勿来の関で弦楽四重奏…そして流しそうめん

昨日の高蔵寺に続き、今日(29日)、アリオスと共催のイベント“ヴィルタスクァルテット(弦楽四重奏)コンサート”が開催されます。…ハイドンとかベートーベン、ラヴェルを演奏。

勿来の関 吹風殿
入場料500円
同時開催 食の彩典(こちらは入場無料)

勿来の関にある寝殿造りの施設「吹風殿」で(関係スタッフ曰く良い意味で「大笑いする出来」な)流しそうめんも行われるらしいw

時間は午前11時から《食の彩典》ブーススタート。
14時からコンサートスタートです。
(終了は16時を予定)
出店なんかも結構出る模様。
昨日の高蔵寺でのコンサートは満員でしたので、コンサート目的な方はお気をつけを[四つ葉]

もっと詳しく知りたい・興味のある方は、アリオスHPの“お出かけアリオス”のページをご覧下さいー。


勿来の関で弦楽四重奏…そして流しそうめん」への3件のフィードバック

  1. KAK

    いやー、2日間楽しんだ!
    弦楽四重奏好き、ヴィルタスSQファンにとっては最高でした。
    深くて抒情的なラヴェル、生で聴くと魅力倍増で、さらに好きになりました。
    ピチカートがお気に入り。

    吹風殿では、ラヴェルの第1楽章で、1stヴァイオリンの三上亮さんの弦が切れるハプニングも。
    空調ありのホールとは真逆の、多湿な半屋外での演奏は、楽器にもやはり負担の1つになるんでしょうね。弓をひく、弦を指で弾くという負荷がかかっているわけだし。

    それにしても、ヴィルタスの名の通り、極上な響きを堪能できた2日間でした。次回は3月、待ち遠しすぎる…。

  2. shima

    ラヴェル! 高蔵寺で第3部に演奏されていたものですよね?
    私は初めて聴きましたが、とっても良くて好きになりました(^-^)
    他の方からも同じような声があって、あぁ、やっぱりな、と。
    次は3月か、、、本当に待ち遠しいですね!

  3. KAK

    >shimaさん

    そうです、3曲目。
    今回の中では、一番好きで、物凄く期待してましたが、最高でした。

    ピチカート奏法は、前回滞在時のバルトークの弦楽四重奏第4番にもありました。楽章まるまるピチカート。あれも大好きな曲ですが、去年のドヴォルザークのアメリカやベートーベンのラズモフスキーといい、毎回毎回私が大好きな曲が聴けるのは感激です。

    あの4人だから尚更ですね。本当に凄腕で、仕事しながらうっとりしてます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">