松井鮎子展@エリコーナ

【松井鮎子展-木を喰む 時を喰む-】

*11月29日まで、平字大町10の3、
 アートスペース・エリコーナにて。
*開場時間 午前10時半~午後6時(月曜日休館)
*問い合わせ (24)0004

彫刻家・松井鮎子さんのいわき初の個展。
松井さんは1944年、東京生まれ。東京芸術大彫刻科卒業、同大大学院修了。
20年ほど前までは、粘土などを使った塑像が主でしたが、
現在は”木の彫刻家”として活動していらっしゃいます。
木の彫刻家といっても、想像するような彫塑とはちょっと異にします。
写真はDMを接写したものですが、これはただの材木ではなく、
木の板に線を描き、電鋸でカットし、それを張り合わせ、
成形して箱にしたものという、非常に手間隙掛かった作品。

cyoukoku
これ以外にも、木片を張り合わせて作った
さまざまなオブジェが並んでいるのですが、
柔らかい線を持っているのが特徴的。
女性ならでは、なんですかね。あの柔らかさは。
よく「木の温もりを感じる」と言いますが、
そういう意味では、柔らかな線は、
本当に見る人に木の温かみを感じさせてくれるような作品です。


松井鮎子展@エリコーナ」への1件のフィードバック

  1. 増が睦朗

    松井鮎子作品をインターネットで拝見、私と同じ1944年生まれ。すごい仕事をしている人ですネ。坪庭の作品圧巻です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">