【演劇】福島と郡山にも進出

いわきの劇団が市外でも客演で活躍しております!
まずは、演劇集団嘘憑堂のキャストが出演している公演…

仙台公演が終了し、今週末に福島公演。
満塁鳥王一座 第20回公演
「ウルトラミニアソートファミリーパック」
【作・演出】
 大信ペリカン

【出 演】
 平林 里美/鳥居 裕美(捨組)/安原 絵美子(劇団BeWhite)/宍戸 美佳子/
 神永 真紀(演劇集団嘘憑堂)/小原 豪文(演劇集団嘘憑堂)/
 原西 忠佑
【スタッフ】
 舞台監督:七海 良郎

 舞台美術:満塁鳥王一座
 音響・映像効果:大信ペリカン
 音響オペレーター:小田島 達也
 照明:麿 由佳里
 衣装・小道具:國嶋 みなみ
 
 制作:七海 良郎 宍戸 美佳子
 
 制作協力(仙台):森 忠治(トライポッド)
 協力:SENDAI座☆プロジェクト
【日 時】
 7月24日(土) 15:00/19:00
 7月25日(日) 15:00
 ※開演45分前から整理券を発行。開場はそれぞれ開演の30分前
 ※未就学児入場不可

上演時間は約90分だそうですー。

【料 金】
 <全席自由>
 前売:2,300円/当日:2,500円/学生(前売・当日共):1,000円(当日要学生証)

【会 場】
 福島東口駅前AXC6F スタジオWGS84
 〒960-8031福島県福島市栄町11-25(旧長崎屋) / TEL:024-525-8280
 ○電車/福島駅(東口)より徒歩7分
 ※専用駐車場がありませんので、なるべく公共の交通機関をご利用になるか、有料駐車場をご利用下さい。

【ホームページ】
 劇団HP  http://www.toriking.net/
 特設ページ http://www.toriking.net/yoyaku20.html

 
もうひとつは、劇団ビスケットロボットの男性キャストが客演する郡山の公演。
劇団ユニットラビッツ 第9回公演
「ボンジュール!ラヴァーズ。」
アクションが売りで男ばかりの劇団ラヴァーズは、今後の方向性を模索していた。そんなとき女ばかりの劇団ボンジュールが、昔の団員が書き残した「スサノオ」という芝居を上演するという噂を耳にする。劇団ラヴァーズは劇団ボンジュールの上演を妨害しようと画策する。なぜなら「スサノオ」は、彼らにとっても特別な意味を持つ芝居であったのだ。
【作・演出】
 佐藤茂紀

【出演者】
 マサユキ/アキラ  金成 暁
 メイコ      鈴木 紀子
 ダイスケ    鈴木 祐介
 オカン     佐久間 恭子
 タカシ     中島 直哉
 サユリ     瀬谷 智子
 タシロ     芳賀 恵太
 アキコ     竹内 亜由美
 イサム     佐藤 開正
 サルタ     佐々木 雅彦
 オオバ     船城 喜美子
 オザキ     須崎 真吉(スタントチームBONDS)
 ラジオDJ      越條 隆史

【日 時】
 7月24日(土) 14:00~、18:30~
 ※会場は各公演30分前からとなります。

 【会 場】
 郡山市公会堂

【料 金】
 前売 1,000円
  当日 1,200円
  高校生以下 500円
 小学生以下 無料
 リピーター割引  一般 500円、学生 300円

【ホームページ】
 http://www.unitrabbits.com/

 

土日は福島の中をぐるぐるしてください!


【演劇】福島と郡山にも進出」への1件のフィードバック

  1. 湯浅慎治

      富山県の湯浅と申します。甚大な被害に心よりお見舞い申し上げます。
     佐々木雅彦先生はお元気でしょうか?心配しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">