十嵐 祐季


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">