第5回オフタイムサロン~産学官連携ミニ講演会&交流会~のお知らせ

オフタイムサロン知ってます?LATOV6階のいわき産業創造館で催されている異業種交流会のこと!!毎回いろいろな講師を呼んで、その時のニーズや、みんなが興味を持っていることなどの講演を簡単にお話しした後、参加者でお酒を交えながら、交流を深めるイベントだよ。今年度5回目の講師は福島市にあるパン屋さんから、大橋社長さんをお招きし、「日本の食文化」や「農商工連携」についてお話ししてもらいます。

詳細は以下の通りです。皆さん、ぜひ来てください!今回のお話しはおもしろいです!

平成21年度 第5回 オフタイムサロン
      『これからの食文化と農商工連携について』開催のご案内

★オフタイムサロンとは?
ミニ講演会と交流会を内容とする事業を「オフタイムサロン」と題し、
興味・関心の高いテーマでの講演を題材に、自由闊達な情報交換と交流の場を
提供するものです。講演会で新たな情報を得ると共に、交流会で人脈を広げることで、
このサロンが、参加者の皆様に、ビジネスチャンスを獲得する機会となればと
願うものです。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

■日 時:平成22年2月26日(金)18:00~20:00
     (※講演会終了後交流会有り)

■場 所:いわき産業創造館 会議室1
     (いわき市平字田町120番地 LATOV6階 TEL:0246-21-7570)
      ※駐車場はLATOV内駐車場をご利用ください。   

■講演内容
○演 題:『これからの食文化と農商工連携について』

○講 師:大橋 雄二 氏 (おおはし ゆうじ)
     (銀嶺食品工業株式会社 代表取締役社長)  
    
○講演概要:
 人の生命を支えるエネルギー源が「食」であり、安心・安全な「食」を維持することが、
豊かで健全な社会の維持にも繋がる。自らが持つ病気とどの様に向き合い、「地パン」と
いうブランド開発に結びついたのか?成功の背景には日本人独特の「食文化の基本」が鍵
であった。
 開発までには、農業者等をはじめ様々な分野の方の協力が必要不可欠であり、食品メーカー
からみた農商工連携の可能性と今後の方向性について、地域産業活性化の視点も含め実際
の成功事例をまじえて解説する。

■定 員:30名程度

■参加費:無 料(ただし、交流会は参加費が1,000円必要となります。)

■主 催:社団法人いわき産学官ネットワーク協会、いわき市

■申込み方法
FAX又はメール、お電話にて「会社名」・「所属」・「職名」・「氏名」・
「住所」・「連絡先」・「交流会参加の有無」をご記入の上、下記申込み先へお申込みください。
また、申込書はこちらからダウンロードもできます。↓
http://www.iwaki-sangakukan.com/pdf/h21offtime_salon_05.pdf

■お申込み・お問合せ先
社団法人いわき産学官ネットワーク協会
〒970-8026 福島県いわき市平字田町120番地 
LATOV6階 いわき産業創造館内
TEL:0246-21-7570 FAX:0246-21-7571
E-mail:iwaki-sangakukan@bz01.plala.or.jp

※詳細はこちらをご覧ください。↓
http://www.iwaki-sangakukan.com/mini/mini.html#h21offtime_salon_05


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">