アリオスの『はじめの一歩』応用編 舞台技術基礎講座

『もう一歩踏み出してみよう、劇場の創作現場の中へ』[主催事業]
 
アリオスオープン以来毎年開催している舞台技術基礎講座『はじめの一歩』が、遂にステップアップして二歩目へ踏み出します!『はじめの一歩』の”聞く・見る・触れる”という体験に“考える”要素を加えた、もう一歩踏み込んだ内容で開催します。劇場で公演されるお芝居がどんな過程を経て作られるのか、創作現場を『聞いて・見て・触れて・考えて』体験してみませんか。
 
○日 時
講座1日目 2012年7月16日(月) 13:00〜18:00
講座2日目 2012年8月4日(土) 10:00〜22:00
講座3日目 2012年8月5日(日) 10:00〜22:00
講座4日目 2012年8月11日(土) 9:00〜22:00
講座5日目 2012年8月12日(日) 9:00〜22:00
○会場 小劇場その他
○料金 一般3,000円
     学生1,500円(高校生〜大学生・専門学校生)
○出演 講師 いわき芸術文化交流館アリオス 施設管理課 舞台スタッフ
 〈リーディングの作・演出〉いしいみちこ
 
○内容 どんな講座?
アリオス舞台スタッフ指導のもと、15分程度のドラマリーディング作品に対して、台本の読み込み⇒稽古見・演出家との打合せ⇒テクニカルリハーサル⇒舞台稽古⇒本番⇒撤去という創作現場のプロセスを5日間かけて体験する実践講座です。
 
講座1日目 オリエンテーションの日!
7/16(祝・月)13:00〜18:00/小劇場
○オリエンテーション
○演出家、役者、舞台スタッフの紹介
○今回の演出コンセプトは?
○舞台装置図面を読解
○実際に稽古を見てみよう
○コース別に宿題
(照明コース)絵コンテプランを考える
(音響コース)音の素材プランを考える
(舞台コース)作り物を読解してくる
 
講座2日目 プランのプレゼン大会!
8/4(土)10:00〜22:00/小劇場その他
(照明コース)宿題の絵コンテをプレゼンする
 それぞれ持ち寄ったプランのディスカッションをする
(音響コース)宿題の音素材プランをプレゼンする
 それぞれ持ち寄ったプランのディスカッションをする
(舞台コース)舞台装置図面にしたがって、大道具・小道具を製作する
 
講座3日目 下準備をはじめる!
8/5(日)10:00〜22:00/小劇場その他
(照明コース)引続きディスカッションをして、プランを決定
 仕込み図の作成、前準備をする
(音響コース)引続きディスカッションをして、プランを決定
 音作り・編集、仕込み図を作成する
(舞台コース)引続き大道具・小道具の製作
 仕込み当日のスケジュールを作成する
 
講座4日目 仕込みとリハーサルの日!
8/11(土)9:00〜22:00/小劇場
いよいよ本番前日です!仕込み〜テクニカルリハーサルまで行います!
 
講座5日目 ドキドキの本番日!
8/12(日)9:00〜20:00/小劇場
いよいよ本番日です!テクニカルリハーサル〜場当たり〜ゲネプロ〜本番〜バラシ⇒講評まで行います
対象 高校生以上で、全5日間すべてに参加できる方
舞台技術の現場を少しでも経験したことがある方
舞台コース・照明コース・音響コース各5〜6名
受付 受付開始:2012年5月19日(土) 10時00分より / 期間募集
申込み方法 専用のアンケート【PDF:640.4KB】
にお答えの上、ファクスかEメールでお申込みください
※申込み多数の場合は、書類選考の上、決定させていただきます
FAX 0246-22-8181  E-mail info@iwaki-alios.jp
お問合せ 施設管理課施設サービスグループ 0246−22−8111(代表)
【プロフィール】 いしいみちこ
福島県出身。ドラマティーチャー。
高等学校における教科『演劇』のカリキュラムと系統的指導法について研究。
教科『演劇』成果発表としての公演において、プロの劇作家演出家との作品制作を行っている。
こんな方にオススメです!
★これだけは絶対に! 高校生以上で、全5日間すべてに参加出来る方
★オススメ1 過去に、舞台技術基礎講座『はじめの一歩』を受講したことがある方
★オススメ2 将来、舞台技術の仕事に就きたいと思っている方
★オススメ3 舞台技術の現場を少しでも経験したことがある方
★オススメ4 舞台技術にとにかく興味がある
ここもオススメ!
舞台・照明・音響この3つの中から好きなコースが選べます!
定員は各コース5〜6名程度

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">