じゃんがらでギネス申請

新盆を迎えた家を供養して回るいわきの郷土芸能「じゃんがら念仏踊り」。いわき市の無形民俗文化財に指定されており、いわきでは有名だが、市外では銘菓としての方が知名度が高い。

そんな夏の風物詩を元にギネス記録を作ろうとした男がいることが判明した。

Sさん(仮名)は、正月からの7日間、“ずっとじゃんがらを踊り続け”たことでギネス申請を狙っている。しかし、周囲からは「彼は寝正月なタイプなので7日間踊り続けるなんて考えられない」といった驚きの意見のほか、「じゃんがらは盆の3日間だ」「エイサーの方が良い、いやむしろヨサコイなら」といった意味不明な発言もある。実際は、中断して途中で煙草を吸いに行っていたことなどが見物人から指摘されており、どう転んでもギネス登録は難しいとされているが、当の本人は“馬の耳に念仏”であった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">