cid_B72A3C9F-F3E5-498A-A065-EF4B3E8D4C07

【9/20】マナビバ。×未来会議inいわき「震災がもたらした課題と、その解決策をカンガエル」平廿三夜尊堂(福島県いわき市平字古鍛冶町59番地)

「マナビバ。」と「未来会議inいわき」がコラボレーションし、対話型ワークショップを行います。 「Alios Plants!」や「かえっこバザール」「イザ!カエルキャラバン!(レッドベア防災キャンプのきっかけとなったプログラム)」等、いわきでも知られるの 藤浩志さんと、食をテーマにしたアート作品を介して日本各地の地域コミュニティーと関わってきたEat&Art TAROさんをゲストとしてお招きし、体験談や活動事例をお話し頂いた後、おやつを食べながら、ゲストを交えて震災がもたらしたこの地域の課題について考 え、その解決策を探ります。

cid_B72A3C9F-F3E5-498A-A065-EF4B3E8D4C07

 

「マナ・ビバ。」とは
震災がもたらした地域の課題について、その解決策を、文化・芸術・アートの視点から可能性を探り、これからの福島について、考え・学び・話し合う場。

「未来会議inいわき」とは
震災と原発事故により噴出した多くの問題や複雑さを増した状況下において、価値観の多様さや違いを大事にしながら、対話を通じて現状や気持ちを共有し、ゆるやかな繋がりを作り、共に考え、今出来ることを探る「場」。

 

お申込みはコチラから → http://f-geijyutsukeikaku.info/

 

藤浩志氏 facebook →

藤浩志企画制作室 →

EAT & ART TARO氏 facebook →

EAT&ART WEB SITE →

日程 : 9/20 15:30 〜 18:30

定員 : 30名

会場 : 平廿三夜尊堂(福島県いわき市平字古鍛冶町59番地) tel:0246-21-3188

参加費 : 無料

講師 : 藤 浩志(1960年鹿児島生まれ。藤浩志企画制作室代表、美術作家。京都市立芸術大学大学院美術研究科終了後、パプアニューギニア国立芸術学校講師、都市計 画事務所勤務を経て藤浩志企画制作室設立。「ヤセ犬の散歩」「お米のカエル物語」「Vinyl Plastics Connection」「Kaekko」「藤島八十郎をつくる」等、各地で対話と地域実験の場を作る美術類のデモンストレーションを実践。)  EAT&ART TARO(1979年神奈川生まれ。東京を拠点に活動。食をテーマにした作品を作る現代美術アーティスト。調理師学校卒業後、レストラン勤務など飲食店で の経験を経て、食に関するプロジェクト作品制作、美術館のカフェ等のプロデュースなどを手掛ける)


【9/20】マナビバ。×未来会議inいわき「震災がもたらした課題と、その解決策をカンガエル」平廿三夜尊堂(福島県いわき市平字古鍛冶町59番地)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 俺達の住んでる街がいつのまにかはじまりすぎてこまってるんだが ~アート篇~(ラノベ風タイトル) | Wunder ground

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">