1/24- いわきの戊辰戦争の裏側に迫る ~新政府軍の平潟上陸と九面の戦い~@いわき市生涯学習プラザ

平成30(2018)年は戊辰戦争から150年、大きな節目の年に当たります。いわきの地でも、慶応4(明治元、1868)年6月から7月にかけ、勿来や小名浜、常磐、内郷、平、四倉などで、奥羽越列藩同盟軍と新政府軍との戦いが繰り広げられました。今回の3回連続の講座では、
いわきの地での戊辰戦争の始まりとなった新政府軍の平潟上陸と、平潟の奪回を目指した奥羽越列藩同盟が新政府軍と激しく戦った九面の戦いを取り上げ、詳しく解説します。

24209911_1557127764373188_1271286518_o

(1)日時 平成30年1月24日(水)、2月7日(水)、2月21日(水)(全3回)

(2)時間 18:30-20:00

(3)会場 いわき市生涯学習プラザ(〒970-8026 いわき市平字一町目1 ティーワンビル)

(4)講師 夏井芳徳(いわき地域学会副代表幹事 いわき明星大学客員教授)
講師プロフィール:1959年 いわき市平生まれ。2014年『石熊村キツネ裁判-「三川タイムス」取材ノート』で第67 回福島県文学賞(小説・ドラマ部門)正賞受賞。

(5)講座の日程と内容
①平成30年1月24日(水)18:30~20:00「新政府軍の平潟上陸作戦の裏側に迫る」
仙台藩が警固をしていた平潟港に、慶応4(明治元、1868)年6月16日の午前10時頃、新政府軍の軍艦3艘が姿を見せました。そして、新政府軍は意表をつく上陸作戦に打って出ました。さて、その作戦とは、どのようなものだったのでしょうか?

②平成30年2月7日(水)18:30~20:00「平潟上陸作戦成功の裏側に迫る。~平潟と川越藩、そして、仙台藩~」
新政府軍の平潟上陸作戦は、ものの見事に成功しました。その成功は偶然の産物だったのでしょうか? いいえ、それは違います。平潟での上陸作戦を成功に導いたものは一体、何だったのでしょうか? その正体に迫ってみたいと思います。

③平成30年2月21日(水)18:30~20:00「九面の戦いで、奥羽越列藩同盟軍が敗れた原因に迫る」
新政府軍のものとなってしまった平潟を奪い返すため、奥羽越列藩同盟軍は行動を起こしました。湯長谷城で会議を開き、作戦を練り、勿来の九面で戦いましたが、敗れてしまいます。奥羽越列藩同盟軍は、なぜ敗れたのでしょうか? 記録を読み解き、敗戦の原因を探ります。

(6)定員 80名 ※定員となり次第、募集を終了致します

(7)参加費 無料

(8)主催 NPO法人Wunder ground

(9)共催 いわき市

(11)申し込み方法
チラシに記載の受講申込書に必要事項(氏名・ふりがな・TEL・Fax・E-mail・住所)をご記入頂き、ファックス(0246-22-7552)か電子メール(bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp)のいずれかによりお申し込みください。募集期間 平成29年11月30日(木~平成30年1月22日(月)
お申込みいただいたお名前、連絡先等の個人情報は、本講座実施以外の目的には使用いたしません。

(12)お問合せ先
いわき市 文化スポーツ室 文化振興課
〒970-8686 いわき市平字梅本21
TEL:0246-22-7546 FAX:0246-22-7552
E-mail:bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">