作成者別アーカイブ: elly

8/23「玄玄天」オープニングパーティー

いよいよ、会期がせまった芸術祭「玄玄天」!
開催にあたり、オープニングパーティを以下の内容で予定しております。

作家さんと交流できる貴重な機会です。是非とも、遊びにきてください!

日 時:8/23(土)
時 間:19:00~
場 所:もりたか屋(970-8026 いわき市平3丁目34)
※専用の駐車場がございませんので、
近隣の駐車場をご利用ください。
参加費:1,000円
※主に、飲食代となります。

10603422_796699517041880_8068637311714861466_n


8/23~ Art point iwaki 芸術祭「玄玄天」いよいよ開催します。

WunderGround主催 Art point iwaki 「玄玄天」

会期 2014.8/23(土)から9/21(日)まで
アートによる地域の賑わい創出拠点の構築を目的とした芸術祭と様々なアートプログラムを展開します。
本芸術祭の会場は「アートの為に整えられた空間」ではなく、いわき駅前商業区内の4つの象徴的な施設で実施されます。

創業70 年を間近に迎える婦人服の老舗商店“もりたか屋”
震災により店舗を損傷するも、復旧・復興を遂げた“坂本紙店”
いわき駅前再開発ビル“LATOV”
いわきの玄関口“いわき駅ビル”

この芸術祭のために総勢25名を超えるアーティストが全国各地から駆けつけてくれました。
彼らはこの地で何を感じ、どの場所にどのような作品を残していくのでしょうか。

会期中は、アーティストによる公開制作やアートイベントが開催され、街中に活気をもたらし、本来出会うことのなかった人達が、本展を介して出会うことになるでしょう。

IMG_0003 (566x800)


はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト「夢の力プロジェクト ~を体で表現しよう1」6/13

6月13日(金)

「夢の力プロジェクト 豊間ことばの学校」第二回目!

今回の講師は体奏家の新井英夫さん。からだをかなでると書いて、たいそうかと読みます。今日は子供たちと一緒に体を使ってことばを感じる時間になりそうです。アシスタントの板坂きよこさんも一緒です。

その前にまずは腹ごしらえ!小名浜のうろこいちさんでランチ兼ミーティングなのです。

CIMG1632

この日は快晴でした!(先週もこの位晴れてくれれば‥残念!)

うきうきした足取りでお店へ向かいます。

CIMG1633

どどん!刺身定食!(写真は代表のごはんです)

いまだ福島沖では漁はできませんが、こちらで仕入れているお魚はとっても新鮮で美味しい。

初めていわきを訪れた新井さんにも気に入ってもらえたようで、「また来週も来たい!」とのお言葉をいただきました。

会津方面から来ているはま・なか・あいづ事務局の3人にも「普段食べてるお魚と違うー!」と盛り上がっていただけました。福島県って広いのです。喜んでもらえてなによりです。

さて、お腹も満足したところで、気合をいれて豊間小学校へ。

学校に入ったところで、新井さんたちから歓声が。

CIMG1636

豊間小の入り口には、クラゲの水槽があるのです。

CIMG1635

クラゲが大好きだという新井さん、くぎづけでした。

さてさて。

いよいよ、豊間アカデミー「豊間ことばの学校」の時間です。

今日は14名の子供たちが集まってくれました。(14名中13名が男の子でした!)

まずは登場。新井さんは言葉を使わず、笛と身体の動きで自己紹介。子供たちもみるみる引き込まれていきます。

NCM_0529_001 (1)

ここからみんなでいろんな体の使い方をしていきました。

円になって、体のいろんな場所で太鼓をたたいてみたり。

CIMG1642CIMG1643CIMG1659手?頭?足をつかう?それとも‥?どんなたたき方してみる?

CIMG1670

みんなで手をつないでクラゲになる図。ゆらゆらーふにゃふにゃーぶらぶらー。

CIMG1674CIMG1675

今度は1人で、ぶらぶらぶら‥ぴたっ!

身体の力を抜いてぶらぶら、そこから急に止まると自分でも予期しない形になっていて、おもしろいですね。ぴたっと止まったら手は偶然ピースしていたり。

CIMG1695

これは5人で扇風機を作った図。首ふり機能付き。すごい!

CIMG1703CIMG1707

たっくさん身体を動かして、ほぐれたところで。

最後にはグループに分かれて、みんなの考える豊間の名物を身体と俳句で表現することに。まずはグループ内で相談。

写真がなくて残念なのですが、それぞれのグループで豊間小学校・塩谷崎灯台と海・美空ひばり歌碑といった豊間の名所を表現してくれました。

と、ここで時間いっぱいに。

からだを動かしながら頭もフル回転。

言葉は発さなくても身体を使ってたくさんのことばを表現できました。

 

新井さんの授業はまた次回も続きます。

 

 

 

 


はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト「夢の力プロジェクト~虹の色にタイトルをつけよう~」

6月6日(金)

いわき市立豊間小学校にて、「夢の力プロジェクト 豊間ことばの学校」がはじまりました。

授業や掃除が終わった放課後を使って、「ことば」をキーワードにさまざまな表現を楽しみ、こどもたちの「気持ちを言葉にする力」を伸ばしていこうというプロジェクトです。

第一回目の先生はいわき市在住の吉田重信さん。

授業のタイトルは「虹をつくろう。虹の色にタイトルをつけよう」

この日はあいにくの雨で、残念ながら外での虹づくりはできませんでしたが、雨の日でも虹を出現させる秘密アイテム「プリズム」をひとりひとつずつ覗くと‥みんなびっくり!目の中に虹が飛び込んで来て、大歓声が。

プリズムを覗きながら教室や廊下、トイレなど学校のなかを探検。

その後にはみんなで見えた虹についてディスカッション。見えた虹は何色だった?どんな形?どこで見えた?

話したことも踏まえつつ、いよいよ自分が見たなかで綺麗だと思った虹を絵に描いていきます。それぞれ思い思いの虹の色や形、見えた場所が画用紙に表れていきました。みんなの心に残った虹がそれぞれ違っていて、とっても素敵だなぁ!

絵ができたらタイトルを。こどもたちはすごーく悩みながらも、それぞれ自分の見た虹に名前をつけることができました。

「豊間ことばの学校」第一回目、参加してくれたみんなもスタッフも楽しく笑顔で終了できました。

 

NCM_0523_001NCM_0517_001