(4/26・いわきアリオス)あっと驚くアート・プロジェクトはどうやって作られる?

6/13・14の巨大なふとん山も面白そう!ぜひ!!

 

いわきアリオスHPより情報転載(http://iwaki-alios.jp/cd/app/?C=event&H=default&D=01597

あそび工房スペシャル
小沢剛「あなたが誰かを好きなように 誰もが誰かを好き」
関連企画
美術家・小沢剛 アーティスト・トーク

日時     2015年4月26日(日) 15:00〜16:30
会場    中リハーサル室
料金    参加費/無料(要事前申込) / 先着順
出演    小沢 剛(美術家)

6月13日(土)、14日(日)。いわきアリオス小劇場に、2日間限定で巨大な「ふとん山」が出現!!
直径8メートルの巨大な山に、100枚以上ものおふとんが重ねられたこの作品は、美術家の小沢剛さんが子どもたちのためつくった「作品」です。今回は、6月のイベントの前に、小沢さんの活動や、作品についてお話をうかがいます。
小沢さんは、日常にあるものに眼差しを向け、世界各国でいろんな人と仲良くなりながら、「あっ!」と驚くようなアート・プロジェクトを展開しています。
福 島とのつながりも深く、2010年以来、福島県立美術館で《ベジタブル・ウェポン》やおふとん山のプロジェクトを開催した他、2013年には猪苗代出身の 野口英世の生涯を虚実取り混ぜて描いたインスタレーション作品「帰ってきたDr.N」を発表しています。また同年秋に、ノーベル賞作家のエルフリーデ・ イェリネクの『光のない。(プロローグ?)』を演出して、初めて演劇作品を手掛けた際は、重要なシーンでいわき出身の元フラガールを登場させています。
アリオスには2013年4月の「第19回 あそび工房」以来、2度目の登場となる小沢さんのお話を聞きながら、「アート」の面白さや、その可能性について共有したいと思います。

対象    定員30名
・こどもとあそびに興味がある方
・絵を描いたり工作するのが好きな方
・美術好き、現代アート好きの方
・最近、発想力が弱って困っている方
・アートとまちについてちょっと真面目に考えてみようという方(不真面目にでも可)
・美術方面への進学をうっすら考えている高校生、中学生とその保護者の方
・とにかく変わったことが好きな方
・現代美術ってよくわからないけど、楽しいことが好きな方 などなど
お申込み・お問合せ    アリオスチケットセンター(10:00〜20:00 火曜定休)0246-22-5800
※電話番号のおかけ間違いにご注意ください。

プロフィール  小沢 剛(おざわ つよし)
1965 年(昭和40年)東京生まれ。東京藝術大学在学中から、風景の中に自作の地蔵を建立し、写真に収める《地蔵建立》を開始。93年から牛乳箱を使った超小型 移動式ギャラリー《なすび画廊》や《相談芸術》を開始。99年には日本美術史の名作を醤油でリメイクした《醤油画資料館》を制作。2001年より女性が野 菜でできた武器を持つポートレート写真のシリーズ《ベジタブル・ウェポン》を制作。2004年に個展「同時に答えろYesとNo!」(森美術館)、09年 に個展「透明ランナーは走り続ける」(広島市現代美術館)を開催。2012年より東京藝術大学美術学部先端芸術表現科准教授。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">