演劇集団黒ヒゲキャラバン第八回公演「地球祀」

月と、蛙と、草野心平。

いわき演劇祭2009出展作品1
演劇集団 黒ヒゲキャラバン 第八回公演「地球祀」(ちきゅうさい)

脚本・演出 小林 基

“蛙の詩人”草野心平の世界をもとに、仲間たちの結束と恋を描いたオリジナル脚本です。
随所に心平作品のオマージュが盛り込まれ、心平の詩を知る人はもちろん、知らない人でも
楽しみながらに心平世界をのぞき見ることができるかもしれません。
地元 いわき明星大学の劇団「激弾・夢のムー眠社」や、同じくいわきで活動する
「総合芸術企画・支援団 W;under g-round」ら、いわきの様々な才能を集めて贈る
黒ヒゲ公演 第8弾。精一杯の情熱と感動をお届け致します。

日時:平成21年9月6日(日) 17:30開演(17:00開場)
※ 1回のみの公演になります
場所:いわき芸術文化交流館アリオス小劇場

W;under g-roundの協力体制 : 照明、制作補助

詳細は下記 または演劇集団 黒ヒゲキャラバンHP、もしくは黒ヒゲ★ぶろぐ を、
いわき演劇祭2009に関する情報に関しては、いわき演劇の会公式blog または
いわきアリオスHP をご参照ください。

あらすじ
福島は石城郡、小川の里の更にその一部、
どうぶり沼周辺のとるに足りない点景の中に
彼らのすむ世界はあった。

手足をばたつかせ腹を膨らませ、蛇に人間に怯えながら
蛙たちは日々を面白おかしく過ごしている。

大長老ごびらっふを中心に彼らが備えるのは、
地球と月と彼らを結ぶ百年ごとの誕生祭。

鋭く恐ろしい蛇の逆歯。
屏風岩を照らす月の夜。
そして詩人の男。

それはまだ、沼の蛙たち一人一人の名前がなかった頃のお話。

ささやかな想いをのせて、百年目の祈りの夜がやってくる。

出演
草野 心平:佐々木孔明(激弾・夢のムー眠社)
ゲリゲ:石田 千尋
ぐりま:大関 俊一(激弾・夢のムー眠社)
るりる:小松 亜希奈
ごびろ:鈴木 洵一(激弾・夢のムー眠社)
くくりら:岡 千秋
カム:本田 美樹
るりだ:西山 由里香(激弾・夢のムー眠社)
ウンガ:松本 正志(激弾・夢のムー眠社)
クチナワ:伊藤 健太郎(演劇集団 嘘憑堂)

スタッフ
脚本・演出:小林 基

舞台監督:小野口 直樹

照明:門馬 秀明(W;under g-round)
小林 由幸(W;under g-round)
菜花 綾子(フリー)

音響:阿部 嘉明
神永 和子(劇団 メリーベル)

小道具:木村 友昭(木村工房)

制作:古山 絵里
島崎 圭介(W;under g-round)

協力:いわき市立草野心平記念文学館
総合芸術企画・支援団 W;under g-round

画像は練習後の打ち合わせ風景。
同じ、小林 基 氏が脚本・演出だった劇団 第三交流幻燈の時を
思い出す大所帯です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">