5年間のサバイバル生活

捜索願の出ていた市内在住のSさん(仮名)が、この度中央台で保護された。

保護された際、Sさんは5年前に犬(パンサ・牡 5才)の散歩に出て行った当時の服装のままだったという。

Sさんは「いわき公園で犬の散歩中、道に迷ってしまった。いつの間にか道がわからなくなり、結果として5年もサバイバル生活をしていた」と疲れた表情で語った。

いわき公園は総面積71.3haの広大な公園で、園内には遊びのゾーン、メインエントランスゾーン、文化施設ゾーン、スポーツゾーン、林間アドベンチャーゾーン、ピクニックゾーン、アミューズメントゾーンと7つのステージに分かれた構成となっており、Sさんは林間アドベンチャーゾーンで迷子になってしまったと思われる。次いでSさんは「巨大な敵だと思ったらディスカウントストアだった」と語ったことから、一度公園を出たことが伺える。なぜディスカウントストアを見つけたのに戻ってしまったのか、など謎が残る部分も多々あるが、生還した際、鋭い木の枝を持っていたことから、近隣住民からは“伝説の騎士”と呼ばれている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">