3/20-22 I-Play Fes 2014~演劇からの復興~いわき演劇まつり

2014年3月20日(木)~22日(土)の3日間、市内では

「I-Play Fes 2014~演劇からの復興~いわき演劇まつり」が

開催されます! 昨年から続いて2回目の開催、今年も楽しみです(^-^)b

○参加演劇作品
■青年団
アンドロイド演劇『さようなら』(青年団+大阪大学ロボット演劇プロジェクト)
3月21日(金・祝)11:00★
22日(土)13:00
◎いわきアリオス小劇場
作・演出:平田オリザ
アンドロイド開発:石黒浩(大阪大学&ATR石黒浩特別研究室)
出演:アンドロイド「ジェミノイドF」菊池佳南 河村竜也
アンドロイドの動き/声:井上三奈子
実在のモデルそっくりのアンドロイド「ジェミノイドF」と人間俳優が共演するロボット演劇プロジェクト。アンドロイドと人間の関わりの中に「人間にとって/ロボットにとっての“生と死”」を鋭く問う短編作品です。

『銀河鉄道の夜』
3月21日(金・祝)13:00★
22日(土)15:00
◎いわきアリオス小劇場
原作:宮沢賢治
作・演出:平田オリザ
出演:菊池佳南 木引優子 山本裕子 中村真生 高橋智子

本作は、宮沢賢治の名作『銀河鉄道の夜』を平田オリザが戯曲化した、子ども向け演劇作品です。2012年春にこまばアゴラ劇場にて初演され、東北ツアーなど全国各地を巡演した本作を、いわきにて初上演いたします。

★=中高生優先観劇ステージです。一部一般のお客様にも販売いたしますが、お席に限りがございますので、何卒ご了承ください。

■マームとジプシー
『Rと無重力のうねりで』
3月20日(木)19:30
22日(土)18:00
◎いわきアリオス小劇場
作・演出:藤田貴大
出演:石井亮介 伊東茄那 尾野島慎太朗 中島広隆 波佐谷聡 長谷川洋子 吉田聡子
『ハロースクール、バイバイ』では女子バレーボール部の特別な試合を軸に、彼女たちの日常を丁寧に描き出し、好評を博しました。
そんなマームとジプシーが送る、スポーツ演劇・第二弾!今作は「ボクシング」がテーマです。ぜひ、ご期待ください。

一人芝居『まえのひ』他
3月21日(金・祝)14:30
◎MUSIC & Bar Queen
テキスト:川上未映子
演出:藤田貴大
出演:青柳いづみ
マームとジプシーが小説家・川上未映子とタッグを組み、あらゆるジャンルの観客、批評家、作家に衝撃を与えた一人芝居待望の再演。書き下ろしの詩である『まえのひ』は役者が文字を「音」にする事を目的に描かれました。ぜひ、ご期待ください。

■いわき総合高校演劇部
『あひる月13』
3月22日(土)10:30
◎いわきアリオス小劇場
原案:いわき総合高校演劇部
脚本・構成・演出:いしいみちこ
出演:いわき総合高校演劇部
「今、ここ、わたしたち」を描き続けているいわき総合高校の震災後3本目の作品。
3年目のいわき、そこに暮らす高校生の今を描いた作品です。

■短編演劇コンペティション
「劇王っぽいのⅡ」
3月21日(金・祝)16:00
◎いわきアリオス小劇場
上演時間20分以内、登場人物3人以内、舞台セットは簡易なものという条件で上演を行い、最優秀賞“っぽいの王”を選ぶという、某人気企画っぽい企画。
初代“っぽいの王”である大信ペリカン(満塁鳥王一座/福島市)を打ち破るべく、県内3団体+北海道の教文演劇フェスティバル2013のチャンピオンが熱い戦いを繰り広げます。
[参加団体]
満塁鳥王一座(福島市)【初代“っぽいの王”】
『最後に笑う者が最もよく笑う』
作・演出:大信ペリカン
出演:佐藤隆太 平林里美 他

劇団ユニットラビッツ(郡山市)
『サーチ・サーチ』作・演出:岩田隼
劇団夢桜(いわき市)
『廻る人生一人舞台』
作・演出:帝一心
出演:久田宗一郎 大友俊 他。
球(いわき市)
『アルバイト』
作・演出:萩原宏紀
出演:木内柾伸 小出愛夏 山口祐介
yhs(札幌市)
『駆込み訴え』
原作:太宰治「駈込み訴え」
脚色・演出:南参
出演:小林エレキ

○トーク&ライブ

わが星夜話
3月22日(土)20:30
◎La Stanza(ラ・スタンツァ)
2011年6月。いわきアリオスで上演される予定であった、ままごと『わが星』(柴幸男作・演出)は、震災の影響で休館中だったアリオスからいわき総合高校に会場を変更し上演されました。同時に柴幸男、三浦康嗣によるワークショップを開催、いわき地区高校演劇連盟の高校生約130名が参加。被災地における文化の必要性を実証したあの3日間を振り返ります
出演:三浦康嗣(□□□)村田シゲ(□□□)端田新菜(ままごと)野村政之(青年団制作部・『わが星』ドラマトゥルク)
今尾博之(りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 企画制作担当)

○講義とシンポジウム

■「コミュニティデザインを学ぶ」
3月21日(金・祝)11:00~13:00
◎いわきアリオス中リハーサル室(3F)
コミュニティはデザインできるのか?社会の仕組みや人々の参加・参画の仕方そのものを設計し、根本から変えていこうという考え方があります。震災によって変わることを余儀なくされた被災地のコミュニティに必要な学びを、立教大学の中村先生に講義していただきます。
講師:中村陽一
立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科教授(法学部教授兼任)、社会デザイン研究所所長。市民活動・NPO/NGOの実践的研究、基盤整備、政策提言に取り組み精力的に活動。地域連携や民学産官協働によるまちづくり、コミュニティデザイン、社会デザインの専門家でもある。また、座・高円寺「劇場創造アカデミー」講師を務める。

■「コミュニティデザインという考え方」
3月21日(金・祝)20:30~22:00
◎アートスタジオ もりたか屋
[パネリスト]
中村陽一 平田オリザ
社会の仕組みや人々の参画の仕方を考えていくコミュニティデザインの専門家、中村陽一先生。劇作家・演出家で大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授でもある平田オリザ先生。お二人をお迎えし、コミュニティにおける文化芸術の役割について考えます。

[チケット料金]
・前売・予約・当日共(日時指定・全席自由席)
青年団『さようなら』…1,000円
青年団『銀河鉄道の夜』…2,000円
マームとジプシー『Rと無重力のうねりで』…2,000円

・予約・当日共
「劇王っぽいのⅡ」…500円
いわき総合演劇部…無料(要予約)
マームとジプシー 一人芝居…1,000円
中村陽一 講義…500円
シンポジウム…500円
『わが星夜話』…1,000円(ドリンク別・要1オーダー)

☆高校生以下・・・全演目無料(要予約)

[チケット取り扱い]
アリオスチケットセンター
0246-22-5800
(10:00~20:00 毎週火曜定休)
いわきアリオスWEBサイト
http://iwaki-alios.jp
*初日は電話・WEB受付のみ。お電話のおかけ間違いにご注意ください。
*いわきアリオス小劇場で上演の演目は、ご予約後から1週間以内に劇場にてチケットをお引き取りください
*その他のプログラムはご予約のうえ、当日受付にてご精算ください。

詳しくはI-playfesのwebsiteもご覧ください。
http://iplayfes.exblog.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">