3/1「人柱について考える」講座 LATOV 6F

【人柱について考える】

人の命を捧げることで、とてつもない力がはたらくといわれる「人柱」。
その力は、神や仏の力をも超えるとも考えられております。
磐城平城を築城する際も、菅波村の95歳の老人・丹後が「人柱」となったといわれおり、「丹後沢」という沢の名称は「人柱」となった丹後の願いによって名付けられたといわれています。
本講座では、3月20日に開催する朗読劇「この土手、ゆるがじ」を開催するにあたり、「人柱」について理解を深めていきます。
また、昨年度のグループワークで「全国城普請人柱番付」についても、お話し頂きます。「人柱」にまつわる話から歴史的背景を読み取り、現在と照らし合わせることで、あらたなまちづくりのヒントが見出せるかもしれません。

16763789_1267133290039305_932329749_o

日時 平成29年 3月1日(水)18:30~20:00

会場 いわき産業創造館 会議室1(いわき市平字田町120 LATOV6F)

講師 いわき地域學會 副代表幹事 夏井 芳徳 氏

定員 50名

講座の内容
(1)磐城平城の「人柱」と歴史的背景
 鳥居忠政が磐城平城を築城した際に「人柱」を立てたことについて掘り下げる。
 幕末の1864年、いわきにやって来た新島襄が書き記した磐城平城の人柱の話について考える。

(2)全国 城普請人柱番付の考察
「人柱」にまつわる話は「お城」を築城する際に多い。日本各地の築城にまつわる「人柱」について、いろいろと考えてみます。

申込方法
所定申込書に必要事項を記入の上、下記のお申込み先に、メール又はFAX、お電話のいずれかの方法にてお申込下さい。(先着順)

申込み、お問合せ先
(1)いわき市 文化スポーツ室 文化振興課
〒970-8686 いわき市平字梅本21
TEL:0246-22-7546 FAX:0246-22-7546
E-mail:bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp

(2)NPO 法人Wunder ground
E-mail:info@wangura.net
WEB:http://iwaki.wangura.net/


3/1「人柱について考える」講座 LATOV 6F」への1件のフィードバック

  1. 和田真吾

    非常に興味深いセミナーにご招待いただき有り難うございます。
    参加させていただきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">