カテゴリー別アーカイブ: NPO

10/14「玄玄天」 いわきの現代美術の系譜~緑川宏樹編~@アートスペースもりたか屋

いわきまちなかアートフェスティバル「玄玄天」
いわきの現代美術の系譜 ~緑川宏樹編~

いわき現代美術の先人たちの足跡を次世代へと繋いでいく「いわきの現代美術の系譜」シリーズ第2弾。
昨年の松田松雄に続き、今年は走泥社出身の鬼才、陶芸家・緑川宏樹の生涯に迫ります。
「紙ヒコーキ」や「裂」など、前衛的で野心的な作品に込められた思い、
設立にあたって主導的な役割を果たした市民ギャラリーやいわき陶芸協会について、
その足跡を振り返り、4名のゲストがいわきの現代美術の系譜を紐解きます。

21618151_1486490704770228_1694375886_o

登壇者(五十音順)
○ 織田 好孝(おだ よしたか)
  織田歯科医院院長。緑川が制作に集中できる環境を整えようと「陶友会」を組織。以後、同会は約10年にわたり、物心両面で緑川を支えた。
○ 上遠野 良夫(かとおの よしお)
  写真家。いわき市美展写真の部会長。緑川の作品を多数撮影するなど、親交が深かった。
○ 新谷 辰夫(にいたに たつお)
  陶芸家。いわき陶芸協会顧問。いわき陶芸協会立ち上げの際の中心メンバー。
○ 吉田 隆治(よしだ たかはる)
  元いわき民報常務取締役編集制作局長、いわき地域学會代表幹事。公私にわたり緑川と交流。

日時:2017/10/14(土)14:00~17:00(開場13:30)
会場:アートスペースもりたか屋(いわき市平三町目34)
料金:1,000円
定員:50名

お申し込み・お問い合わせ
 氏名・参加人数・電話番号・メールアドレスをご記入のうえ、メールかFAXでお申し込みください(Facebookの場合は参加ボタンをクリック)。
 Tel 090-9538-5804(会田)
 FAX 0246-23-6566
 E-mail gengenten@gmail.com

21618364_1486490714770227_1207876828_o

主催:特定非営利活動法人Wunder ground
後援:福島県、いわき市教育委員会

助成:平成29年度いわき市まち・未来創造支援事業補助金


9/17- GYO-TAKU ~スケッチブック片手に オリジナル魚図鑑をつくろう~@久之浜・大久

スケッチブックを手に、港に出かけよう!
港を探索したり、間近で船を見たり、
漁師さんからお話を聞いたり、
歩いて・見て・聞いて・発見したことは
どんどんスケッチブックに書き込んでいきます。
最後にはみんなのページをまとめて、
自分たちだけのお魚図鑑をつくりましょう。

21745130_1485931221492843_2097579206_o

【スケジュール】全日程参加できなくても構いません。予め参加できない日程がわかった場合は、スタッフまでお知らせください。内容は変更になる場合がございます。
① 「図鑑のつくりかた」
9/17(日)10:00~12:00@久之浜・大久ふれあい館2階 和室
自己紹介・久之浜でとれる魚をつくってみよう
② 「船のページづくり」
10/15(日)9:00~12:00@久之浜漁港
漁港探検・船のスケッチ
③ 「魚のページづくり」
11/12(日)9:00~12:00@久之浜漁港
漁港探検・魚のスケッチ
④ 「漁師のページづくり」
12/17(日)9:00~12:00@久之浜漁港
漁師さんにインタビュー
⑤ 「図鑑の完成」
1月某日(決まり次第お伝えします)9:00~12:00@久之浜・大久ふれあい館2階 和室
  描いたページをまとめて図鑑を完成させよう

【服装・持ち物】動きやすい服装・帽子・飲み物
サンダルはご遠慮ください。スケッチブックや筆記用具等はこちらでご用意いたします
【対象】小学3年~6年生
久之浜・大久在住の小学生を優先させていただきます
【定員】15名
申込多数の場合は、厳正なる抽選のうえ決定させていただきます。当選された方には、9/12までにご連絡をいたします
【参加費】無料
【お問い合わせ・申し込み先】参加申込書に必要事項を記入のうえ、郵送またはE-mailにてお申し込みください。
・参加者名・ふりがな
・小学校名
・学年
・住所
・電話番号

特定非営利活動法人Wunder ground(ワンダーグラウンド)
〒970-8026 福島県いわき市平字白銀町2-10 TATAKIAGE BASE201
TEL:090-5849-5347 E-mail:info@wangura.net

※ お預かりしました個人情報は、本事業の活動のご案内のみに使用し、第三者への提供、
その他の目的には仕様致しません。

21745181_1485931218159510_379829865_o

【主催】特定非営利活動法人Wunder ground
【共催】いわき市漁協久之浜支部 青壮年部
【後援】いわき市
【協力】オルタナティブスペースUDOK.  青少年育成市民会議 

この事業は、福島県「平成29年度ふるさと・きずな維持・再生支援事業」の補助金の交付を受けて作成しています


7/20-10/4いわきの「戊辰戦争」~明治新政府軍と奥羽越列藩同盟軍の戦いから149年~@LATOV

平成29年度 文化庁 文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業
いわきの「戊辰戦争」~明治新政府軍と奥羽越列藩同盟軍の戦いから149年~

チラシいわきの戊辰戦争_01

薩摩藩、長州藩、土佐藩などによる明治新政府軍と、奥羽越列藩同盟の諸藩などが戦った「戊辰戦争」。
来年は「戊辰戦争」から150年の節目を迎えます。いわきの地でも1868年6月から、「戊辰戦争」が繰り広げられました。いわきの地での「戊辰戦争」の経緯や状況を一緒に学んでみませんか?
また、そこから、これからの時代に必要な事がらを学び取ってみましょう。

【日 時】平成29年7月20日(木)~10月4日(水)(全6回) 各回18:30~20:00

【会 場】いわき産業創造館(〒970-8026 いわき市平字田町120番地LATOV6F)

【講 師】いわき地域学會 副代表幹事 夏井 芳徳 氏
講師プロフィール
1959年12月 福島県いわき市平生まれ
1983年3月 京都大学文学部国語学国文学科卒業
1999年4月 いわき明星大学人文学部現代社会学科非常勤講師
2014年11月 「石熊村キツネ裁判―『三川タイムス』取材ノート」で第67 回福島県文学賞(小説・ドラマ部門)正賞受賞
2015年4月 いわき明星大学客員教授
いわき地域学会副代表幹事、いわき総合図書館館長

【カリキュラム】
1、新政府軍の平潟上陸 ~新政府軍と仙台藩のやりとり~
日時:平成29年7月20日(木) 18:30~20:00
会場:いわき産業創造館 会議室1
概要:1868年6月16日、午前10時頃、新政府軍の軍艦3艘が平潟沖に姿を見せた。その時、平潟港を警護していたのは仙台藩だった。新政府軍はちょっと変わった上陸作戦に出た。さて、その作戦とは?

2、勿来での決戦 ~奥羽越列藩同盟軍の平潟港奪回作戦~
日時:平成29年8月2日(水) 18:30~20:00
会場:いわき産業創造館 セミナー室
概要:新政府軍に奪い取られてしまった平潟港。そこを奪い返そうと、奥羽越列藩同盟の仙台藩や磐城平藩などが勿来に兵を差し向けた。さて、そこで、どのような戦いが繰り広げられたのか?

3、新田山での決戦 ~泉館、新田山、湯長谷館での攻防~
日時:平成29年8月23日(水) 18:30~20:00
会場:いわき産業創造館 企画展示ホールA
概要:いわきの泉藩や湯長谷藩は、どのように新政府軍と向かい合ったのか? また、渡辺町の新田坂(山、峠)では激戦が繰り広げられたが、その戦いはどのようなものだったのだろうか?

4、笠間藩神谷陣屋の受難 ~中神谷から薬王寺、八茎へ~
日時:平成29年9月13日(水) 18:30~20:00
会場:いわき産業創造館 セミナー室
概要:いわき市平中神谷あった笠間藩の神谷陣屋。笠間藩は奥羽越列藩には加わらなかったので、磐城平藩などから圧力を受けた。その圧力とはどのようなものだったのか、そして、笠間藩神谷陣屋は最後、どうなったのか?

5、磐城平城での決戦(1) ~決戦前夜の状況~
日時:平成29年9月21日(木) 18:30~20:00
会場:いわき産業創造館 セミナー室
概要:泉藩、湯長谷藩を落とし、3つのルートから磐城平に迫る新政府軍。沼之内、七本松、堀坂などで奥羽越列藩同盟軍を破り、どんどん突き進む。そして、いよいよ決戦の時を迎える。

6、磐城平城での決戦(2) ~7月13日 決戦はじまる~
日時:平成29年10月4日(水) 18:30~20:00
会場:いわき産業創造館 企画展示ホールA
概要:1868年7月13日、早い時刻から、新政府軍による磐城平城への総攻撃が始まった。この戦いの中ではさまざまなドラマがあった。その一つひとつを取り上げ、一緒に学ぼう。

チラシいわきの戊辰戦争_02

【定 員】80名 ※ 定員となり次第募集を終了致します。
【参加費】無料
【主 催】NPO法人Wunder ground
【共 催】いわき市
【後 援】いわき地域學會

【お申し込み方法】
チラシに記載の受講申込書に必要事項をご記入頂き、ファックス(0246-22-7552)か電子メール(bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp)のいずれかによりお申し込みください。
【申込期限】平成29年6月30日(金) 必着

【お問い合わせ先】
いわき市 文化スポーツ室 文化振興課
〒970-8686 いわき市平字梅本21
TEL:0246-22-7546 FAX:0246-22-7552
E-mail:bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp

NPO法人Wunder ground(ワンダーグラウンド)
〒970-8026 いわき市平字白銀町2-10 TATAKIAGE BASE 201
E-mail:info@wangura.net


3/6振り返るアートのちから はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト2015クロージングフォーラム 「アートは何を残せたか 震災から5年の福島・アート・地域」@福島県立博物館 講堂

明日(3/6)…下記 フォーラムにWunder groundの会田が登壇します。
お時間のある方はぜひ足をお運びください。

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト2015 クロージングフォーラム
「アートは何を残せたか 震災から5年の福島・アート・地域」
クロージングフォーラム A4チラシ_01

クロージングフォーラム A4チラシ_02

 

PDFデータはこちら… クロージングフォーラム A4チラシ

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト ウェブサイト(http://hamanakaaizu.jp/ )より。

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトでは、アートプロジェクトを中心にトークイベント、ワークショップ、展覧会などを福島県内外の諸団体と協働して2012年から実施してきました。
東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故によってもたらされた被害と復興の記録、将来の復興を担う子どもたちへの取り組み、コミュニティの再生、福島の現状の発信などを目的に掲げています。
同じく重要な目的が、福島県内でのアートを介したネットワークの形成、これまでにない新たな視点を持った文化の創出です。
本フォーラムでは、これまで国内の多くのアートプロジェクトを支援し、ネットワーク化を推進してきたアサヒビール芸術文化財団事務局長加藤種男氏をお招きし、本プロジェクト参加作家、携わったNPO法人スタッフ、博物館学芸員と福島とこの国の文化政策について対話を行ないます。
震災後、原発事故後の福島でアートや文化が何を残せたか、これから何を生み出せるのか。震災・原発事故から5年目を迎え、ますます重要になってくるであろうアートや文化について、みなさんと共有し語り合う場としたいと思います。

【開催日時】
2016年3月6日(日)14:45~18:30

【特別講演講師】
加藤種男氏(アサヒビール芸術文化財団事務局長)

【講演講師】
岡部昌生氏(美術家)

【報告】
二上文彦氏(南相馬市博物館学芸員)
会田勝康氏(NPO法人Wunder groundコミュニティコーディネーター)

【モデレーター】
赤坂憲雄(はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会委員長)

【会場】
福島県立博物館講堂
(福島県会津若松市城東町1-25)

【入場料・お申込】
入場無料・申込不要

【主催】
はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会

【タイムスケジュール】
前半では、これまで協働のパートナーとして南相馬市で「岡部昌生フロッタージュプロジェクト」「福島写真美術館プロジェクト」に携わった南相馬市博物館学芸員の二上文彦氏、いわき市で「いわき七夕プロジェクト」に携わったNPO法人 Wunder ground コミュニティコーディネーターの会田勝康氏による事業報告を行います。
後半は、はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトに参加し、南相馬市・飯舘村・大熊町・石川町などで震災や原発事故の記憶の記録に取り組んできた美術家の岡部昌生氏による講演と、全国各地のアートプロジェクトへの支援、ネットワーク化を進めてこられた加藤種男氏による特別講演。 最後に、実行委員会委員長の赤坂憲雄がモデレーターを務め、出演者全員の登壇によるクロストークを行い、福島でのアートプロジェクトの可能性を会場の皆さんと共有します。

14:45 あいさつ(赤坂委員長)
14:50 はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト事業報告(事務局:矢吹・小林)
15:10 【報告】いわき市でのプロジェクトについて(会田勝康氏)
15:30 【報告】南相馬市でのプロジェクトについて(二上文彦氏)
15:50 休憩
16:00 【講演】フロッタージュプロジェクトが伝える福島/フクシマ(岡部昌生氏)
16:45 【特別講演】アートプロジェクトと地域文化(加藤種男氏)
17:30 クロストーク(加藤種男氏・岡部昌生氏・二上文彦氏・会田勝康氏)
18:30 閉会

講演講師・報告者のプロフィールは別添の「アートは何を残せたか 震災から5年の福島・アート・地域」A4チラシデータをご参照ください。


人柱-HITOBASHIRA-を考える~史実なのか?それとも伝説なのか?~ 勉強会 始まりました!

昨日 18:30より、【人柱-HITOBASHIRA-を考える~史実なのか?それとも伝説なのか?~ 】の講座1回目“磐城平城の「人柱」と歴史的背景 ”が始まりました。
12512354_953705048029582_2949492075887987777_n

大変多くのご応募をいただいたため定員を増やしましたが、本日100名近くの方が受講されています!
すげー(((o(*゚▽゚*)o)))

12790982_953705044696249_3754486650078603673_n

【人柱-HITOBASHIRA-を考える】とは?
人の命を捧げることで、とてつもない力がはたらくといわれる「人柱」。 その力は、神や仏の力をも超えるとも考えられております。 磐城平城を築城する際も、菅波村の95歳の老人・丹後が「人柱」となったといわれおり、 「丹後沢」という沢の名称は「人柱」となった丹後の願いによって名付けられたといわれています。 本勉強会は「人柱フォーラム(仮称)」を開催するにあたり、数回にわたって「人柱」についての勉強会を するものです。「人柱」にまつわる話から歴史的背景を読み取り、現在と照らし合わせることで、 あらたなまちづくりのヒントが見出せるかもしれません。
12695587_963942267025077_1556045310_o

12696887_963942273691743_1993088586_o