タグ別アーカイブ:

12/15浜のくらしスタイル@もりたか屋2F

【浜のくらしスタイル】
漁業の町には、沢山の暮らしを営んでいる人がいます。
浜の暮らしスタイルは、いわき市内外の港町で活躍している人たちをゲストにお招きし、そこでの取り組みや暮らし方について、お話しを聞きながら、ゆるく対話をする場です。

a

第1弾テーマ「浜の魅力の伝え方~久之浜についてみんなで考えよう」
今回は地域住民を主体とした「地域協育」と「移住定住促進」を軸に、地域に根ざした様々な活動を展開している一般社団法人 まるオフィスの加藤拓馬さん、根岸えまさんをお招きしまして、ご自身の取り組みについてお話しいただきます。
お浸りは震災後、ボランティアに訪れたことがきっかけとなり、人口7000人の漁村、唐桑町(宮城県気仙沼市)に移住されました。漁業の町の魅力や、その魅力を活かした事業のつくりかた、地域に移住することについての不安など…今回は、「地方」や「移住」の気になるあんなことやこんなことまで、お聞きしてみましょう。

日時  2017年12月15日(金)18:30-20:30
会場  もりたか屋2F(いわき市平三町目34)
参加費 無料
講師
・ 加藤拓馬さん(一般社団法人まるオフィス代表理事/宮城県気仙沼市唐桑町)
・ 根岸えまさん(一般社団法人まるオフィスローカルマネージャー/宮城県気仙沼市唐桑町)

「じもとまるまるゼミ」とは
気仙沼の地元の漁師さんはじめ、いろんな大人が先生になって、地元の中高生が地元のくらしや仕事を半日間体験できる地域塾を開催しています。(http://maru-zemi.com)
気仙沼市移住・定住センター「MINATO」も運営しています
仕事やサークルなどのくらし情報発信、移住経験者による相談窓口、地域のサポーター人材の紹介、空き家バンクと連携した物件情報、地域暮らし体験、お試し移住プログラム、移住者やサポーターの交流会開催…など、気仙沼にくらす人・あつまる人・応援する人、それぞれの想いに寄り添う、くらしの総合窓口としての運営を行っています(http://www.minato-kesennuma.com/)

申込方法 必要事項(氏名・ふりがな・郵便番号・住所・電話番号・E-mailアドレス)をご記入頂き、E-mailかお電話でのいずれかにより、お申込みください。
E-mailでのお申込みの際は、件名に「浜のくらしスタイル申込」を記載のうえ、本文に上記必要事項をご記載ください。

【お問合せ・お申し込み先】
特定非営利活動法人Wunderground
いわき市平字白銀町2-10 TATAKIAGE BASE201
TEL:090-5849-5347(担当:榊)
E-mail:info@wangura.net

主催  特定非営利活動法人Wunder ground

本事業は平成29年度ふるさと・きずな維持再生支援事業の採択を受け実施しております。


10/25 海と山の結婚式〜草木をまとって自然を祝福しよう〜【南相馬市原町区】

子供と草木で遊ぶワークショップ
海と山の結婚式〜草木をまとって自然を祝福しよう〜

チラシ表A3

こどもたちが草花をとおして自然と一体になって、「山」と「海」をつなぐ(結婚させる)コンセプトのアートワークショップです。各々好きな野の花を自由に身にまとって、自然とふれあいを楽しみます!
草花の意匠が完成したら、海辺へ出てポートレート写真を撮影します。写真は後日参加者のみなさまへプレゼントするほか、南相馬市博物館のエントランスホールに展示されます。

草花をとおして、自然の大切さ・いのちの尊さを感じながら、豊かな想像力・表現力や心を育てます。

今回のワークショップにつきましては、当団体もスタッフで参加いたします!いわきから、沢山のお花をお届けできればと思います。ご興味、関心のある方は、お気軽にご連絡ください!

チラシ裏

●日時:2015年10月25日(日)午前10時〜午後4時

●会場:北泉シーサイドパーク 丘の広場・北泉海岸
(南相馬市原町区北泉字地蔵堂)
※雨天・強風時はよつば保育園(南相馬市原町区西町2-34-1)に変更します。
変更の場合は前日にご連絡します。

●講師:
<講   師>  片桐功敦(花道みさささぎ流家元)
<カメラマン>  白圡亮次
<パフォーマンス>李美喜

●定員:25名 ※定員になり次第、受付を終了します。

●参加費:無料

●お申し込み方法
所定の申込書に必要事項をご記入の上、南相馬市博物館へお申込みください。

●主催:海と山の結婚式実行委員会
●共催:南相馬市博物館 みささぎ会
●協力:特定非営利活動法人みんな共和国
I am flower project
特定非営利活動法人Wunder ground


8/11第2回「浜の夏祭り」~久之浜・大久地区盆踊り及び花火大会~

「ただいま」と「おかえり」が、ふるさとの夜空に響きわたる-。

福島県いわき市 久之浜・大久地区

第2回「浜の夏祭り」~久之浜・大久地区盆踊り及び花火大会~

東日本大震災および福島第一原子力発電所の事故により被害を受け
いわき市久之浜・大久地区では、早期の復旧のため防潮堤や緑地帯の整備は
進んでいますが、避難によりバラバラになった住民のコミュニティの再生など、
真の復興はこれからです。
いわきの北のはずれに位置するこの地区では、双葉郡から避難してきた方、
新たに整備された災害公営住宅で4年ぶりに故郷での生活を再開した方、
いまだ避難を余儀なくされている方、そして震災後もふるさとで暮らしてきた
地域住民など、様々な境遇の方が関わって、コミュニティの再構築を目指しています。

本大会におきましては、久之浜漁港において、盆踊り及び花火大会を開催する事で、
地域の伝統文化(盆踊り)を次世代に継承するとともに、交流の場を提供し、
すべての人たちが思いを同じく、新たなコミュニティを形成しながら、
復興に進んでいくためのきっかけとなることを期待するものであります。

s浜の夏祭り_表 s浜の夏祭り_裏

■開催目的
○東日本大震災で亡くなられた方へ追悼の意と久之浜の新たな発展の願いを込めた花火の打上げ
○盆踊り等、震災以前の催しを復活し、町民の交流をはかり活気を取り戻す
○地域内の住民だけでなはなく、復興公営住宅及び仮設住宅に住んでいる方にも足を運んで頂き、
地域の交流促進を図る

■日 時:平成27年8月11日(火) (13:00~20:40) ※荒天中止

13:00~20:00 露店・各種催し・ステージイベント

出演予定
民芸衆団 奏鳴曲(みんげいしゅうだん ソナタ)、SuzKen、のまど舎、ハンゾウ、泰楽五郎、花音、 イエロードラゴン、渡辺俊美、アイくるガールズ、みつもり太鼓、海神(わだつみ)乱舞

19:00~19:10(10分間) Light Up Nippon
19:00~20:00 盆踊り
20:00~20:40 打ち上げ花火

■場 所:福島県いわき市久之浜町 地内

アクセス お車の場合:常磐自動車道 いわき四倉I.Cから 約15分

電車の場合:JR常磐線「久之浜駅」下車・駅より徒歩 約5分

花火大会開催日の8月11日は、会場周辺の車両通行止めを含む交通規制が行われますので

ご注意ください。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご協力をお願いいたします。

※ 統一、会場周辺に駐車場はございませんので、公共の交通機関をご利用ください

 

■主 催:久之浜・大久地区 浜の夏祭り 実行委員会
久之浜漁業協同組合青壮年部、一般社団法人Light Up Nippon

■後 援:いわき市 いわき商工会議所、特定非営利活動法人Wunder ground

■問い合わせ先
久之浜・大久地区 浜の夏祭り 実行委員会
〒979-0333 いわき市久之浜町久之浜字北町39(浜カフェ内)
TEL:090-9537-5551(代表:吉田)090-2997-1849(担当:阿部)


3/1天まであがれ 光の鳥を久之浜の空に飛ばそう@久之浜第一小学校 体育館

天まであがれ 光の鳥を久之浜の空に飛ばそう

 

「たこ たこあがれ 風よくうけて 雲まであがれ 天まであがれ」

みなさんと凧作りにチャレンジ!

光の鳥を描いた凧を、参加者のみなさんと楽しみながらつくります。

皆さんの思いを乗せ、久之浜の大空にたくさんの光の鳥を飛ばしましょう。

久之浜文化祭プロジェクトは、久之浜第一小学校を舞台に、文化と芸術を

楽しみながら子どもたち、地域のみなさん、学校そして他地域のみなさんとの

交流の場をつくろうとするものです。

その第一弾として、いわき市在住の美術家・吉田重信さんと久之浜第一小学校の

松本光司校長先生に講師をお願いしてワークショップを開催します。

光の鳥omote光の鳥ura

 

チラシ(PDF版)はコチラ → 光の鳥pdf

 

日時:3月1日(土)9時30分~12時
会場:久之浜第一小学校 体育館
参加費:無料
申し込み:不要
定 員:80名(材料がなくなり次第、終了となります。)
講 師:吉田重信さん(美術家) 、松本光司さん(久之浜第一小学校校長)
○講師プロフィール
吉田重信
福島県いわき市生まれ
1980年代後半から活動を始める。1991年いわき市立美術館で自然光の作品「Infinte Light」を発表後、水戸芸術館・宇都宮美術館・広島現代美術館・川村記念美術館・目黒区美術館・岩手県立美術館・東京都写真美術館等にて作品を発表。1995年から自然光を使ったワ-クショップ「虹ヲアツメル・虹ノカンサツ」を国内各地で開催。昨年はいわき市立美術館企画の「みんなで元気になるア-ト・キャラバン」ワ-クショップにて「光る虹」を市内の小・中学生達とコラボレ-ションした活動を展開した。その他、東京・京都・大阪各地で個展及びグル-プ展を開催している。

松本光司
久之浜第一小学校校長。平成23年8月から現職。
「子どもたちと楽しく活動すること」がモットー。今回のワークショップもそのような時間にしたいと考えています。

○ 当日スケジュール
9:30       集合
9:30~ 9:40 挨拶、先生紹介、注意事項
9:40~10:30  光の鳥に絵を描こう
10:30~11:30 光の鳥の凧をつくろう
11:30~12:00 光の鳥を飛ばそう
12:00       解散

<お問い合わせ>
はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会事務局
〒965-0807 福島県会津若松市城東町1-25(福島県立博物館内)
TEL : 0242-28-5986(事務局直通)
FAX:0242-28-6067(福島県立博物館代表)

特定非営利活動法人Wunder ground
TEL : 070-5622-4982
MAIL : info@wangura.net

主催 はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会
共催 特定非営利活動法人Wunder ground
<はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト2013とは>
東日本大震災・東電原発事故から二年、家族・コミュニティの分断がなお進行しつつある福島県において地域のアイデンティティと新しいライフスタイルの構築はいよいよ重要となっています。また支援を受けるだけでなく被災地である福島県からの文化発信が求められる時期にきています。本事業では福島県の人々が自らの文化力を高めることで郷土への自信を回復し、さらに、福島の文化状況を広く県内外まで発信する事でわが国の文化発信にも寄与しようとするものです。そのため、6プロジェクトからなる展覧会・フォーラム・ワークショップ等の開催を通じて、福島県内各地の文化施設・公共スペースを活用し県域を横断する文化ネットワークの構築をめざしています。


3/16・17週末アートスクール「詩人・和合亮一さんと作る海の詩・いわきの詩」@草野心平記念文学館(今日は発表の日)!

昨日は水族館で詩の着想を得ました。

 

あ、なんのことかというと、「週末アートスクール」のいわき編 です。

概要はこちらをご覧ください ↓

3/16・17週末アートスクール(詩人・和合亮一さんと作る海の詩・いわきの詩)@いわき! | Wunder ground http://p.tl/5qbz

 

さて、昨日の振り返り。

 

昨日(3月16日)のスケジュールはこんな感じ。
9:30送迎バス郡山駅前出発
11:00いわき駅前(ミスタードーナッツ前)着(予定)
11:15いわき市役所前 停車
12:00アクアマリンふくしま到着 アクアマリンふくしま周辺で各自昼食
12:50集合・受付(アクアマリン入口付近)
13:00アクアマリンふくしまで詩作ワークショップ
オリエンテーション・見学・詩作
17:30いわき湯本温泉着
18:30夕食・温泉

 

まず、海の詩をつくるため、アクアマリンふくしまへ。

講師は詩人の和合亮一さん。

熱の入ったお話しに、真剣に聞き入るみなさん。

 

 

CIMG8687

 

 

 

CIMG8696

 

 

講義の後は、水族館をまわって海の生き物たちを観察。

CIMG8728

観察。

CIMG8728

 

じっくり観察。

CIMG8741

キレイ(*^-^*)

CIMG8754

みなさんいろいろなところに着目。その視点が大事なのです。

CIMG8778

この壁画もかわいい!

CIMG8793

持ち帰った詩のタネをもとに詩をつくっていきます…

これで一日目は終了。

 

よるは湯本温泉旅館「吹の湯旅館」さんと「こいと旅館」さんに宿泊です。

CIMG8821

さすが温泉街!すばらしい(^o^)/

 

CIMG8825

 

和合さんのご発声で乾杯です!

 

CIMG8832

 

 

そして、今日は草野心平記念文学館で詩作の発表。

 

本日のスケジュールはこんな感じ。

3月17日(日)
8:30いわき湯本温泉出発
9:30草野心平記念文学館着 ワークショップ・詩の発表
12:00草野心平記念文学館出発
12:30いわき駅前着(予定)
14:00郡山駅前着(予定)

 

楽しみですね(参加者のみなさんはドキドキでしょうけれど)!