【9/10】地域豊穣化のための「+クリエイティブ」の可能性 ~“風の人”から“水の人”への提言~@いわきアリオス カンティーネ

「マナビバ。」は、震災がもたらした地域の課題について、その解決策を 文化・芸術・アートの視点から可能性を探り、これからの福島について、考え・学び・話し合う場です。
第二回目は、永田宏和さんを講師にお招きし、文化・芸術・アートの視点で被災地のこれからをみなさんと考えていきます。

manaviva3

地域豊穣化のための「+クリエイティブ」の可能性 ~“風の人”から“水の人”への提言~
美術家藤浩志が提唱する「地域豊穣化」のために、講師・永田宏和がこれまでの数々の現場での実践を通じてその有効性を実感してきた「+クリエイティブ」 という手法について、たくさんの事例を紹介しながらわかりやすく解説します。プロジェクトのジャンルは、「防災」「まちづくり」「高齢者福祉」「観光」な どです。時間の許す限り現在進行形の生きた事例をたくさん紹介したいと思います。

NPO法人プラス・アーツ →

講師紹介(参考サイト内に動画有り) →

藤浩志 さん の紹介 →

日程 : 2014年9月10日(水) 18:30-20:30

定員 : 30名

会場 : いわき芸術文化交流館アリオス 本館2階カンティーネ(福島県いわき市平字三崎1-6 2F)

参加費 : 無料

講師 : 永田 宏和(株式会社iop都市文化創造研究所 代表取締役/NPO法人プラス・アーツ 理事長/デザイン・クリエイティブセンター神戸【KIITO】副センター長) 企画・プロデューサー。 1993年大阪大学大学院修了後、株式会社竹中工務店入社。 2001年まちづくり、建築・アートの3分野での企画・プロデュース会社「iop都市文化創造研究所」を設立。2006年「NPO法人プラス・アーツ」設 立。 2012年デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)の副センター長に就任。 主な企画・プロデュースの仕事に、都市キャンペーン型アートイベント「水都大阪2009・水辺の文化座」、楽しく学ぶ防災訓練プログラム「イザ!カエル キャラバン!」(2005年~)、防災とクリエイティビティをテーマにした展覧会「地震EXPO」(2006年)、KIITOシンボルイベント・子どもが つくる子どものための夢のまち「ちびっこうべ」(2012年)、インドネシア、タイ、フィリピン、日本の災害対応分野におけるクリエイティブな活動を紹介 し、学び合うためのプラットホーム構築をめざすプロジェクト「EARTH MANUAL PROJECT」(2013年)などがある。

 

参加申し込み : 電話orメールでのお申込みの際は、お名前、ご連絡先、参加を希望される回、参加人数をお伝えください(原則全部の回に参加で きる方)

アリオスチケットセンター TEL:0246-22-5800 (10:00~20:00 火曜定休)

福島県文化スポーツ局文化振興課 (担当 日塔) TEL:024-521-7159

福島藝術計画事務局(担当 会田) TEL:050-3555-6612 E-mail:info@wangura.net

Print マナビバチラシ裏


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">