タグ別アーカイブ: 演劇

2/17朗読劇「この土手、ゆるがじ ~磐城平城 丹後沢の由来~」の情報がラジオで流れます(76.2FM)

本日、朗読劇「この土手、ゆるがじ ~磐城平城 丹後沢の由来~」の情報がラジオで流れます。

SEA WAVE FMいわき(76.2FM)の、09:00~12:00、市民レポーターわがまち発信隊である水品修さんの「サタデープラザ ~わがまち発信隊~」コーナーに出演します。

出演時間は7分間程度の予定ですので、正座してスタンバらなくて大丈夫。お仕事のBGMに、ドライブのお供に、ぜひお聞きいただければ幸いです。
わんぐらは裏方集団なので(ラジオだから顔は出ないけれど)オモテに出るお仕事は滅多にありません…さてどうなる!? 気になる方はオンエアをチェック!

「この土手、ゆるがじ」メンバー ラジオ出演
・日時…2018年2月17日(土) 9:00-12:00のうち7分間程度
・放送局…SEA WAVE FMいわき(76.2FM)
・コーナー名…「サタデープラザ ~わがまち発信隊~」(水品修)

【朗読劇「この土手、ゆるがじ」とは】http://iwaki-shiome.com/project/383/
この土手2先行チラシFIX170109修正_01
平成29年度 文化庁 文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業
いわき潮目劇場 カルチャーショックプログラム
朗読劇「この土手、ゆるがじ ー磐城平城 丹後沢の由来―」(再演)

人の命を捧げることで、とてつもない力がはたらくといわれる「人柱」。その力は、神や仏の力をも超えるとも考えられている。磐城平城を築城する際も、菅波村の95歳の老人・丹後が人柱となったといわれおり、丹後沢という沢の名は、人柱となった丹後の願いによって名付けられたといわれている。なぜ、丹後は人柱になったのか。なぜ、人柱にならなければならなかったのか。
昨年、沢山の方にご好評いただいドラマリーディング「この土手ゆるがじ ―命を賭して為すべきことがある―」を再演します。
人はいかに生き、何を遺すか。郷土に伝わる物語を紐解けば、見馴れた風景の向こう側に新しい故郷が見えてくる。

この土手2先行チラシFIX170109修正_01

脚本
夏井 芳徳(いわき地域学会 副代表幹事)
作・演出
小林 基(NPO法人Wunder ground、演劇結社 スナフ缶)
キャスト
酒井 悠太(劇団ギャング団、NPO法人Wunder ground)
阿部 嘉明(演劇集団黒ヒゲキャラバン)
新田 誠(演劇集団黒ヒゲキャラバン)
蛭田 智道(劇団いわき小劇場)

日時:平成30年3月11日(日)1st 13:00~/2nd 17:00~
(受付:各開場30分前、上演時間 約70分)
会場:アートスペースもりたか屋(いわき市平三町目34 2F)
   駐車場はございません。お車でご来場の際は、近隣の有料駐車場をご利用ください

入場料:無料(未就学児入場不可)
下記申込み窓口まで、「氏名」「年齢」「住所」「電話番号」「E-mail」をお伝えください。氏名や連絡先等の個人情報は、本公演実施以外の目的には使用いたしません

問合せ・お申し込み先
いわき市 文化スポーツ室 文化振興課
 〒970-8686 いわき市平字梅本21
TEL:0246-22-7544 FAX:0246-22-7552
E-mail:bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp

主催:いわき潮目文化共創都市づくり推進実行委員会、いわき市、特定非営利活動法人Wunder ground

あらすじ
関ヶ原の合戦の翌年、今なお燻る戦乱の気配を鎮めるべく、徳川家康は東国の要所・飯野平に強固な城作りを命じる。
その任を拝命し、十万石の大抜擢を受けるは武士の鑑と称えられた父を持つ鳥居忠政。
しかし徳川の威信を賭けたこの大工事は度重なる堀の決壊により窮地に追い込まれる。
その工事の行く末をじっと見守る飯野平の老翁、丹後。貧しき身分にやつす彼もまた、かつて地獄と例えられた東国の戦火を駆け抜けた一人の武士であった――


2/4(日)即興パフォーマンス集団6-dim+(ロクディム)が今年もいわきにやってくる!@いわきアリオス

いわき演劇の会 Presents
即興パフォーマンス集団6-dim+(ロクディム)が今年もいわきにやってくる!

即興でうまれる物語にはあなたの人生の素晴らしさが詰まっている
脚本や台本を用意せず「即興」で「芝居」をする即興芝居をおこないます。先の展開を決めず、今、ここに存在する「自分」と「相手」との「やりとり」から物語をつくっていきます。観客には「言葉・台詞」を書いてもらい、それを公演の中でつかっていきます。ロクディムも観客も先がわからずドキドキ・ワクワク。即興ならではのハプニングにお腹が痛くなるほど大爆笑も。
「小さなお子さま向けプログラム」は通常のロクディムのパフォーマンスとは違い、「即興」をベースにして参加者全員で遊びながら楽しむ場を作ります。ロクディムらしくその場で起こったことを大切にしながら親子で楽しめる時空間ができあがります。お気軽にご参加ください。

いわき演劇の会_180204ロクディムチラシFIX

即興で「芝居×コメディ」をつくる!即興パフォーマンス「この瞬間を一緒に笑おう」
日付:2018年2月4日(日)
会場:いわきアリオス本館3階 中リハーサル室(〒970-8026 福島県いわき市平字三崎1−6)
出演:即興パフォーマンス集団 6-dim+(ロクディム)

① 小さなお子さま向けプログラム
おやこあそび「じゆうにひょうげんして、ものがたりをつくろう!」
時間 10:30~11:30(開場 10:00)
会場 中リハーサル室
料金 こども 200円、おとな 300円
対象 0歳から未就学児までのお子さまとその保護者

② お客さんの書いた言葉が台詞になる!
ロクディムの公演
時間 14:30~(開場 14:00)会場 中リハーサル室
料金 全席自由/ 1,500円、高校生以下 1,000円、3歳未満無料(予約不要)
対象 年齢制限はありません

ご予約:アリオスチケットセンター(10:00-20:00 毎週火曜定休)
 Tel 0246-22-5800
いわきアリオスWEBサイト(24時間受付)
 http://iwaki-alios.jp
※ おやこあそびは電話&窓口のみの受付となります。

お問い合わせ:いわき演劇の会(島崎)
Tel 090-1938-0170

ロクディムウェブサイト
http://6dim.com/

主催:いわき演劇の会(Wunder groundもいわき演劇の会に加盟しています)
いわきを拠点に活動している劇団・芸能団体・観賞団体・企画団体、高校演劇連盟や劇場など、様々な特色を備えた15団体が所属しています。2ヵ月に1度の定例会を通じて、各団体の公演やイベントの情報を共有し、それぞれの活動に関心をもつだけでなく、必要があれば団体の垣根を越えて、お互いにサポートをしあっています。各団体は年代や背景、目的がまったく異なりますが、いわきでより良い演劇を、より多くの人に届けたいという共通の想いのもと、活動を続けています。
また、何年かごとには「いわき演劇の会」が主催・プロデュースをして、ひとつの団体だけでは実現できない大きな公演やイベントを、力を合わせて開催しています。
2013年度には、いわき演劇の会といわきアリオスが主催し、リージョナル・シアター2013「東の風が吹くとき」をつくりあげました。公募で参加者を募り、いわきアリオスでの上演だけでなく、東京の池袋演劇祭への参加も果たし、「25周年記念特別賞」を受賞しています。
2016年度には、いわき演劇の会といわきアリオスが主催し、「いわき演劇祭2016」として、3カ月の期間中に9団体による8つの公演を実施しました。


3/20ドラマリーディング「この土手、ゆるがじ-磐城平城丹後沢の由来-」いわきPIT

命を賭して為すべきことがある――
人の命を捧げることで、とてつもない力がはたらくといわれる「人柱」。その力は、神や仏の力をも超えるとも考えられている。磐城平城を築城する際も、菅波村の95歳の老人・丹後が人柱となったといわれおり、丹後沢という沢の名は、人柱となった丹後の願いによって名付けられたといわれている。
なぜ、丹後は人柱になったのか。なぜ、人柱にならなければならなかったのか。
昨年度実施し、100名以上の受講者があった講座・見学会「人柱-HITOBASHIRA-を考える~史実なのか?それとも伝説なのか?~」に続く、丹後沢・人柱伝説研究のもう一つの成果。いかに生き、何を遺すか。郷土に伝わる物語を紐解けば、見馴れた風景の向こう側に新しい故郷が見えてくる。

タイトル:この土手、ゆるがじ-磐城平城丹後沢の由来-

入稿人柱朗読劇_01
日 時:平成29年3月20日(月・祝)
1St 15:30~/2nd 18:30~
(受付:各会場30分前、上演時間 約70分)

会 場:チームスマイルいわきPIT
(福島県いわき市平祢宜町5-13)
入場料:500円

主 催:NPO法人Wunder ground

脚 本:夏井 芳徳
(いわき明星大学客員教授・いわき地域学會 副代表幹事)
作・演出:小林 基
(NPO法人Wunder ground、演劇結社 スナフ缶)

キャスト:酒井 悠太
(劇団ギャング団・NPO法人Wunder ground)
阿部 嘉明(演劇集団黒ヒゲキャラバン)
新田 誠 (演劇集団黒ヒゲキャラバン)
蛭田 智道(劇団いわき小劇場)

あらすじ:
関ヶ原の合戦の翌年、今なお燻る戦乱の気配を鎮めるべく、徳川家康は東国の要所・飯野平に強固な城作りを命じる。
その任を拝命し、十万石の大抜擢を受けるは武士の鑑と称えられた父を持つ鳥井忠政。
しかし徳川の威信を賭けたこの大工事は度重なる堀の決壊により窮地に追い込まれる。

その工事の行く末をじっと見守る飯野平の老翁、丹後。貧しき身分にやつす彼もまた、かつて地獄と例えられた東国の戦火を駆け抜けた一人の武士であった――

入稿人柱朗読劇_02
問合せ・お申し込み先
いわき市 文化スポーツ室 文化振興課
〒970-8686 いわき市平字梅本21
TEL:0246-22-7546 FAX:0246-22-7552
E-mail:bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp

特定非営利活動法人Wunder ground 事務局(阿部)
E-mail:info@wangura.net
WEB:http://iwaki.wangura.net/


1/29 捨組公演#08 10周年記念公演「いなちけ」(再演) @もりたか屋

捨組公演#08 10周年記念公演「いなちけ」(再演)

郡山の富や蔵で上演された『いなちけ』。
なんと、いわきで再演されることが決定しました!

%e3%81%84%e3%81%aa%e3%81%a1%e3%81%91%ef%bc%88%e5%86%8d%e6%bc%94%ef%bc%89%e3%82%aa%e3%83%a2%e3%83%86

その日、『男』は其処にいた。

製薬会社の跡取り息子と、その婚約者の失踪事件。
古びた店の女店主と占い師。
その日、あの場所に例の男はやってきた。

…よくわからない。憶えているのだけれど、それはよくわからない。別にいいのだけれど。

「いなちけ」 作・演出 ステカセ (原案 芥川 龍之介「藪の中」)

捨組
2005年結成。
以来プロデュースユニットとして現在まで7本のオリジナル作品を発表。
シニカルかつアイロニカルな切り口で、ある一定のシチュエーションにおける群像劇を中腰な感じで打ち出す。

%e3%81%84%e3%81%aa%e3%81%a1%e3%81%91%ef%bc%88%e5%86%8d%e6%bc%94%ef%bc%89%e3%82%a6%e3%83%a9

日時 2017年1月29日(日) ①11:00(未就学児入場可) ②15:00(通常回)
   開場は各開演の30分前

場所 アートスタジオもりたか屋2F(〒970-8026 福島県いわき市平3-34)
いわき駅 徒歩5分(ラトブ裏)
※ 会場に駐車場はございませんので、お車でお越しの際は、お近くの有料駐車場をご利用ください。その他、詳しくはホームページ等でご確認ください(http://moritakaya.jp/)
   ※ 当日、裏口(ラトブ側)は改修中のため、表口の入口右脇にある階段からご入場いただくこととなります。ご注意ください。

料金 一般 1,500円(前売当日共)、高校生以下 1,000円(前売当日共・要学生証)
11:00の回のみ未就学児入場可。要保護者同伴

出演  鳥居 裕美
    佐藤 隆太(シア・トリエ)
    にしやまみゆき
    サトウマナミ(夢精ラヂヲ)
    小田島 達也(シア・トリエ)
    鈴木 優斗(劇団120○EN)
照明  麿 由佳里(シア・トリエ)
音響・映像・宣伝美術  ステカセ
衣装・メイク  サトウマナミ(夢精ラヂヲ)
制作  宍戸 美佳子
広報  V型ジャージ(劇団BeWhite)

チケット取扱
 チケットのご予約は捨組ホームページのチケット予約フォームにて受付いたします。

お問合わせ
メールアドレス stegumis@gmail.com
ホームページ  https://stegumi.jimdo.com/

共催 特定非営利活動法人Wunder ground


10/10いわき演劇祭2016「劇団桃唄309 出張上演 in いわき」@La Stanza【いわき市平三町目】

※ 10/5 23:30 料金部分・お問合せ先等の表記に一部修正を行いました。

10/10いわき演劇祭2016「劇団桃唄309 出張上演 in いわき」@La Stanza【いわき市平三町目】

『 桃唄309出張上演part7 in いわき / La Stanza 』

出張上演第7弾。東京の劇団「桃唄309」とユニット「N.S.F.」の短編劇から1作品ずつ、いわきのイタリアン・バール La Stanzaにて上演。美味しい飲み物を片手に、珠玉の短編劇をゆったり味わう60分のカフェタイムはいかが?

●日時  2016年10月10日(月祝)16:00開演(開場15:30 / 終演17:00 予定)
●会場  La Stanza(福島県いわき市平三町目8-2-3F TEL/FAX 0246-35-5767)

いわき演劇祭2016

東京の「劇団桃唄309」(http://www.momouta.org)は、代表者である長谷基弘の作品を上演する劇団として設立され、以降年2,3回の本公演と、実験色の強いプロデュース公演を行っており、これまでに50回を超える公演を手掛けています。
多数のシーンを、暗転などを全く用いずにシームレスに繋げる事で、人物像や人間関係、社会状況や歴史的背景等を俯瞰してみせる手法を中心とする作風を得意としています。その手法を用い、重いテーマからエンターテイメントまで、様々なジャンルの作品を独特のタッチで作り上げる事に成功しています。

いわきでは2013年6月からイタリアン・バールLa Stanzaにて、「N.S.F.」とともに年1~2回の出張上演を行っており、今回で7回目の出張上演となります。
いわき演劇祭2016でお届けするのは、9/28~10/2のカフェ公演で好評だった演目を厳選して2つご案内。お誘い合わせのうえ、ご来場いただけたらとても嬉しいです。

「劇団桃唄309」がお送りするのは『魚の足をもむには』。
さえない夜の過ごし方。例えば殺人事件ごっこ。犯人は私。解いて。私はどうやって密室であなたを――
戯曲・演出は長谷基弘。出演は、高木充子・富山聡子・佐藤達の三名。

「N.S.F.」がお送りする演目は、シェイクスピアの『十二夜』。
あら素敵ね。なんて思っても、なかなかうまく進まないっていうのは恋にはよくある話――
シェイクスピアの戯曲を、企画・演出:伊藤馨、戯曲構成:村野玲子。出演は中嶌聡・さいとうまこと・綾田將一・小林あや・関根信一でお送りします。

そのほか、毎度おなじみとなっております劇団「桃唄309」佐藤達による紙芝居ライブ『佐藤達のかみしばい』ももちろんあります。

祝日・月曜の午後、美味しい飲み物を片手に、珠玉の短編劇をゆったり味わう60分のカフェタイムをお楽しみください。

●料金< 予約制・自由席>
1,000円、高校生以下500円
別途、ドリンク代(500円)が必要になります
※小さな会場ですので、なるべくご予約ください
※小学生以上の方からご観劇いただけます
 (但し保護者の方のご同伴に限ります)

●ご予約・お問合せ
アリオスチケットセンター
 TEL 0246-22-5800
(10:00-20:00 毎週火曜定休 )
いわきアリオスWEBサイト
 http://iwaki-alios.jp (24時間受付)

主催:いわき演劇の会 いわき芸術文化交流館アリオス
平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

いわき演劇祭のページ http://iwaki-alios.jp/event/special/theater_fes_2016.html
上記出張上演のページ http://iwaki-alios.jp/cd/app/?C=event&H=default&D=01843

いわき演劇祭2016その他の公演についてはこちら
http://iwaki.wangura.net/2016/08/27/827-1127%E3%81%84%E3%82%8F%E3%81%8D%E6%BC%94%E5%8A%87%E7%A5%AD2016%E9%96%8B%E5%B9%95%EF%BC%81/