タグ別アーカイブ: 講演会

7/20-10/4いわきの「戊辰戦争」~明治新政府軍と奥羽越列藩同盟軍の戦いから149年~@LATOV

平成29年度 文化庁 文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業
いわきの「戊辰戦争」~明治新政府軍と奥羽越列藩同盟軍の戦いから149年~

チラシいわきの戊辰戦争_01

薩摩藩、長州藩、土佐藩などによる明治新政府軍と、奥羽越列藩同盟の諸藩などが戦った「戊辰戦争」。
来年は「戊辰戦争」から150年の節目を迎えます。いわきの地でも1868年6月から、「戊辰戦争」が繰り広げられました。いわきの地での「戊辰戦争」の経緯や状況を一緒に学んでみませんか?
また、そこから、これからの時代に必要な事がらを学び取ってみましょう。

【日 時】平成29年7月20日(木)~10月4日(水)(全6回) 各回18:30~20:00

【会 場】いわき産業創造館(〒970-8026 いわき市平字田町120番地LATOV6F)

【講 師】いわき地域学會 副代表幹事 夏井 芳徳 氏
講師プロフィール
1959年12月 福島県いわき市平生まれ
1983年3月 京都大学文学部国語学国文学科卒業
1999年4月 いわき明星大学人文学部現代社会学科非常勤講師
2014年11月 「石熊村キツネ裁判―『三川タイムス』取材ノート」で第67 回福島県文学賞(小説・ドラマ部門)正賞受賞
2015年4月 いわき明星大学客員教授
いわき地域学会副代表幹事、いわき総合図書館館長

【カリキュラム】
1、新政府軍の平潟上陸 ~新政府軍と仙台藩のやりとり~
日時:平成29年7月20日(木) 18:30~20:00
会場:いわき産業創造館 会議室1
概要:1868年6月16日、午前10時頃、新政府軍の軍艦3艘が平潟沖に姿を見せた。その時、平潟港を警護していたのは仙台藩だった。新政府軍はちょっと変わった上陸作戦に出た。さて、その作戦とは?

2、勿来での決戦 ~奥羽越列藩同盟軍の平潟港奪回作戦~
日時:平成29年8月2日(水) 18:30~20:00
会場:いわき産業創造館 セミナー室
概要:新政府軍に奪い取られてしまった平潟港。そこを奪い返そうと、奥羽越列藩同盟の仙台藩や磐城平藩などが勿来に兵を差し向けた。さて、そこで、どのような戦いが繰り広げられたのか?

3、新田山での決戦 ~泉館、新田山、湯長谷館での攻防~
日時:平成29年8月23日(水) 18:30~20:00
会場:いわき産業創造館 企画展示ホールA
概要:いわきの泉藩や湯長谷藩は、どのように新政府軍と向かい合ったのか? また、渡辺町の新田坂(山、峠)では激戦が繰り広げられたが、その戦いはどのようなものだったのだろうか?

4、笠間藩神谷陣屋の受難 ~中神谷から薬王寺、八茎へ~
日時:平成29年9月13日(水) 18:30~20:00
会場:いわき産業創造館 セミナー室
概要:いわき市平中神谷あった笠間藩の神谷陣屋。笠間藩は奥羽越列藩には加わらなかったので、磐城平藩などから圧力を受けた。その圧力とはどのようなものだったのか、そして、笠間藩神谷陣屋は最後、どうなったのか?

5、磐城平城での決戦(1) ~決戦前夜の状況~
日時:平成29年9月21日(木) 18:30~20:00
会場:いわき産業創造館 セミナー室
概要:泉藩、湯長谷藩を落とし、3つのルートから磐城平に迫る新政府軍。沼之内、七本松、堀坂などで奥羽越列藩同盟軍を破り、どんどん突き進む。そして、いよいよ決戦の時を迎える。

6、磐城平城での決戦(2) ~7月13日 決戦はじまる~
日時:平成29年10月4日(水) 18:30~20:00
会場:いわき産業創造館 企画展示ホールA
概要:1868年7月13日、早い時刻から、新政府軍による磐城平城への総攻撃が始まった。この戦いの中ではさまざまなドラマがあった。その一つひとつを取り上げ、一緒に学ぼう。

チラシいわきの戊辰戦争_02

【定 員】80名 ※ 定員となり次第募集を終了致します。
【参加費】無料
【主 催】NPO法人Wunder ground
【共 催】いわき市
【後 援】いわき地域學會

【お申し込み方法】
チラシに記載の受講申込書に必要事項をご記入頂き、ファックス(0246-22-7552)か電子メール(bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp)のいずれかによりお申し込みください。
【申込期限】平成29年6月30日(金) 必着

【お問い合わせ先】
いわき市 文化スポーツ室 文化振興課
〒970-8686 いわき市平字梅本21
TEL:0246-22-7546 FAX:0246-22-7552
E-mail:bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp

NPO法人Wunder ground(ワンダーグラウンド)
〒970-8026 いわき市平字白銀町2-10 TATAKIAGE BASE 201
E-mail:info@wangura.net


3/29いわき文化まちづくり会議@LATOV

「いわき文化まちづくり会議」

近年、全国各地でアートプロジェクトが数多く展開され、アートがまちづくりや福祉をはじめ、高齢者や子ども、在日外国人、障がい者等に対する支援や、コミュニティの活性化、産業・観光の振興等、多様な分野へと横断的に活用される場面が増え、それらに携わる人たちの活動や生き方も幅広くなりつつあります。
本市においても、アーティストやクリエイターをはじめとする新鮮で柔軟な感性をもった多様な人々と共に「文化のまちづくり」を推進し、地域の誇りなどの社会的価値と、交流人口の増加などの経済的価値の創出を目指すております。
その取組みのスタートとして、昨年、文化政策セミナー「マナビバ」を開催し、文化政策の理念、文化の対象、文化のもつ寛容性、他都市の先駆的事例等を学んできました。
そこから、地域のNPOや各種団体と緊密に連携担える人材(文化芸術を通じて異なる分野をつなぐコーディネーター)の育成・確保と誰もが自由に参加できる「場」や「拠点」づくりの重要性について学びました。
東日本大震災以降、アーティストやクリエイターをはじめ柔軟で新鮮な感性で活動する若者たちの関心が地域に向けられ、個人・団体で様々な表現活動が展開されております。今回は、そんな市内で活動しているアーティストやクリエイター、イベント等を企画する方々に集まってもらい、それぞれの活動から、これからのいわきの魅力づくりをどう考えるか、携わる人材の確保や市民の巻き込み方等について、その糸口をさぐっていきます。

17159128_767917473389093_8622934493216703775_o

●開催日時
 平成29年3月29日(水) 18:00~20:00
 *引き続き、懇親会を開催。
●定 員 80名
 
●内 容
(1)市長懇話
テーマ「文化によるまちづくり~心の復興、そして、真の復興へ~」

(2)市内で活動するクリエイト集団の活動紹介
 ・NPO法人ワンダーグラウンド 会田 勝康さん
 ・アリオスパークフェス実行委員会 ユアサ ミズキさん
 ・未来会議 菅波香織さん、藤城光さん
 ・UDOK 小松理虔さん、
 ・小名浜本町通り芸術祭実行委員会 高木市之助さん
 ・まちなかアートフェスティバル玄玄天 吉田重信さん

(3) パネルディスカッション
テーマ「文化芸術によりまちづくりについて必要なことは何か?」
~「文化、アート、まちづくり」について話し合おう~

【パネリスト】
 ・NPO法人ワンダーグラウンド 会田 勝康さん
 ・アリオスパークフェス実行委員会 ユアサ ミズキさん
 ・未来会議 菅波 香織さん、藤城 光さん
 ・UDOK 小松 理虔さん、
 ・小名浜本町通り芸術祭実行委員会 高木 市之助さん
 ・まちなかアートフェスティバル玄玄天 吉田 重信さん
 ・いわき芸術文化交流館アリオス 長野 隆人さん
【モデレーター】
 ・福島県立博物館 専門学芸員 川延 安直 さん

●主 催 いわき市 特定非営利活動法人Wunder ground
 
●申込方法
 参加申込書に必要事項をご記入頂き、ファックスか電子メール
 のいずれかによりお申し込みください。
●お問合せ・お申し込み先
 いわき市 文化スポーツ室 文化振興課
 〒970-8686 いわき市平字梅本21
 TEL:0246-22-7544 FAX:0246-22-7552
 E-mail:bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp


3/1「人柱について考える」講座 LATOV 6F

【人柱について考える】

人の命を捧げることで、とてつもない力がはたらくといわれる「人柱」。
その力は、神や仏の力をも超えるとも考えられております。
磐城平城を築城する際も、菅波村の95歳の老人・丹後が「人柱」となったといわれおり、「丹後沢」という沢の名称は「人柱」となった丹後の願いによって名付けられたといわれています。
本講座では、3月20日に開催する朗読劇「この土手、ゆるがじ」を開催するにあたり、「人柱」について理解を深めていきます。
また、昨年度のグループワークで「全国城普請人柱番付」についても、お話し頂きます。「人柱」にまつわる話から歴史的背景を読み取り、現在と照らし合わせることで、あらたなまちづくりのヒントが見出せるかもしれません。

16763789_1267133290039305_932329749_o

日時 平成29年 3月1日(水)18:30~20:00

会場 いわき産業創造館 会議室1(いわき市平字田町120 LATOV6F)

講師 いわき地域學會 副代表幹事 夏井 芳徳 氏

定員 50名

講座の内容
(1)磐城平城の「人柱」と歴史的背景
 鳥居忠政が磐城平城を築城した際に「人柱」を立てたことについて掘り下げる。
 幕末の1864年、いわきにやって来た新島襄が書き記した磐城平城の人柱の話について考える。

(2)全国 城普請人柱番付の考察
「人柱」にまつわる話は「お城」を築城する際に多い。日本各地の築城にまつわる「人柱」について、いろいろと考えてみます。

申込方法
所定申込書に必要事項を記入の上、下記のお申込み先に、メール又はFAX、お電話のいずれかの方法にてお申込下さい。(先着順)

申込み、お問合せ先
(1)いわき市 文化スポーツ室 文化振興課
〒970-8686 いわき市平字梅本21
TEL:0246-22-7546 FAX:0246-22-7546
E-mail:bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp

(2)NPO 法人Wunder ground
E-mail:info@wangura.net
WEB:http://iwaki.wangura.net/


3/20ドラマリーディング「この土手、ゆるがじ-磐城平城丹後沢の由来-」いわきPIT

命を賭して為すべきことがある――
人の命を捧げることで、とてつもない力がはたらくといわれる「人柱」。その力は、神や仏の力をも超えるとも考えられている。磐城平城を築城する際も、菅波村の95歳の老人・丹後が人柱となったといわれおり、丹後沢という沢の名は、人柱となった丹後の願いによって名付けられたといわれている。
なぜ、丹後は人柱になったのか。なぜ、人柱にならなければならなかったのか。
昨年度実施し、100名以上の受講者があった講座・見学会「人柱-HITOBASHIRA-を考える~史実なのか?それとも伝説なのか?~」に続く、丹後沢・人柱伝説研究のもう一つの成果。いかに生き、何を遺すか。郷土に伝わる物語を紐解けば、見馴れた風景の向こう側に新しい故郷が見えてくる。

タイトル:この土手、ゆるがじ-磐城平城丹後沢の由来-

入稿人柱朗読劇_01
日 時:平成29年3月20日(月・祝)
1St 15:30~/2nd 18:30~
(受付:各会場30分前、上演時間 約70分)

会 場:チームスマイルいわきPIT
(福島県いわき市平祢宜町5-13)
入場料:500円

主 催:NPO法人Wunder ground

脚 本:夏井 芳徳
(いわき明星大学客員教授・いわき地域学會 副代表幹事)
作・演出:小林 基
(NPO法人Wunder ground、演劇結社 スナフ缶)

キャスト:酒井 悠太
(劇団ギャング団・NPO法人Wunder ground)
阿部 嘉明(演劇集団黒ヒゲキャラバン)
新田 誠 (演劇集団黒ヒゲキャラバン)
蛭田 智道(劇団いわき小劇場)

あらすじ:
関ヶ原の合戦の翌年、今なお燻る戦乱の気配を鎮めるべく、徳川家康は東国の要所・飯野平に強固な城作りを命じる。
その任を拝命し、十万石の大抜擢を受けるは武士の鑑と称えられた父を持つ鳥井忠政。
しかし徳川の威信を賭けたこの大工事は度重なる堀の決壊により窮地に追い込まれる。

その工事の行く末をじっと見守る飯野平の老翁、丹後。貧しき身分にやつす彼もまた、かつて地獄と例えられた東国の戦火を駆け抜けた一人の武士であった――

入稿人柱朗読劇_02
問合せ・お申し込み先
いわき市 文化スポーツ室 文化振興課
〒970-8686 いわき市平字梅本21
TEL:0246-22-7546 FAX:0246-22-7552
E-mail:bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp

特定非営利活動法人Wunder ground 事務局(阿部)
E-mail:info@wangura.net
WEB:http://iwaki.wangura.net/


12/18マナビバ。フォーラム「なぜ、文化に政策が必要なのか?」@いわき産業創造館 企画展示ホール

福島藝術計画×Art Support Tohoku-Tokyo2016
マナビバ。フォーラム ~なぜ、文化に政策が必要なのか?~

文化政策は、地域の未来を考えるうえで、どのような意義をもつのでしょうか。震災からの復興や「文化のまちづくり」にとって、どのような取り組みが必要となり、その担い手としての行政や市民は、どのような役割を果たすことが必要となるのでしょうか。文化政策の理念と、全国各地で展開される先駆的な実践例の両面から考えます。この機会に多くの方々のご参加をお待ちしております。

文化政策から、地域の未来をつくる
「マナビバ。」は、震災がもたらした地域の課題について、その解決策を、文化・芸術・アートの視点から可能性を探り、これからの福島について、考え・学び・話し合う場です。
http://f-geijyutsukeikaku.info/

1218%e7%a2%ba%e5%ae%9a%e3%83%9e%e3%83%8a%e3%83%93%e3%83%90%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%a0_01

○日時
平成28年12月18日(日)(13:00~16:00)

○会場
いわき産業創造館 企画展示ホール(福島県いわき市平字田町120 LATOV6F)

○定員
70名(事前申し込み優先、当日受付あり)

○参加費
無料

○スケジュール
12:30 開場
13:00 開会/いわき市長 挨拶
13:05 基調講演
小林 真理 氏(東京大学大学院人文社会系研究科 文化資源学研究専攻 教授)
13:45 事例発表
 宮道 成彦 氏(神戸市 市民参画推進局 文化交流部 文化創生都市づくり担当部長)
     佐藤 栄介 氏(大分市 商工労働観光部 商工労政課 アートを活かしたまちづくり担当)
14:45 休憩(10分)
14:55 パネルディスカッション
小林 真理 氏 × 宮道 成彦 氏 × 佐藤 栄介 氏 × 大石 時雄 氏
モデレータ 森 司
16:00 閉会

1218%e7%a2%ba%e5%ae%9a%e3%83%9e%e3%83%8a%e3%83%93%e3%83%90%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%a0_02

○ゲスト
小林 真理
東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究専攻 教授
早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程満期退学。博士(人間科学)。
早稲田大学、昭和音楽大学で助手を務めた後、静岡文化芸術大学講師。2004年に東京大学に赴任。助教授・准教授を経て、現職。
文化資源の保存・公開・活用するにあたっての、文化行政および文化政策の制度、また地方自治体において具体的にどのように文化行政を推進していくかを研究している。地方自治体の文化振興計画の立案、策定、運用等のアドバイスを行っている。
著書に、『文化政策学?法・経済・マネジメント』(有斐閣)、『アーツマネジメント概論』(水曜社)、『指定管理者制度?文化的公共性を担うのは誰か』(時事通信社)、『公共劇場の10年』(美学出版)、『行政改革と文化創造のイニシアティブ』(美学出版)等。

宮道 成彦
神戸市 市民参画推進局 文化交流部 文化創生都市づくり担当部長
1984(昭和59)年に神戸市職員となり、交通局、民生局(現・保健福祉局)、区役所等を経て1994(平成6)年度から神戸市民文化振興財団に出向。震災後には、各種慰問事業の受入調整や市内で開催されるアートイベントを巡るスタンプラリーのための媒体「アートウォーク」も立ち上げた。1999(平成11)年より震災復興本部総括局の復興記念プロジェクトのメンバーに。
「1.17希望の灯り」を市民ランナーの手で全国に返す事業や、新長田エリアでのスティールドラムバンド「ファンタスティックス」結成などを手がける。その後、生活文化観光局、医療産業都市推進本部を経て2014(平成26)年より市民参画推進局文化交流部文化交流担当課長として、病院へのアウトリーチ事業を始めとし文化振興事業に取り組む。2016(平成28)年より現職。
著書に「神戸の海は宝箱~大阪湾に暮らす生き物たち」(2008年 神戸新聞総合出版センター刊)

佐藤 栄介
大分市 商工労働観光部 商工労政課 アートを活かしたまちづくり担当
1975年 大分県臼杵市出身。1998年 山口大学工学部応用科学工学科卒業。2000年 大分市役所入庁。2013年度より商工労政課にて、アートを活かしたまちづくり事業を担当。
2015年度に大分市の中心市街地のトイレを舞台に開催された芸術祭「おおいたトイレンナーレ」の実行委員会事務局を務める。16組の芸術家により16箇所のトイレがアート作品に変身した「トイレンナーレ」とは、誰にとっても欠かせない「トイレ」と3年毎のアートフェスティバルを意味するイタリア語「トリエンナーレ」を組み合わせた造語(商標登録第5622407 号)
URL:www.toilennale.jp

大石 時雄
いわき芸術文化交流館アリオス 支配人
1959年 福岡県生まれ。大阪芸術大学舞台芸術学科演技・演出専攻卒。広告代理店を経て伊丹・アイホールの設立に参加。
パナソニック・グローブ座(現 東京グローブ座)制作担当の後、世田谷パブリックシアター、可児市文化創造センター、いわき芸術文化交流館(いわきアリオス)の創立に参加。2008年のオープンから同館副館長・支配人。

○モデレータ
森 司
アーツカウンシル東京 事業推進室 事業調整課長
1960年 愛知県生まれ。公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京事業推進室事業調整課長。東京アートポイント計画の立ち上げから関わり、ディレクターとしてNPO等と協働したアートプロジェクトの企画運営、人材育成プログラムを手がける。
2011年7月より「Art Support Tohoku-Tokyo(東京都による芸術文化を活用した被災地支援事業)」のディレクター、2015年より リーディングプロジェクトディレクターも務める。

○お問合せ・お申込み先
いわき市 文化スポーツ室 文化振興課
〒970-8686 いわき市平字梅本21
TEL:0246-22-7544 FAX:0246-22-7552
E-mail:bunkashinko@city.iwaki.fukushima.jp

福島藝術計画×Art Support Tohoku-Tokyo 事務局(担当:会田)
E-mail:tas.fukushima@gmail.com
WEB:http://f-geijyutsukeikaku.info/

お申込み時に「氏名」「TEL」「FAX」「住所」「E-Mail」をお伝えください(お預かりした個人情報は、本事業のみに使用致します)。

○主催
いわき市、福島県、東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、特定非営利活動法人Wunder ground