11/9マナビバ。(1)トーク「文化の対象は、どこまで広がっているのか?」@いわきアリオス

「マナビバ。」は、震災がもたらした地域の課題について、その解決策を、文化・芸術・アートの視点から可能性を探り、これからの福島について、考え・学び・話し合う場です。
今年度は、地域の実情を調査するとともに、震災復興における文化政策の意義や役割を考えるためのセミナーシリーズ「マナビバ。~文化政策から、地域の未来をつくる~」を開催します。
いわき市が目指す「文化のまちづくり」とはどうあるべきか、そのために必要なことは何か。
さまざまなゲストのお話を伺いながら、参加者のみなさんと共に考えます。
この機会に多くの方々のご参加をお待ちしております。
14718640_576465212545288_5759104235357841055_n14642145_576465209211955_9137358361180617353_n

日 時:平成28年11月9日(水)、11月30日(水)、
会 場:いわき芸術文化交流館アリオス カンティーネ(福島県いわき市平字三崎1−6)
定 員:30名
参加費:無 料
(1)トーク「文化の対象は、どこまで広がっているのか?」
近年、文化政策の対象は芸術や文化の振興だけでなく、まちづくりや福祉など多様な分野へと広がってきています。
最近の動向を学び、文化政策の分野を「横断する力」を活かすために、どのような役割が必要なのかを考えます。
日 程:11月9日(水)18:30~20:30
会 場:いわき芸術文化交流館アリオス カンティーネ
定 員:30名※当日のお申し込みも受け付けます。
参加費:無 料
ゲスト:大澤 寅雄 氏(文化生態観察/ニッセイ基礎研究所)
1970年生まれ。株式会社ニッセイ基礎研究所芸術文化プロジェクト室准主任研究員、
九州大学ソーシャルアートラボ・アドバイザー、NPO法人STスポット横浜監事。
慶應義塾大学卒業後、劇場コンサルタントとして公共ホール・劇場の管理運営計画や開館準備業務に携わる。
2003年文化庁新進芸術家海外留学制度により、アメリカ・シアトル近郊で劇場運営の研修を行う。
帰国後、NPO法人STスポット横浜の理事および事務局長、東京大学文化資源学公開講座「市民社会再生」運営委員を経て現職。
共著=『これからのアートマネジメント”ソーシャル・シェア”への道』『文化からの復興 市民と震災といわきアリオスと』。
お問合せ・お申込み先
いわき市 文化スポーツ室 文化振興課
〒970-8686 いわき市平字梅本21
TEL:0246-22-7544 FAX:0246-22-7552
E-mail: bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp
福島藝術計画×Art Support Tohoku-Tokyo 事務局(担当:会田)
E-mail:tas.fukushima@gmail.com
WEB:http://f-geijyutsukeikaku.info/
主催:いわき市、いわき芸術文化交流館アリオス、福島県、
   東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、
   特定非営利活動法人Wunder ground


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">