カテゴリー別アーカイブ: いわき史

5/16- 3回連続講座「いわきの戊辰戦争」其の一@いわき市生涯学習プラザ 大会議室

連続講座「いわきの戊辰戦争」其の一
今年は戊辰戦争から150年、大きな節目の年に当たります。戊辰戦争といえば、会津や白河、二本松などでの戦いが広く知られていますが、いわきの地でも、慶応4(明治元、1868)年の6月から7月にかけ、勿来や小名浜、常磐、内郷、平、四倉などで、奥羽越列藩同盟軍と新政府軍との間で激しい戦いが繰り広げられました。今回の連続講座「いわきの戊辰戦争」その1では、泉や小名浜、湯本などでの戊辰戦争の様子を取り上げます。

30727992_1698244086928221_3883505013816819712_n

講師 夏井 芳徳 氏(いわき地域学會 副代表幹事)
profile 
1959年12月 福島県いわき市平生まれ。
1983年3月 京都大学文学部国語学国文学科卒業。
2014年11月 「石熊村キツネ裁判―『三川タイムス』取材ノート」で第67回福島県文学賞(小説・ドラマ部門)正賞受賞
2015年4月  いわき明星大学客員教授、いわき地域学会副代表幹事、いわき総合図書館館長

日時 平成30年5月16日(水)、5月23日(水)、5月30日(水)(全3回)
   各回18:30~20:00(18:00~ 受付)
定員 先着150名
料金 無料
会場 いわき市生涯学習プラザ 大会議室(いわき市平字一町目1 ティーワンビル)

募集期間 平成30年4月20日(金)~ 平成30年5月14日(月)※定員に達し次第募集を終了致します。

カリキュラム内容
No.1(平成30年5月16日)
 「泉城落城と新田坂の戦い」 慶応4(明治元、1868)年6月28日、泉城が新政府軍の攻撃を受け、落城。また、同じ日には、渡辺町の新田坂でも激しい戦いがありました。それらの戦いを記録をもとにたどります。
No.2(平成30年5月23日)
 「小名浜二ツ橋の戦いと中之作の戦い」 慶応4(明治元、1868)年6月29日、小名浜南富岡の二ツ橋から中之作にかけ、直線距離約7Kmにわたって激しい戦いが繰り広げられました。記録をもとにその日の戦いの様子を振り返ります。
No.3(平成30年5月30日)
 「湯長谷城落城と堀坂の戦い」 慶応4(明治元、1868)年6月29日、湯長谷城が攻撃を受け、落城しました。その後、新政府軍は磐城平城を目指し、進軍し、湯本と内郷の境、堀坂で激しい戦いが行われます。2つの戦いを振り返ります。

お申し込み
 以下の受講申込書に必要事項をご記入頂き、ファックスか電子メールのいずれかにより、お申し込みください。
 申込み頂いたお名前、連絡先等の個人情報は、本講座実施以外の目的には使用いたしません。
  ・氏名(ふりがな)
  ・電話番号
  ・ファックス番号
  ・電子メールアドレス
  ・住所
 宛先:いわき市 文化スポーツ室 文化振興課 行き(E-mail:bunkashinko@city.iwaki.lg.jp or FAX:0246-22-7552)

主催 特定非営利活動法人Wunder ground
共催 いわき市


3/4 風とカルマのツーリズム「上遠野」編 ~昭和末期の遠野銀座通りを歩く

地域資源を掘り起こし、持続可能性の高いコンテンツとして蓄積していく「コミュニティ・ツーリズム」。従来の「名所旧跡めぐり」とは何が違うのか。いわき潮目文化共創都市づくり推進実行委員会では、「大坂七墓巡り復活プロジェクト」など、さまざまな活動を主催する観光家の陸奥賢さんを講師に迎え、座学やワークショップなどを重ね、いわき版の「コミュニティ・ツーリズム」の制作に挑戦しています。
このコミュニティツーリズムを「風とカルマのツーリズム」という名をつけて、新たに展開していくことになりました。風はすべての始まり。カルマは行為の連なり。始まりと連なりをたどる「まち歩き」です。

第一弾は、郷土史家の夏井芳徳さんを迎え「中神谷」を歩きましたが、今回の第二弾は、上遠野編です。この地で生まれ育ったトーノ・ノートの島崎がガイドとなり、昭和末期の遠野銀座通りを巡ります。まちづくりに関心のある方、まち歩きに取り組んでいる方、そして遠野に少しでも興味のある方、ぜひご参加下さい。

企画名 風とカルマのツーリズム「上遠野」編 ~昭和末期の遠野銀座通りを歩く

上遠野の〈八幡神社〉近辺から〈遠野支所〉までの1キロ程の道は、遠野町の大通り。
1991年にバイパスが開通してからは落ち着いた雰囲気になりましたが、70・80年代はこの道路の両側に様々な業種の商店が並んでいました。
通称「遠野銀座通り」は、田舎であることを揶揄された言葉であったかもしれませんが、長く続く商店や職人がいる、いぶし「銀」の品々・人々の町だと思います。

28336276_1610744022327906_5685012433123956128_o

開催日 2018年3月4日(日)
時間 10:00〜12:00
定員 15名 ※先着順となります
ツアーガイド 島崎圭介(しまざき・けいすけ)氏 トーノ・ノート所属
料金 ¥1,000/人
集合場所 上遠野公民館(福島県いわき市遠野町上遠野堀切1-1)
お申し込み・お問い合わせ いわき潮目文化共創都市づくり推進実行委員会
(いわき市 文化スポーツ室 文化振興課内)
〒970-8686 いわき市平字梅本21
TEL:0246-22-7544 FAX:0246-22-7552
E-mail:bunkashinko@city.iwaki.jg.jp
主催 いわき潮目文化共創都市づくり推進実行委員会、風とカルマのツーリズム、いわき市

いわきのコミュニティツーリズムについては下記を参照…
(いわき潮目劇場 インタビュー:江尻浩二郎さん)
http://iwaki-shiome.com/431/

28336335_1610745938994381_2300890356648271537_o


2/17朗読劇「この土手、ゆるがじ ~磐城平城 丹後沢の由来~」の情報がラジオで流れます(76.2FM)

本日、朗読劇「この土手、ゆるがじ ~磐城平城 丹後沢の由来~」の情報がラジオで流れます。

SEA WAVE FMいわき(76.2FM)の、09:00~12:00、市民レポーターわがまち発信隊である水品修さんの「サタデープラザ ~わがまち発信隊~」コーナーに出演します。

出演時間は7分間程度の予定ですので、正座してスタンバらなくて大丈夫。お仕事のBGMに、ドライブのお供に、ぜひお聞きいただければ幸いです。
わんぐらは裏方集団なので(ラジオだから顔は出ないけれど)オモテに出るお仕事は滅多にありません…さてどうなる!? 気になる方はオンエアをチェック!

「この土手、ゆるがじ」メンバー ラジオ出演
・日時…2018年2月17日(土) 9:00-12:00のうち7分間程度
・放送局…SEA WAVE FMいわき(76.2FM)
・コーナー名…「サタデープラザ ~わがまち発信隊~」(水品修)

【朗読劇「この土手、ゆるがじ」とは】http://iwaki-shiome.com/project/383/
この土手2先行チラシFIX170109修正_01
平成29年度 文化庁 文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業
いわき潮目劇場 カルチャーショックプログラム
朗読劇「この土手、ゆるがじ ー磐城平城 丹後沢の由来―」(再演)

人の命を捧げることで、とてつもない力がはたらくといわれる「人柱」。その力は、神や仏の力をも超えるとも考えられている。磐城平城を築城する際も、菅波村の95歳の老人・丹後が人柱となったといわれおり、丹後沢という沢の名は、人柱となった丹後の願いによって名付けられたといわれている。なぜ、丹後は人柱になったのか。なぜ、人柱にならなければならなかったのか。
昨年、沢山の方にご好評いただいドラマリーディング「この土手ゆるがじ ―命を賭して為すべきことがある―」を再演します。
人はいかに生き、何を遺すか。郷土に伝わる物語を紐解けば、見馴れた風景の向こう側に新しい故郷が見えてくる。

この土手2先行チラシFIX170109修正_01

脚本
夏井 芳徳(いわき地域学会 副代表幹事)
作・演出
小林 基(NPO法人Wunder ground、演劇結社 スナフ缶)
キャスト
酒井 悠太(劇団ギャング団、NPO法人Wunder ground)
阿部 嘉明(演劇集団黒ヒゲキャラバン)
新田 誠(演劇集団黒ヒゲキャラバン)
蛭田 智道(劇団いわき小劇場)

日時:平成30年3月11日(日)1st 13:00~/2nd 17:00~
(受付:各開場30分前、上演時間 約70分)
会場:アートスペースもりたか屋(いわき市平三町目34 2F)
   駐車場はございません。お車でご来場の際は、近隣の有料駐車場をご利用ください

入場料:無料(未就学児入場不可)
下記申込み窓口まで、「氏名」「年齢」「住所」「電話番号」「E-mail」をお伝えください。氏名や連絡先等の個人情報は、本公演実施以外の目的には使用いたしません

問合せ・お申し込み先
いわき市 文化スポーツ室 文化振興課
 〒970-8686 いわき市平字梅本21
TEL:0246-22-7544 FAX:0246-22-7552
E-mail:bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp

主催:いわき潮目文化共創都市づくり推進実行委員会、いわき市、特定非営利活動法人Wunder ground

あらすじ
関ヶ原の合戦の翌年、今なお燻る戦乱の気配を鎮めるべく、徳川家康は東国の要所・飯野平に強固な城作りを命じる。
その任を拝命し、十万石の大抜擢を受けるは武士の鑑と称えられた父を持つ鳥居忠政。
しかし徳川の威信を賭けたこの大工事は度重なる堀の決壊により窮地に追い込まれる。
その工事の行く末をじっと見守る飯野平の老翁、丹後。貧しき身分にやつす彼もまた、かつて地獄と例えられた東国の戦火を駆け抜けた一人の武士であった――


2/3史上初の「地域包括ケア」の祭典「igoku Fes」開催@いわきアリオス

2/4いわき演劇の会主催のロクディム公演の前日にも、ロクディムが出演するイベントがあります!
それも、アリオスの中劇場で(更にケーシー高峰さんの医療漫談や入棺体験、平間至さんによるシニアポートレート撮影会も)!!ロクディムが出演する中劇場の舞台公演はお席に限りがありますので、下記お問い合わせ先(地域包括ケア推進課)までお早めにご連絡ください!
また、2/4いわき演劇の会主催、ロクディムのおやこ向けワークショップ・ロクディムの公演もご予約を受け付けております。
詳しくは、https://www.facebook.com/iwakiengekiをご参照ください。

老いとは、死とは、じいちゃん ばあちゃんの魅力とは、そして「地域包括ケア」とは何なのかを、超絶楽しくポジティブに体験する、史上初の「地域包括ケア」の祭典「igoku Fes」が、アリオスの中劇場、中リハーサル室など4つの会場で開催されます。

詳細については、地域包括ケアに係るポータルサイト「igoku」の下記リンクを御覧ください。 https://igoku.jp/tunagaru-1833/

igoku Fes(いごくフェス)2018
日時 平成30年2月3日(土)11時00分~15時30分
会場 いわき芸術文化交流館アリオス(いわき市平字三崎1‐6)
スケジュール
11:00~
中劇場ホワイエ:入棺体験会
中リハーサル室:写真家平間至氏によるシニアポートレート撮影会(10人限定)
13:00開演(12:30開場)
中劇場
   オープニング(オナハマリリックパンチライン)
   市内の元気で素敵な高齢者・取組みの表彰
   即興芝居(ロクディム)
   医療漫談(ケーシー高峰氏)
   エンディング

内容
◎第1会場 アリオス中劇場
13:00〜 igoku表彰式、医療漫談、即興芝居、福祉ラップ and more
いわきで最も「いごいた」人たちに贈られる表彰式のほか、ケーシー師匠による医療漫談、即興演劇集団ロクディムのパフォーマンスなどが開催されるとのこと。”福祉ラップ”も要チェキです。
出演/ケーシー高峰、6-dim+(ロクディム)、IBCサクソフォンアンサンブル、オナハマリリックパンチライン
※ 中劇場の舞台公演は入場無料ですが、座席指定の整理券(1家族4枚程度、先着順)が必要となります。整理券は地域包括ケア推進課(本庁舎3階)での配布のほか、郵送によるお申込みも受け付けております(問い合わせ先参照)。

◎第2会場 シニアポートレート撮影会
65歳以上の方限定・10名限定(要事前予約/先着順)で、平間至さん(http://www.itarujet.com/site/)によるポートレート撮影会が行われます。
カメラマン/平間至
※10名限定(要事前予約/先着順)です。ポートレート撮影に参加を希望される方は、直接「いわき市地域包括ケア推進課」0246-22-1202(担当:青木、瀬谷)までお問い合わせ下さい。

◎第3会場 中劇場ホワイエ
11:00〜 入棺体験会
実際に仏様がお入りになる棺(ひつぎ)を用意されます。棺って居心地がいいんだろうか、狭いのか、それともいい匂いがするのか。いずれ私たちが絶対に入ることになる棺を、前もって体験できてしまう入棺体験会です。

◎第4会場 アリオスカフェ・カンティーネ
11:00〜 つどいの場食堂
第4会場はアリオスカフェで楽しむ「つどいの場食堂」。各地のつどいの場で提供されている食事、愛情とおいしさが込められた「つどいめし」を実際に味わうことができます。

さらに詳しい情報は、igoku公式ウェブサイト https://igoku.jp/ に公開されます。ウェブサイトもぜひチェックしてみて下さい。

主催・問い合わせ先
いわき市 保健福祉部 地域包括ケア推進課
電話番号:0246-22-1202
ファクス番号:0246-22-1289


3/11(日)いわき潮目劇場 カルチャーショックプログラム 朗読劇「この土手、ゆるがじ ー磐城平城 丹後沢の由来―」(再演)@もりたか屋

平成29年度 文化庁 文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業
いわき潮目劇場 カルチャーショックプログラム
朗読劇「この土手、ゆるがじ ー磐城平城 丹後沢の由来―」(再演)

人の命を捧げることで、とてつもない力がはたらくといわれる「人柱」。その力は、神や仏の力をも超えるとも考えられている。磐城平城を築城する際も、菅波村の95歳の老人・丹後が人柱となったといわれおり、丹後沢という沢の名は、人柱となった丹後の願いによって名付けられたといわれている。なぜ、丹後は人柱になったのか。なぜ、人柱にならなければならなかったのか。
昨年、沢山の方にご好評いただいドラマリーディング「この土手ゆるがじ ―命を賭して為すべきことがある―」を再演します。
人はいかに生き、何を遺すか。郷土に伝わる物語を紐解けば、見馴れた風景の向こう側に新しい故郷が見えてくる。

この土手2先行チラシFIX170109修正_01

脚本
夏井 芳徳(いわき地域学会 副代表幹事)
作・演出
小林 基(NPO法人Wunder ground、演劇結社 スナフ缶)
キャスト
酒井 悠太(劇団ギャング団、NPO法人Wunder ground)
阿部 嘉明(演劇集団黒ヒゲキャラバン)
新田 誠(演劇集団黒ヒゲキャラバン)
蛭田 智道(劇団いわき小劇場)

日時:平成30年3月11日(日)1st 13:00~/2nd 17:00~
(受付:各開場30分前、上演時間 約70分)
会場:アートスペースもりたか屋(いわき市平三町目34 2F)
   駐車場はございません。お車でご来場の際は、近隣の有料駐車場をご利用ください

入場料:無料(未就学児入場不可)
下記申込み窓口まで、「氏名」「年齢」「住所」「電話番号」「E-mail」をお伝えください。氏名や連絡先等の個人情報は、本公演実施以外の目的には使用いたしません

問合せ・お申し込み先
いわき市 文化スポーツ室 文化振興課
 〒970-8686 いわき市平字梅本21
TEL:0246-22-7544 FAX:0246-22-7552
E-mail:bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp

主催:いわき潮目文化共創都市づくり推進実行委員会、いわき市、特定非営利活動法人Wunder ground

あらすじ
関ヶ原の合戦の翌年、今なお燻る戦乱の気配を鎮めるべく、徳川家康は東国の要所・飯野平に強固な城作りを命じる。
その任を拝命し、十万石の大抜擢を受けるは武士の鑑と称えられた父を持つ鳥居忠政。
しかし徳川の威信を賭けたこの大工事は度重なる堀の決壊により窮地に追い込まれる。
その工事の行く末をじっと見守る飯野平の老翁、丹後。貧しき身分にやつす彼もまた、かつて地獄と例えられた東国の戦火を駆け抜けた一人の武士であった――