揮毫・作品展示と講演会「ダウン症の娘(こ)と生きて」

草野心平記念館より

日時 4月15日(日)14時~15時30分

揮毫 金澤翔子(書家)
昭和60年、東京都生まれ。ダウン症と診断される。5歳で母に師事し、書道を始める。10歳のとき、「般若心経」を書く。平成17年、銀座書廊で「翔子、その書の世界」を開催。帝国ホテルにて初の席上揮毫。平成21~23年、鎌倉の建長寺、京都の建仁寺にて個展を開催。平成23年、奈良の東大寺で個展。平成24年のNHK大河ドラマ「平清盛」の題字を手がける(清流出版『魂の書』より)。

講師 金澤泰子(金澤翔子の母、金澤翔子美術館館長)
昭和37年、明治大学入学。書道「学書院」の柳田泰雲に師事。平成2年、東京・大田区に久が原書道教室を開設。平成10年、書道「泰書會」に入会、柳田泰山に師事。著書に『愛にはじまる』『天使の正体』『天使がこの世に降り立てば』『魂の書』がある(清流出版『魂の書』より)。

会場 講演会/文学館アトリウムロビー、揮毫・作品展示/文学館小講堂

参加 いずれも無料ですが、整理券を配布します。整理券をお持ちの方は、講演会場で着席でき、講演終了後、揮毫会場へ先に入場できます。整理券は、4月3日(火)から文学館(月曜日をのぞく9~17時)・教育委員会文化課(いわき市平字堂根町4-8 東分庁舎4階 電話22-7544 土、日曜日をのぞく9~17時)・金澤翔子美術館(いわき市遠野町根岸横道71 電話 89-2766 水曜日をのぞく10~16時)で先着合計180枚を配布します(お1人3枚まで)。無くなり次第終了します。

協力 金澤翔子美術館

いわき市立草野心平記念文学館
Kusano Shimpei Memorial Literature Centre, Iwaki City
〒979-3122 福島県いわき市小川町高萩字下夕道1-39
TEL(0246)83-0005 FAX(0246)83-2939
■URL: http://www.k-shimpei.jp/ ■E-mail: info@k-shimpei.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">