各種情報について‏

そろそろ中・長期的 対応も視野に入れていく時期になってきました。
Wunder groundスタッフからの情報を転送します。
きびしい内容に映る方もいらっしゃるかと思いますが、キホンは「放射性物質をふき取る」
です。しかもいたってカンタンなこと。長丁場になるかもしれません。今のうちから
上手につきあっていきましょう!
> 東京でも、いわきに比べたら全く問題ない状態なのに、ヒステリックな状態が続いています。
> 東京から西へ逃げる人もどんどん増えているようです。
> 海外のメディアから、かなり酷評されている政府や東電の対応ですが、現状ではこれが精一杯ということだと思います。
>
> さて、放射能についての情報ですが、テレビで報道されている安全報道は首都圏向けの過度の不安感に大しての報道のようです。
> いわき、特に福島第一原子力発電所から、50km圏内の地域は引き続き警戒が必要です。
> 1日程度であれば除染が必要ない状態でしたが、それは、一日の中での話です。
> 毎日の生活の中で外に出た後の対応としては、
>
> ー-
> 一般的な除染の方法(水が利用できない方へ)
> 東京電力(株)福島第一原子力発電所事故に関し、被ばく等の可能性をご心配になられている方は、先ず、 以下のことを行っていただきます様お願い致します。
> 汚染があったとしても、以下の処置である程度の放射性物質をふき取ることができます。ふき取った後は、 汚染が広がることはありません。
> 洋服、靴をぬいでビニール袋に入れる。
> 布やウェットティッシュなどで拭いとる(ふきとった布などはビニール袋に入れて捨てる)。
> 放射線医学総合研究所
> ー-
>
> http://www.nirs.go.jp/index.shtml
>
> 1 とにかくするべきこととしては、なるべく外からの粒子が家に入らないようにする。(エアコン、換気扇を使わない。)
> 2 外に出た後の対処を確実にする。
> 3 必要最低限でしか外に出ない。出る場合は、皮膚の露出を避け、口、鼻は濡らしたマスクで防護する。
>
> 物資不足で厳しい状態ですが、どの物質が飛んできて放射線が観測されているかわからない状態です。
> 日常での微細量の積み重ねがこれから長期に渡った場合、影響が出ると思われます。
> 油断なく、対処するように注意してください。
> 確かに、今日明日の中では、そんなことは言っていられないというのはわかります。
> このさきのいわきのことを考えると、こういった対処をしておく必要はあります。
>
> あまり聞こえのいい内容の情報ではなく、申し訳ないです。
> いわき、特に原子力発電所からの遮蔽物がない地域は、飛散量が多くなります。
> 水が厳しい現状では、対処として難しいのもよくわかります。
> ですが、なんとか対処してください。

Wunder groundスタッフからの情報です。転送します。
> 東京でも、いわきに比べたら全く問題ない状態なのに、ヒステリックな状態が続いています。> 東京から西へ逃げる人もどんどん増えているようです。> 海外のメディアから、かなり酷評されている政府や東電の対応ですが、現状ではこれが精一杯ということだと思います。> > さて、放射能についての情報ですが、テレビで報道されている安全報道は首都圏向けの過度の不安感に大しての報道のようです。> いわき、特に福島第一原子力発電所から、50km圏内の地域は引き続き警戒が必要です。> しまちゃんの言うとおり、1日程度であれば除染が必要ない状態でしたが、それは、一日の中での話です。> 毎日の生活の中で外に出た後の対応としては、> > ー-> 一般的な除染の方法(水が利用できない方へ)> 東京電力(株)福島第一原子力発電所事故に関し、被ばく等の可能性をご心配になられている方は、先ず、 以下のことを行っていただきます様お願い致します。> 汚染があったとしても、以下の処置である程度の放射性物質をふき取ることができます。ふき取った後は、 汚染が広がることはありません。> 洋服、靴をぬいでビニール袋に入れる。> 布やウェットティッシュなどで拭いとる(ふきとった布などはビニール袋に入れて捨てる)。> 放射線医学総合研究所> ー-> > http://www.nirs.go.jp/index.shtml> > 1 とにかくするべきこととしては、なるべく外からの粒子が家に入らないようにする。(エアコン、換気扇を使わない。)> 2 外に出た後の対処を確実にする。> 3 必要最低限でしか外に出ない。出る場合は、皮膚の露出を避け、口、鼻は濡らしたマスクで防護する。> > 物資不足で厳しい状態ですが、どの物質が飛んできて放射線が観測されているかわからない状態です。> 日常での微細量の積み重ねがこれから長期に渡った場合、影響が出ると思われます。> 油断なく、対処するように注意してください。> 確かに、今日明日の中では、そんなことは言っていられないというのはわかります。> このさきのいわきのことを考えると、こういった対処をしておく必要はあります。> > あまり聞こえのいい内容の情報ではなく、申し訳ないです。> いわき、特に原子力発電所からの遮蔽物がない地域は、飛散量が多くなります。> 水が厳しい現状では、対処として難しいのもよくわかります。> ですが、なんとか対処してください。


各種情報について‏」への1件のフィードバック

  1. 山葵(基@お話とお芝居)

    20日朝10時からいわき市の平体育館で被爆や放射線に関する講演会をやるそうですが、今テレビでみたところでは講師の方は長崎大学の講師で長年原爆やチェルノブイリ事故の研究や治療に当たっていたその筋の権威とのこと。うおー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">