独居老人について

いわき市内の独居老人について
震災によって、営業できなくなった居宅介護支援事業所が多く、友人などからは独居老人の
ライフラインの確保に対して不安の声が出ました。
平競輪場には救援物資が多く届いているようですが、まず災害対策本部と連絡をとり、
返信を待ってから取りに行く、ということとなっています。しかし災害対策本部が
とても忙しい状況ですぐに連絡がとれないのが現状でした。
Wunder groundとして介護施設及び独居老人のライフライン確保について何かできないかと、
市の介護保険課の方や、ボランティアの方とお話し、災害対策本部の方に連絡を取れることに
なりました。
3/19 20:46 災害対策本部にいらした保健福祉部の方と電話連絡がとれました。
そこで伺った内容です。
【介護施設への救援物資について】
・今日(3/19)現在、市内の介護施設全てと連絡を取って、各施設の状況を把握した。
明日(3/20)午前中に大量の物資(食料・オムツ・医薬品)が届くのが確定している。
明日以降は、日々全施設と連絡をとりニーズを把握しながら供給できるようにしていく。
【独居老人への救援物資について】
・現状としては、居宅支援事業所は殆ど休業している。
しかし、訪問看護等、市内で5ヶ所程度稼働している。
週明けには民生委員を通じてそれぞれの居宅の状態を把握していく。
また、介護ボランティアをいわき市HPにて募集している。
訪問できるスタッフで、来週半ばには、水と食料を供給できるようにしていく。
・社会福祉協議会にて登録(Tel 23-3320)し、登録することでスタッフとして動くこともでき
る。
⇒現状ではガソリンがないために【物資】はあるが【人】がいない”状況になっているが、
3/20以降、一般車両へもガソリンが販売されることとなるので、
本格的に動けるのは来週半ば(3/23-)になると予想される。
そのほかできそうなこと、問題となりそうなこと…
・ニーズに合わせ、炊き出し場所を変更する
・災害対策本部に連絡しボランティアをしている人は作業地を変更することができるので、
スタッフが足りない場所があればそちらへ変更届を出して移動する
・民生委員が避難している地区もある
・介護保険を利用していないが、外に出られないでいる方への支援
現状については、このような状況です。
続報がありましたら、またアップします。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">