2/21コンテンポラリー・ダンス公演 んまつーポス+宮崎大学 そうなるまでの事情 vol.2 JAPAN TOUR 2014 IN IWAKI@いわきアリオス

昨年6月から10月にかけて、「おでかけアリオス」でいわき市立小白井小学校・中学校を訪れ、身体表現の面白さを伝えてきた、宮崎を拠点に活動するコンテンポラリー・ダンスユニット『んまつーポス』のダンス作品がいわきアリオス小劇場にて上演されます。

『んまつーポス』は、「おでかけアリオス」だけでなく、「いわき街なかコンサート in TAIRA 2013」でもパフォーマンスを行ったことがあるので、ご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

作品は、「いわきの地に立ち……」をテーマに据えて、いわきでの経験を基に出演者それぞれが新たに創作したソロと、レパートリーの中から今回の上演に相応しいものを選び、オムニバス形式で上演します。

ちなみに、『んまつーポス』とは“スポーツマン”を逆から読んだ名前です。
スパーツマンとして培われた身体を最大限に活かして演じる、出演者の息遣いや身体の動きはまさに圧巻です。
以下、公演詳細です。

●コンテンポラリー・ダンス公演 んまつーポス+宮崎大学
そうなるまでの事情 vol.2  JAPAN TOUR 2014 IN IWAKI
日時:2月21日(金)19:00開演(18:30開場)、22日(土)14:00開演(13:30開場)
料金:全席自由/一般2,000円 小学生~大学生1,000円 未就学児(3歳以上)無料
会場:いわき芸術文化交流館アリオス 本館4階 小劇場
振付・演出:んまつーポス、高橋るみ子(宮崎大学 教育文化学部 准教授 舞踊教育)
出演:児玉孝文、みのわそうへい、豊福彬文(以上、んまつーポス)、椎野 純(和光大学)、高木眞慈(埼玉大学)、野村咲季(日本大学)
主催:NPO法人 MIYAZAKI C-DANCE CENTER、いわき芸術文化交流館アリオス

●んまつーポス プロフィール:宮崎大学でコンテンポラリーダンスに出会い、競うために鍛えられた身体を芸術表現として魅せることに魅せられる。スポーツと芸術の境界域をフィールドとし、そこを徘徊することで、活動の範囲である境界域を確実に拡大していく。その行為こそが“んまつーポス”のダンスである。結成以来、「YOKOHAMA  DANCE  COLLECTION」「踊りに行くぜ!!」「福岡フリンジフェスティバル」等数多く出演。また、エストニア共和国での単独公演ツアーや、「釜山国際ダンスフェスティバル」に招聘されるなど、次代を担うユニットの一つとして国内外に活動の場を拡げている。また2012年より大野源喜(音楽・演奏)が参加。さらに、文化庁「次代を担う子どものための文化芸術体験事業―派遣事業―」や、文部科学省「児童生徒のコミュニケーション能力の育成に資する芸術表現体験」の講師を務めるなど、ワークショップにも定評がある。

●詳しい公演情報はコチラ
http://iwaki-alios.jp/cd/app/index.cgi?C=event&H=PAGE&D=01161


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">