タグ別アーカイブ: 川前・三和・小川

10/14-11/5 いわきまちなかアートフェスティバル「玄玄天」~産土(うぶすな)~@平・小川

まちあるきの中で世界中の作家が造り出したアート作品と出会う現代美術の祭典「玄玄天」。
今年も、いわき駅前中心市街地を会場に、10/14〜11/5の期間で開催します!
2017年のテーマは「産土(うぶすな)」。鬼才たちの土に纏わるアートの世界を 巡ってみませんか?

最新情報や詳細は玄玄天のウェブサイトでチェック!
Web http://gengenten.net/
FB https://www.facebook.com/gengenten

21745124_1485957304823568_415131969_o

■ 玄玄天とは?
まちあるきの中でアートと出会う現代美術の祭典です。
芸術祭のタイトルは、、いわきが生んだ偉大な詩人 草野心平 が創った「空のむこうの遠くて見えないもの」を示そうとしている詩から拝借しています。まちなかという「日常」にアートがあることで“観客とまちと現代美術それぞれに地続きな繋がりを作り出すこと”を大切にし、非日常と日常の境界で、私達がいま 何をみることができて 何をみることができないのか…美術の力を借りて問いたいと思います。

■ 2017年テーマ「産土(うぶすな)」
いわきで現代美術が盛り上がりをみせていた1970〜80年代。
いわきには、いわき市民ギャラリーやいわき陶芸協会の設立に主導的な役割を果たした 緑川宏樹 という前衛陶芸家がいました。
土と対話し、ただひたすらに美を追求しつづけた現代陶芸家・緑川宏樹。
いわきの地に「オブジェ焼き」(実用性まで削ぎ落とした前衛陶芸)をもたらし、真摯に美に向き合うその姿は、同時代にいわきで活動していた松田松雄をはじめとする他の現代美術家達に大きな影響を与えました。
全ての命が還っていく土。循環して新しい命が生まれる土。
緑川宏樹氏と全ての命に敬意を表し、今年のテーマを「産土」としました。

■参加作家
緑川宏樹
谷穹
真木孝成
新谷辰夫
新谷文代
Andreas Kressig
詫摩昭人
居村浩平
國盛麻衣佳
藤城光
yukkari工房(スズキユカリ)
山本伸樹
草野奈保子
高木武廣
山野邊孝
能登朝奈
君平
吉田重信
硬軟
十中八九
佐藤香

■イベントスケジュール
○ いわきの現代美術の系譜
  いわき現代美術の先人たちのそくせきを次世代へと繋いでいく「系譜」シリーズの第2弾。
  今回の主題は、走泥社出身の鬼才、陶芸家・緑川宏樹です。
  「紙ヒコーキ」や「裂」など、前衛的で野心的な作品の秘密に迫るとともに、
  設立にあたって主導的な役割を果たした市民ギャラリーやいわき陶芸境界について、
  その足跡を振り返ります。
  日時:10/14 14:00-17:00 
  場所:もりたか屋2F
  料金:1,000円
○ オープニング
  日時:10/14 18:00-20:00
  場所:もりたか屋2F
  料金:無料
○ 玄玄天屋台 in 街コン
  街コンに屋台が登場!
  日時:10/21-22 11:00-16:00
  場所:いわき駅前タクシープール
○ 玄玄天ツアー in 街コン
  日時:10/21-22 14:00-15:00
  場所:いわき駅前タクシープール
    (玄玄天屋台にて受付)
○ COAL PAINT WORKSHOP~石炭を使ってみんなで絵を描こう!~
  石炭を使ってみんなで絵を描くワークショップ。
  アーティスト 國盛麻衣佳が福岡からやってきます。
  誰でも参加OK! 詳細はウェブやパンフレットにて。
  ※ 詳細はウェブサイトやパンフレットをご覧ください

■会場
○ もりたか屋(いわき市平字三町目34番地)
○ いわき芸術文化交流館アリオス(いわき市平字三崎1-6)
  アリオスカフェ/ウォールギャラリー/パークサイドショップ/パークサイトギャラリー
○ 平中央公園(いわき市平字三崎1-6)
○ LATOV(いわき市平字田町120番地)
  3F 大平眼鏡店/6F 光庭
○ さわきや(いわき市平中町23-3)
○ GALLERY YAMANOBE(いわき市平字鍛冶町6)
○ La Stanza(いわき市平三町目8-2 3F)
☆ IWAKI市立草野心平記念文学館(いわき市小川町高萩下夕道1-39)にも作品があります
◎ 玄玄天パンフレット設置予定場所(開催期間中のみ)
  いわき市総合観光案内所/LATOV/もりたか屋/いわき芸術文化交流館アリオスなど

■お申し込み&お問い合わせ
TEL 090-9538-5804(担当:会田) 
E-mail gengenten@gmail.com
Web http://gengenten.net
Facebook https://www.facebook.com/gengenten
Address いわき市平字三町目34(もりたか屋)

21754882_1485957308156901_2014181597_o

主催:特定非営利活動法人Wunder ground(ワンダーグラウンド)
後援:福島県、いわき市教育委員会
助成:平成29年度いわき市まち・未来創造支援事業補助金
協力:いわき藝術文化交流館アリオス、いわき市立草野心平記念文学館、株式会社ラトブコーポレーション、坂本紙店、夜明け市場、もりたか屋、ポレポレいわき、さわきや


【2016年】謹賀新年【申年】

明けましておめでとうございます。
2016年、いわきの正月三が日は穏やかな天気が続きそうですね。

さて、新年初の投稿は…
やはり初詣のレビューで始めたいと思います。

一つ目は小川諏訪神社。
IMG_3398
例年より暖かな気候のためか、心持ちゆっくりと歩く方が多い様子。
通常の露店のほか、フードカーも来ていました。

IMG_3387
拝殿とお焚き上げの様子。

IMG_3379
拝殿の中には大きな天狗がいらっしゃいます。

小川諏訪神社のすぐ近くには白鳥の飛来地がありました。

IMG_3400
手前には鴨ばかりですが、写真奥(上流)の方にはたくさんの白鳥が
飛来していました。

IMG_3408
右を向けは、小川江筋せき。
さて、初詣に戻りまして、もうひとつはお寺の画像を。

IMG_3448
国宝 白水阿弥陀堂です。

IMG_3452
常香炉がありました。煙を浴びて、身を清めます。

IMG_3450
正月三が日は拝観料が無料なのですね!

今年一年、良い年になりますようお願いをしてきました(白水阿弥陀堂は”願成寺”ですしね)!
本年もNPO Wunder ground をよろしくお願い致します。


7/26 小川郷駅開業100周年記念事業「最も大きな腕組み乾杯」【JR小川郷駅】

今週末の7月26日(日)、小川郷駅前では小川郷駅開業100周年記念して「最も大きな腕組み乾杯」が行われます! 100周年記念事業は先行して「春の小川で草木をまとう」ワークショップ等が開催されていますね。

11667032_586706448137664_1953092318_n

参加者が前後に腕を組んで、乾杯の合図で(小川の特産品を目指して栽培されているフェイジョアを使った)フェイジョアティーを全員で一斉に飲むことで「最も大きな腕組み乾杯」のギネス世界記録に挑戦します。
小川郷駅~いわき駅の磐越東線 距離10.3kmにちなんで、記録更新の1,030人を目標としておりますので、皆様の協力が必要です!
※「最も大きな腕組み乾杯」への参加申込みは、FAXもしくは電子メールでお願いします。
必要事項は、参加者全員のお名前、年齢と連絡先電話番号です。
FAX 0246-83-2754
E-Mail momma-m-1@city.iwaki.fukushima.jp

11696847_586706518137657_972556845_n
当日朝9時30分に小川郷駅前にて受付をいたしますので、ぜひギネス記録に挑戦しましょう!!(参加費として100円が必要です)
アイくるガールズとフラダンスのハーラウ ラウラーナニも応援に駆け付けてきてくれますよ♪

同時開催:
(時間は下記スケジュール をご覧ください)
・特設ステージ アイくるガールズ 特別ライブ
・特設ステージ ハーラウ ラウラーナニ フラダンス公演
・復活盆踊り大会
・小川町じゃんがら念仏踊り大会
・小川郷駅舎寄席
・ミニSL運行
・地場産品の販売
・新幹線ペーパークラフト作成

日時:平成27年7月26日(日)※雨天決行
会場:JR小川郷駅周辺
参加料:100円
スケジュール:
9:00 オープニングセレモニー
9:15 記念式典
9:30 ギネス世界記録参加受付
10:45 最も大きな腕組み乾杯スタート
11:30 ハーラウラウラーナニ フラダンス公演
12:00 ギネス世界記録結果発表&表彰式
12:30 アイくるガールズ特別ライブ
13:00 小川郷駅舎寄席
16:00 小川町じゃんがら念仏盆踊り大会
19:00 復活盆踊り大会/
詳しくは小川地域振興協議会facebookページ(https://www.facebook.com/events/412862842171529/
)をご覧下さい
熱中症対策をしてお越しください!!

お問い合わせ先:
小川郷駅開業100周年事業実行委員会
電話 0246-83-1111/


6/5-25小川郷駅100周年記念事業 企画展「春の小川で草木をまとう」@LATOV

いわき市小川町の中心にある「小川郷駅」が今年100周年を迎えます。

7月26日に開催される記念事業を迎えるにあたり、毎月プレ事業を開催し広報周知とあわせ、記念事業への参加を募っております。

そのプレ事業の一環とし、5月23日(土)~24日(日)に開催されたワークショップ「春の小川で草木をまとう」で撮影したポートレートの展示会をラトブ開催致します。

また、展示期間中においては、小川郷駅の写真の展示も数点展示し、記念事業の周知を図るだけでなく、いわき市小川町を多くの方に知ってもらうことを目的に開催致します。

この機会に、是非とも、ラトブに足をお運びください。

11282520_841318672620771_15800760_o

-小川郷駅100周年記念事業 企画展- 春の小川で草木をまとう

■展示期間: 平成27年6月5日(金)~平成27年6月25日(木)

■会  場: LATOV(いわき市平字田町120番地)

 ・2階吹き抜け

 ・1階フローリスト花磯向いの空き区画

■展示内容: 5月に開催した「春の小川で草木をまとう」の写真展

      小川地区、小川郷駅についての写真や情報など

■問合せ先:小川郷駅開業100周年事業実行委員会(0246-82-1111)

■主  催:小川郷駅開業100周年事業実行委員会、特定非営利活動法人Wunder ground


5/23-24 春の小川で草木をまとう~小川郷駅100周年記念プレ事業~/小川郷駅・小川公民館

二ツ箭山の青々とした山々に囲まれ、夏井川が流れる自然豊かな小川。
そんな豊かな自然包まれた小川郷駅は、その自然と人が共に生きてきた
歴史をも刻んでおります。
今回、小川郷駅100周年しまして、小川の自然に触れて、学び、楽しむ
ワークショップ「春の小川で草木をまとう」を開催致します。
小川郷駅の歴史に触れながら、小川の草木を摘みそれを衣装にしてまといます。
完成したらカメラマンの白土亮次さんによるポートレートの撮影を行います。
自然と歩んできた小川郷駅の歴史を学び、草花の命を全身で感じ表現することで、
考える力や想像力、表現力を豊かにし、心を育みます。

 

 

 

 

 

春の小川で草木をまとう表_200_01 春の小川で草木をまとう裏_200_01

 

 

フライヤー(PDF) 春の小川で草木をまとう表_200

          春の小川で草木をまとう裏_200
■日 時:5月23日(土)-24(日)
■会 場:小川郷駅及び小川公民館
※小川公民館にお集まりください。
■定  員:30名程度
■参加費:1,000円(材料費)

スケジュール
5月23日(土) 準備(開催日前日)
13:00~ 集合(小川郷駅)
13:10~ 説明・草木の採取・会場設営
15:40~ 採取した草木を回収・準備物の確認
16:00~ 明日の説明
16:00~ 解散

5月24日(日) 春の小川で草木をまとう(仮称)
8:50~ 集合・受付
9:00~ 説明。草木を活ける・仕上がった段階で写真撮影
12:00~ 集合写真
13:00~ 解散

■準備物:ハサミ、長靴、軍手、虫よけスプレー、(ある人は鎌)
■服装:長袖、長ズボン・動きやすい服装

■参加作家
片桐功敦氏(大阪府) 華道家
1998年大阪府堺市のいけばな流、花道みささぎ流家元を襲名。
2001年より現 在に至るまで毎春、桜一色のいけばな作品を発表。
2011年桜シリーズの集大成として佐川美術館で桜数万本を生けあげた作品を展示。
いけばなの作品制作に伴い花の命についての執筆・掲載も多数。
いけばなが源流として持つ「アニミズム」的な側面を掘り下げ、
花を通してひとときの空間を生み出すことに一貫している。

白土亮次氏(いわき市)  写真家
1981年福島県いわき市出身 東京工芸大学芸術学部写真学科卒業。
2005年に大阪でカメラマンのキャリアをスタート。現在はいわき市内の印刷会社に勤務。
撮影の仕事に従事しながら、作品制作を続けている。
2011年10月に写真展「blue」、2014年1月にギャラリーコールピットで上遠野真人氏、
鈴木穣蔵氏と共に写真展「トリクローム -三人展-」、7月にアリオスカフェで写真展「猫」を開催。

■主 催:小川郷駅100周年事業実行委員会
特定非営利活動法人Wunder ground(ワンダーグラウンド)
■お申込み方法
所定申込書に必要事項をご記入の上、小川郷駅100周年事業実行委員会事務局へ。
E-mail ・FAX(0246-83-2754)・直接持参のいづれかの方法にてお申込み下さい、(先着順)

■お問合せ・お申込み先
特定非営利活動法人Wunder ground(ワンダーグラウンド) 担当 阿部
TEL  090-2997-1849
FAX 0246-83-2754 (FAX送信先:小川支所地域振興担当TEL:83-1111)
E-mail  lift047@gmail.co.jp

※本プログラムは「小川郷駅100周年記念事業」の一環として実施しております。