6/15福島をつなぐ・つたえるフォーラム@福島県立美術館(福島市)

「福島藝術計画×Art Support Tohoku-Tokyo」福島をつなぐ・つたえるフォーラムの開催!

3月にアクアマリンふくしまと湯本温泉旅館、草野心平記念文学館を利用したイベント

週末アートスクールいわき「詩人・和合亮一さんと作る海の詩・いわきの詩」を行った

「福島藝術計画×Art Support Tohoku-Tokyo」の今年度のフォーラムが福島県立美術館で

行われますよー(^o^)

 

福島をつなぐつたえるフォーラム・表 福島をつなぐつたえるフォーラム・裏


福島県と東京都が連携したアートプロジェクト
「福島藝術計画×Art Support Tohoku-Tokyo」が今年もスタートします。
今年最初のプロジェクトとして、こまばアゴラ劇場芸術監督、劇団「青年団」主宰の平田オリザ氏と、
詩人の和合亮一氏をお招きしたフォーラムを開催し、アートによる「まちづくり」や「教育」といった視点から、
それぞれの想いを語っていただきます。
また第2部では、東京文化発信プロジェクト室の森司をモデレータとして
「被災地とアートの関わり」というテーマから、被災地におけるアートプロジェクトの可能性、
そこで創造されるコミュニティの必要性などについて、みなさんと考えます。
なお「福島藝術計画×Art Support Tohoku-Tokyo」の今年度プログラムについても紹介します。
この機会に是非、ご参加ください。

(キックオフフォーラムの概要)
■開催日  平成25年6月15日(土)
■会 場  福島県立美術館(福島市森合字西養山1番地)
■定 員  200名

■お申込方法
○インターネットでのお申込み
以下URLよりお申込みください。
http://f-geijyutsukeikaku.info/fm2013_form

○電話/E-mailでのお申込み
・福島藝術計画×Art Support Tohoku-Tokyo事務局
(特定非営利活動法人Wunder ground 担当:島﨑)
TEL :090-1938-0170
E-mail:tas.fukushima@gmail.com
・福島県立美術館
TEL :024-531-5511

■スケジュール
13:00 開場
(第1部 講演会)
13:35~ 平田オリザ「文化の自己決定能力」
14:05~ 和合亮一 「未来芸能をめぐって~いま考えていること」
14:45~ 福島藝術計画×Art Support Tohoku-Tokyo
プログラム紹介
(第2部 ディスカッション)
14:55~ 平田オリザ × 和合亮一/モデレータ 森司 「被災地とアートの関わり」

○講師紹介————————-——————–

平田オリザ(ひらた おりざ)
劇作家・演出家

1962年生まれ。東京都出身。こまばアゴラ劇場芸術監督、劇団「青
年団」主宰。大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教
授、東京藝術大学・社会連携センター客員教授、四国学院大学客員
教授・学長特別補佐。その戯曲はフランスを中心に世界各国語に翻
訳・出版されている。
2002年度以降中学校の国語教科書で、2011年以降は小学校の
国語教科書にも平田のワークショップの方法論に基づいた教材が採
用され、多くの子どもたちが教室で演劇を創作する体験を行っている。

和合亮一(わごう りょうち)
詩人

1968 年生まれ。福島県出身。福島県の高校教諭の傍ら詩作活動を行う。
震災以降、地震・津波・原子力発電所事故の三重苦に見舞われた福島から、
Twitter にて「詩の礫」と題した連作を発表し続ける。
昨年開催された週末アートスクールにおいて
「詩人・和合亮一さんとつくる 海の詩・いわきの詩」をテーマに講師を務める。
——————————————————–

■主催
福島県、東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)
特定非営利活動法人Wunder ground

————————————————————
福島藝術計画×Art Support Tohoku-Tokyoとは?
福島県、東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)の三者が共催し、
地域の団体と協働してアートプログラムを実施する事業です。
文化芸術に触れる機会や地域コミュニティの交流の場をつくり、
文化芸術による地域活力の創出と心のケアという視点から復旧・復興を支援します。
————————————————————

■詳細はこちら
http://f-geijyutsukeikaku.info/

 

 

関連サイト

いわき市総合観光案内所 スタッフブログ
http://iwakikankou.blog12.fc2.com/blog-entry-1375.html

福島の旅
http://www.tif.ne.jp/jp/ati/ati_disp.php?id=13497


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">