タグ別アーカイブ:

10/14-11/5 いわきまちなかアートフェスティバル「玄玄天」~産土(うぶすな)~@平・小川

まちあるきの中で世界中の作家が造り出したアート作品と出会う現代美術の祭典「玄玄天」。
今年も、いわき駅前中心市街地を会場に、10/14〜11/5の期間で開催します!
2017年のテーマは「産土(うぶすな)」。鬼才たちの土に纏わるアートの世界を 巡ってみませんか?

最新情報や詳細は玄玄天のウェブサイトでチェック!
Web http://gengenten.net/
FB https://www.facebook.com/gengenten

21745124_1485957304823568_415131969_o

■ 玄玄天とは?
まちあるきの中でアートと出会う現代美術の祭典です。
芸術祭のタイトルは、、いわきが生んだ偉大な詩人 草野心平 が創った「空のむこうの遠くて見えないもの」を示そうとしている詩から拝借しています。まちなかという「日常」にアートがあることで“観客とまちと現代美術それぞれに地続きな繋がりを作り出すこと”を大切にし、非日常と日常の境界で、私達がいま 何をみることができて 何をみることができないのか…美術の力を借りて問いたいと思います。

■ 2017年テーマ「産土(うぶすな)」
いわきで現代美術が盛り上がりをみせていた1970〜80年代。
いわきには、いわき市民ギャラリーやいわき陶芸協会の設立に主導的な役割を果たした 緑川宏樹 という前衛陶芸家がいました。
土と対話し、ただひたすらに美を追求しつづけた現代陶芸家・緑川宏樹。
いわきの地に「オブジェ焼き」(実用性まで削ぎ落とした前衛陶芸)をもたらし、真摯に美に向き合うその姿は、同時代にいわきで活動していた松田松雄をはじめとする他の現代美術家達に大きな影響を与えました。
全ての命が還っていく土。循環して新しい命が生まれる土。
緑川宏樹氏と全ての命に敬意を表し、今年のテーマを「産土」としました。

■参加作家
緑川宏樹
谷穹
真木孝成
新谷辰夫
新谷文代
Andreas Kressig
詫摩昭人
居村浩平
國盛麻衣佳
藤城光
yukkari工房(スズキユカリ)
山本伸樹
草野奈保子
高木武廣
山野邊孝
能登朝奈
君平
吉田重信
硬軟
十中八九
佐藤香

■イベントスケジュール
○ いわきの現代美術の系譜
  いわき現代美術の先人たちのそくせきを次世代へと繋いでいく「系譜」シリーズの第2弾。
  今回の主題は、走泥社出身の鬼才、陶芸家・緑川宏樹です。
  「紙ヒコーキ」や「裂」など、前衛的で野心的な作品の秘密に迫るとともに、
  設立にあたって主導的な役割を果たした市民ギャラリーやいわき陶芸境界について、
  その足跡を振り返ります。
  日時:10/14 14:00-17:00 
  場所:もりたか屋2F
  料金:1,000円
○ オープニング
  日時:10/14 18:00-20:00
  場所:もりたか屋2F
  料金:無料
○ 玄玄天屋台 in 街コン
  街コンに屋台が登場!
  日時:10/21-22 11:00-16:00
  場所:いわき駅前タクシープール
○ 玄玄天ツアー in 街コン
  日時:10/21-22 14:00-15:00
  場所:いわき駅前タクシープール
    (玄玄天屋台にて受付)
○ COAL PAINT WORKSHOP~石炭を使ってみんなで絵を描こう!~
  石炭を使ってみんなで絵を描くワークショップ。
  アーティスト 國盛麻衣佳が福岡からやってきます。
  誰でも参加OK! 詳細はウェブやパンフレットにて。
  ※ 詳細はウェブサイトやパンフレットをご覧ください

■会場
○ もりたか屋(いわき市平字三町目34番地)
○ いわき芸術文化交流館アリオス(いわき市平字三崎1-6)
  アリオスカフェ/ウォールギャラリー/パークサイドショップ/パークサイトギャラリー
○ 平中央公園(いわき市平字三崎1-6)
○ LATOV(いわき市平字田町120番地)
  3F 大平眼鏡店/6F 光庭
○ さわきや(いわき市平中町23-3)
○ GALLERY YAMANOBE(いわき市平字鍛冶町6)
○ La Stanza(いわき市平三町目8-2 3F)
☆ IWAKI市立草野心平記念文学館(いわき市小川町高萩下夕道1-39)にも作品があります
◎ 玄玄天パンフレット設置予定場所(開催期間中のみ)
  いわき市総合観光案内所/LATOV/もりたか屋/いわき芸術文化交流館アリオスなど

■お申し込み&お問い合わせ
TEL 090-9538-5804(担当:会田) 
E-mail gengenten@gmail.com
Web http://gengenten.net
Facebook https://www.facebook.com/gengenten
Address いわき市平字三町目34(もりたか屋)

21754882_1485957308156901_2014181597_o

主催:特定非営利活動法人Wunder ground(ワンダーグラウンド)
後援:福島県、いわき市教育委員会
助成:平成29年度いわき市まち・未来創造支援事業補助金
協力:いわき藝術文化交流館アリオス、いわき市立草野心平記念文学館、株式会社ラトブコーポレーション、坂本紙店、夜明け市場、もりたか屋、ポレポレいわき、さわきや


キャプチャ

10/24-11/27 いわきまちなかアートフェスティバル『玄玄天』 -いわきの空から宙をみる-

いわきまちなかアートフェスティバル『玄玄天』
-いわきの空から宙をみる-

2015.10.24(Sat)-11.27(fri)

玄玄天2015オモテ
わたしたちはいま、何をみているのでしょうか?
何をみていないのでしょうか?
何をみることができて、何をみることができないのでしょうか?

みること。それは知ることです。
ひとから聞いた話、イメージ、インターネット。大いに助かります。
助かるそれらは助言です(助言は、歩く前の道標となります)。
しかし、ときとして、その助言とは違う世界がそこで待っていることがあります。
ぜひその足で、その目で、確かめてみてください。

街中に存在するアートを探し歩くことで、答えはきっとみつかることでしょう。
それをみつけたら(みつからなくても)、その場所から、一度 上をみあげてみてください。
いわきの空から宙がみえるはずです。そこには何がみえますか?

「玄玄天」とは、いわきの詩人である草野心平が晩年につくった詩に出てくる言葉です。
空の向こうの、とおくてみえない場所を示そうとしています。
いわきまちなかアートフェスティバル「玄玄天」では、その思いを受け継ぎ、街の中にアートが存在すること、さらにはそこからいわきの空を仰ぎ見ることを大切にしています。
このときアートは、いわきの街と「玄玄天」をつなぐ架け橋となります。

「街をみて、作品をみて、空をみる。そしてまた街をみる……」。
このサイクルが循環されることで、街の姿はすこしずつ、いままでとは少し違う何かに変わっていくことでしょう。
街だけではない、アートだけではない。
ここいわきには、アートを通してみえてくる「玄玄天」があるのです。

玄玄天2015 ウラ
【出展作家】
疋田淳喜
岡本光博
中屋敷智生
君平
城戸みゆき
本郷毅史
吉田重信
白?亮次
藤威光
小峯宏美
青木勝洋
からみほぐし研究所
清水大輔
十中八九
チーム下神白団地
とっくん
キッズゲルニカ いわき+広島
Eddy Kleberg
team329
小川郷駅開業100周年事業実行委員会
「物置のピアノ」製作委員会
放課後のプレアデス製作委員会
株式会社ガイナックス
SUPER KINKA BROS
and more…
【イベント】
「物置のピアノ」上映会/トークショー
日時 平成27年11月14日(土)
・上映会①   14:00~
・トークショー 16:00~
・上映会②   18:00~
場所 アートスタジオもりたか屋 2F

草野心平が歩いた平町 ~玄玄天ツアー~
日時 平成27年11月7日(土)
9:30~12:00(9:00 受付)
場所 アートスタジオもりたか屋 2F

「放課後のプレアデス」展示&上映会
物販やステカンワークショップもあります!
※ 詳細は玄玄天Web(http://gengenten.com)にてお知らせします

眼力プロジェクト
日時 期間内随時
場所 いわき駅前周辺(屋外)

岡部昌生フロッタージュプロジェクト 成果展
(主催:はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会 共催:NPO法人Wunder ground)
場所 アートスタジオもりたか屋 3F
【スペシャルイベント】
十中八九 オリジナル1stアルバム「十中八九」リリース記念 2DAYS PERFORMANCES
DAY1 不破大輔ベースソロ WITH 十中八九アンプラグドセッション
日時 平成27年11月22日(日)19:00開演(18:30開場)
場所 アートスペースもりたか屋2F
【アクセス】
LATOV       いわき市平字田町120番地
もりたか屋    いわき市平字三町目34番地
ワタナベ時計店  いわき市平字二町目33-1
坂本紙店     いわき市平字一町目15番地
夜明け市場    いわき市平字白銀町2-10
La Stanza(スタンツァ) いわき市平字三町目8-2 3F
※ もりたか屋1F、いわき市総合観光案内所、LATOV1F にて会場地図や詳細パンフレットを配布致します
主催:NPO法人Wunder ground
助成:公益財団法人福武財団、いわき市まち・未来創造支援事業補助金
後援:福島県、いわき市、いわき商工会議所、福島民報社、福島民友新聞社、いわき民報社、福島中央テレビ
協力:いわき芸術文化交流館アリオス、いわき市立草野心平記念文学館、小川地域振興協議会、La Stanza(スタンツァ)、もりたか屋、ポレポレいわき、はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会、3.11被災者を支援するいわき連絡協議会、放課後のプレアデス製作委員会、株式会社ガイナックス、株式会社福島ガイナックス、平商店会連合会、LATOV、ワタナベ時計店、坂本紙店、夜明け市場、KINKA、いわき郷土料理 和歌、成安造形大学、Wendyいわき、真砂不動産株式会社、不二屋

【お問い合わせ先】
NPO法人Wunder ground(会田)
住所  :福島県いわき市平字三町目34番地
電話  :050-3555-6612
メールアドレス:info@wangura.net
Webサイト :http://iwaki.wangura.net
http://gengenten.com
※ 草野心平の詩「玄玄天」は、1984年4月3日に書かれ、詩集『幻影』(1985年4月 筑摩書房)所収です


5/23-24 春の小川で草木をまとう~小川郷駅100周年記念プレ事業~/小川郷駅・小川公民館

二ツ箭山の青々とした山々に囲まれ、夏井川が流れる自然豊かな小川。
そんな豊かな自然包まれた小川郷駅は、その自然と人が共に生きてきた
歴史をも刻んでおります。
今回、小川郷駅100周年しまして、小川の自然に触れて、学び、楽しむ
ワークショップ「春の小川で草木をまとう」を開催致します。
小川郷駅の歴史に触れながら、小川の草木を摘みそれを衣装にしてまといます。
完成したらカメラマンの白土亮次さんによるポートレートの撮影を行います。
自然と歩んできた小川郷駅の歴史を学び、草花の命を全身で感じ表現することで、
考える力や想像力、表現力を豊かにし、心を育みます。

 

 

 

 

 

春の小川で草木をまとう表_200_01 春の小川で草木をまとう裏_200_01

 

 

フライヤー(PDF) 春の小川で草木をまとう表_200

          春の小川で草木をまとう裏_200
■日 時:5月23日(土)-24(日)
■会 場:小川郷駅及び小川公民館
※小川公民館にお集まりください。
■定  員:30名程度
■参加費:1,000円(材料費)

スケジュール
5月23日(土) 準備(開催日前日)
13:00~ 集合(小川郷駅)
13:10~ 説明・草木の採取・会場設営
15:40~ 採取した草木を回収・準備物の確認
16:00~ 明日の説明
16:00~ 解散

5月24日(日) 春の小川で草木をまとう(仮称)
8:50~ 集合・受付
9:00~ 説明。草木を活ける・仕上がった段階で写真撮影
12:00~ 集合写真
13:00~ 解散

■準備物:ハサミ、長靴、軍手、虫よけスプレー、(ある人は鎌)
■服装:長袖、長ズボン・動きやすい服装

■参加作家
片桐功敦氏(大阪府) 華道家
1998年大阪府堺市のいけばな流、花道みささぎ流家元を襲名。
2001年より現 在に至るまで毎春、桜一色のいけばな作品を発表。
2011年桜シリーズの集大成として佐川美術館で桜数万本を生けあげた作品を展示。
いけばなの作品制作に伴い花の命についての執筆・掲載も多数。
いけばなが源流として持つ「アニミズム」的な側面を掘り下げ、
花を通してひとときの空間を生み出すことに一貫している。

白土亮次氏(いわき市)  写真家
1981年福島県いわき市出身 東京工芸大学芸術学部写真学科卒業。
2005年に大阪でカメラマンのキャリアをスタート。現在はいわき市内の印刷会社に勤務。
撮影の仕事に従事しながら、作品制作を続けている。
2011年10月に写真展「blue」、2014年1月にギャラリーコールピットで上遠野真人氏、
鈴木穣蔵氏と共に写真展「トリクローム -三人展-」、7月にアリオスカフェで写真展「猫」を開催。

■主 催:小川郷駅100周年事業実行委員会
特定非営利活動法人Wunder ground(ワンダーグラウンド)
■お申込み方法
所定申込書に必要事項をご記入の上、小川郷駅100周年事業実行委員会事務局へ。
E-mail ・FAX(0246-83-2754)・直接持参のいづれかの方法にてお申込み下さい、(先着順)

■お問合せ・お申込み先
特定非営利活動法人Wunder ground(ワンダーグラウンド) 担当 阿部
TEL  090-2997-1849
FAX 0246-83-2754 (FAX送信先:小川支所地域振興担当TEL:83-1111)
E-mail  lift047@gmail.co.jp

※本プログラムは「小川郷駅100周年記念事業」の一環として実施しております。


いわき駅改札口で和太鼓演奏♪ ~2013年度「いわき・ときわ路夢街道キャンペーン」~

いわき駅に降りる方向けに改札口前で和太鼓演奏!

なんでもJR東日本の「いわき・ときわ路 夢街道」というキャンペーン一環だそうで。

来訪者を歓迎するこのイベントは、日によって演奏チームが変わるそうです。
2/22はは”一打の会”でしたが、”チル打れん””木蓮組”の演奏の日もあるそうです。

sDSC_0467

 

気がついたらすごい人だかりになっていました。

sDSC_0471

 

2013年度「いわき・ときわ路夢街道キャンペーン」について(http://www.jrmito.com/press/131115/20131115_press03.pdf より)
JR東日本水戸支社では、2014年1月~3月の3ヶ月間、JR東日本の「重点販売地域」の指定を受けて、冬の誘客キャンペーン「いわき・ときわ路夢街道キャンペーン」を実施いたします。
昨年度は福島県いわき市と茨城県の6市町の計7市町と連携したキャンペーンでしたが、今年度はキャンペーンエリアを拡大し、茨城県日立市、ひたちなか士、大子町とも連携し、計10市町にてキャンペーンを展開します。
福島県・茨城県内外の皆さまへ、震災からの観光復興に取り組む沿岸地域の姿や、冬~初春ならではのエリアの魅力を紹介し、常磐線特急E657系やお座敷列車等鉄道で行く度をおすすめします。
今年の冬は、ぜひ「いわき・ときわ路夢街道」へお越しください。

 

 

キャンペーン内容の詳細は下記。

えきねっと(JR東日本)|いわき・ときわ路夢街道|旅どきnet

http://www.jreast.co.jp/tabidoki/iwaki/

 

【関連サイト】

一打の会 和太鼓日記 http://blog.goo.ne.jp/mi520desuka


SNOW! 明日 お仕事・お出かけの方は十分にお気をつけ下さい。

 

 

 

いやー 雪で始まった一日でしたね。

R6_いわき駅前

 

早朝の6号国道 いわき駅付近はこんな感じでした。

 

 

 

 

市内はどこも20センチは積もったでしょうか?

 

水石山

↑  朝の水石山

湯の岳

↑ 朝の湯の岳

 

この雪のせいで 第5回 いわきサンシャインマラソン

( http://www.iwaki-marathon.jp/ )は中止となって

しまい残念でした。。。

 

R6_平-好間

午前中の道路。

R49_好間

 

 

平バイパス、6号国道ともに午後には除雪が進んでいました。

 

ラトブ_いわき駅前

お昼ごろのいわき駅前(ラトブ)。

タクシー待ちの方々多数(1時間待ちだそうでした)。

店舗が臨時休業、テナントもスタッフさんが到着できなくて

開店が遅れるところも見受けられました。

 

バスターミナル_いわき駅前

バスターミナルは静かでした。

 

国道や主要道路は除雪されていても、駐車場は除雪されて

いなかったりしますね。日陰のところは夜のうちに凍結する恐れも。

そして明日は月曜日。そして五十日(ごとうび)なので、道路は

朝から混雑が予想されます。

時間に余裕を持った出発が良いかもしれませんね。

 

JR・バス・道路状況に関しては下記を参考になるかなと思います。

JR東日本旅客鉄道
http://traininfo.jreast.co.jp/train_info/tohoku.aspx

新常磐交通
http://www.joko.co.jp/server/

福島県道路総室
http://www.pref.fukushima.jp/douro/kisei/kisei-list.htm