タグ別アーカイブ: 小名浜

小名浜地域の情報はこのタグを追加

7/8・9はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト 2016 福島祝いの膳プロジェクト「いわきフォーラム」

はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト 2016
福島祝いの膳プロジェクト「いわきフォーラム」

祝いの膳いわきフォーラムチラシ_01
今回は、はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトが開催する”祝いの膳プロジェクト”について紹介します。
福島祝いの膳プロジェクトは、はま・なか・あいづ文化連携プロジェクトの一環として、2014 年・2015 年・2016年と福島県内各地で福島の食材・食文化のリサーチを続けてきました。いわき市では伝統食・水産業をリサーチし、いわき市の食の現状にも触れてきました。
いわきを中心としたこれまでのリサーチ結果に成果を加え、いわき地域の食文化の多様性、海の恵みについて知り、福島の食文化再興に向けて意見を交わすためのフォーラムを開催します。

講師には、中山晴奈さん(フードアーティスト)、有賀行秀さん(北関東空調工業株式会社代表取締役)、四家久央さん(四家酒造代表)、阿部峻久さん(公益財団法人いわき産学官ネットワーク協会)、小松理虔さん(いわき海洋調べ隊「うみラボ」事務局)、田附勝さん(写真家)の 6 名を迎えます。

7 月 8 日(金)は車座トーク「いわき食べものがたり」、9 日(土)はクロストーク「潮目の血」と、2 日間にわたってトークを行い、食と海に関する幅広い知見を共有する機会とします。 食から見えるいわき、福島。ぜひご参加ください。

祝いの膳いわきフォーラムチラシ_02
いわきフォーラム
1 日目 車座トーク「いわき食べものがたり」
平成 28 年 7 月 8 日(金) 17:00~19:30

いわきの伝統料理から家庭料理まで中山晴奈さんのリサーチ報告を中心に意見を交わし、今後のリサーチ先についても会場のみなさんと考えます。
クロストーク1 「いわきの食、いまむかし」
中山晴奈×有賀行秀×四家久央×阿部峻久
クロストーク2 「いわきの魚食、東北の魚食」
中山晴奈×小松理虔×田附勝
クロストーク3 「いわき食べものがたり」
中山晴奈×有賀行秀×四家久央×阿部峻久×小松理虔×田附勝

【会場】
四家酒造(〒973-8408 いわき市内郷高坂町中平 14)
※参加無料・申込不要

いわきフォーラム
2 日目 クロストーク「潮目の血」
7 月 9 日(土) 14:00~17:00

水産業を軸にいわき地域の食文化の特性、命と食のつながりについて語りあいます。
トーク1 「三陸~いわき海と食の復権」 中山晴奈
トーク2 「うみラボから分かること」 小松理虔
トーク3 「写真集『魚人』『おわり。』の世界~漁と猟~」 田附勝
クロストーク 「潮目の血」 中山晴奈×小松理虔×田附勝

【会場】
UDOK.(〒971-8101 いわき市小名浜本町 29-2)
※参加無料・申込不要

【主催】
はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会
事務局 〒965-0807 会津若松市城東町 1-25(福島県立博物館内)
はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト詳細はこちら→ http://hamanakaaizu.jp/


logo

俺達の住んでる街がいつのまにかはじまりすぎてこまってるんだが ~アート篇~(ラノベ風タイトル)

個人的には、はじまりの美術館さんの“アール・ブリュットはなんでもあり?ーわたしたちが表現者であることの可能性”(https://www.facebook.com/events/855409064482739/)にも行きたいのですが、、、
今週末、来週とステキイベント目白押しすぎwww

 

【9/19】藤浩志と文化・芸術・アートの視点で被災地のこれからをカンガエル@もりたか屋 2F(いわき市平3-34)⇒ http://wp.me/pEdn8-19i

【9/20】マナビバ。×未来会議inいわき「震災がもたらした課題と、その解決策をカンガエル」平廿三夜尊堂(福島県いわき市平字古鍛冶町59番地) ⇒ http://wp.me/pEdn8-19o

【9/20】19:00-芸術祭「玄玄天 クロージングパーティ」もりたか屋(いわき市平3-34)⇒ http://wp.me/pEdn8-19s(※)

【9/27-28】「草野心平と小川をまとう」~いわきの大詩人、草野心平が描いたユーモラスで神秘的な蛙たちの世界~ ⇒ http://wp.me/pEdn8-19v

 

小名浜では「小名浜本町通り芸術祭2014」が… http://onahamahsaf.tumblr.com/

 

※ 芸術祭「玄玄天」は藝大Am+いわきアートマネジメント講座の探検動画もアップされました!

藝大Am+いわきアートマネジメント講座いわきアートプロジェクト探検隊in玄玄天: さんから
まじパねぇwwwww ぜんぶ網羅は難しい?こまったねぇ(嬉)

いわき、はじまりすぎじゃね? o(´∇`*o)(o*´∇`)o


3/8福島藝術計画×ASTT「2013発展フォーラム~福島をつなぐつたえる いわきセッション~」@いわきアリオス小劇場

福島藝術計画×Art Support Tohoku-Tokyo
2013発展フォーラム

発展フォーラムomote

発展フォーラムura

発展フォーラム(チラシPDF)

 

「福島をつなぐ・つたえる」をテーマに、文化と芸術による復興支援プログラムを行ってきた福島藝術計画×Art Support Tohoku-Tokyo。
今年度のおわりに1年間を振返り未来につなげていくためのフォーラムをここ福島県いわき市で開催致します。
本フォーラム第1部は、今年度実施したアートプログラムについて報告いたします。
つづく第2部では、いわき市でアート活動を行っている団体の皆様より、活動事例の紹介や今後の展開をお話頂きます。
そして第3部では、いわきでは「Alios Plants!」でもおなじみの藤浩志さん、
昨年度からフラッグシップ・プログラムを担っていただいた日比野克彦さん、
発信フォーラムや相馬市におけるWS等を担っていただいた平田オリザさんをゲストに迎えてお話しいただきます。
最後に、 これらを踏まえた上で「復興に向ける福島のアート」をテーマにディスカッションを行い、
アートプロジェクトがもたらす効果、心の復興の必要性について、ご来場の皆様と考えを深めていきたいと思います。

開催日:2014年3月8日(土) 13:30~17:30(開場13:00)
会 場:いわき芸術文化交流館アリオス 小劇場
定 員:150名 入場無料

GUEST:藤 浩志(美術作家)、日比野 克彦(アーティスト)、平田 オリザ(劇作家、演出家)
MODERATOR:森 司

詳細スケジュールなどはこちらから!
http://f-geijyutsukeikaku.info/fgk2013/fin/fin2013/

<プログラム>
13:00 開場
13:30 開演・はじめに
13:35 今年度のプログラムを振り返る
報告:島崎 圭介(事務局) まとめ:川延 安直
休憩 5分
14:10 地域におけるアート活動 ~いわき市の事例紹介~
・UDOK.
小名浜本町通りにあるオルタナティブスペース。「晴耕雨読」に由来。
・ARTMEETING 田人の森に遊ぶ 2013
自然豊かな田人の町を広域的に活用した回遊型の美術展覧会を開催している。
・Alios plants! こどもプロジェクトあそび工房
月に一度、いわきアリアスの共有スペースで子供も大人も遊べる場を提供。
・万本桜プロジェクト
葵国強が支援するプロジェクト。平の山林に後世に残す桜の木を植えている。
休憩 10分
15:20 藤 浩志 トーク
15:40 日比野 克彦 トーク
16:00 平田 オリザ トーク
休憩 10分
16:30 今年度のプログラムを振り返る
藤 浩志 × 日比野 克彦 × 平田 オリザ クロストーク
17:30 終了

<お申し込み方法>
■「福島藝術計画 × Art Support Tohoku ? Tokyo」HP
http://f-geijyutsukeikaku.info/fgk2013/fin/fin2013/
■アリオスチケットセンター
TEL:0246-22-5800 (10:00 ~ 20:00 火曜定休)
■福島藝術計画 × Art Support Tohoku ? Tokyo 事務局
(特定非営利活動法人 Wunder ground 担当:坂内)
TEL:070-5622-4982 Mail:tas.fukushima@gmail.com
(参加者の氏名、住所、生年月日、年齢、電話番号、メールアドレス、参加人数をお知らせください。)

詳細スケジュールなどはこちらから!
http://f-geijyutsukeikaku.info/fgk2013/fin/fin2013/

<プロフィール>
□藤 浩志(ふじ ひろし)
1960 年鹿児島生まれ。藤浩志企画制作室代表、美術作家。
京都市立芸術大学大学院美術研究科修了後、パプアニューギニア国立芸術学校講師、都市計画事務所勤務を経て
藤浩志企画制作室設立。「ヤセ犬の散歩」「お米のカエル物語」「Vinyl Plastics Connection」「Kaekko」
「藤島八十郎をつくる」等、各地で対話と地域実験の場を作る美術類のデモンストレーションを実践。

□日比野 克彦(ひびの かつひこ)
岐阜県生まれ。アーティスト。東京藝術大学教授。日本サッカー協会理事。
様々な地域の人々と共同制作を行いながら、受け取り手の感受する力に焦点を当てたアートプロジェクトを展開し、
社会で芸術が機能する仕組みを創出する。震災後は東日本大震災復興支援活動「HEART MARK VIEWING」を立ち上げ、
作ることをきっかけに、人と人を繋ぎ、想いを届ける。福島芸術計画 × Art Support Tohoku-Tokyo 参加アーティストとして
、二つの地域やグループをつなぐ「マッチフラッグプロジェクト」を実施。

□平田 オリザ(ひらた おりざ)
1962 年生まれ。東京都出身。日本の劇作家、演出家。劇団青年団主宰、こまばアゴラ劇場支配人。
代表作に『東京ノート』『ソウル市民』三部作など。戯曲集のほか『現代口語演劇のために』など理論的な著書も多い。
桜美林大学文学部助教授、桜美林大学総合文化学群教授、東京大学教育学部講師、早稲田大学文学部講師などを歴任。
2009 年より内閣官房参与。現在大阪大学コミュニケーションデザインセンター教授、首都大学東京客員教授、
日本劇作家協会理事を務める。

□森 司(もり つかさ)
1960 年愛知県生まれ。公益財団法人東京都歴史文化財団 東京文化発信プロジェクト室地域文化交流推進担当課長。
NPO等と協働したアートプロジェクトの企画運営、人材育成プログラムを手がける。2012年7月より「Art Support
Tohoku-Tokyo(東京都による芸術文化を活用した被災地支援事業)」のディレクターも務める。


「いわきオールジャンルモーターフェス Vol.2」荒天による中止のお知らせ

”いわき市に250台以上の車が大集合! オールジャンルモーターフェス|ぐるっといわき http://p.tl/flBM ”より。

車を見て・試乗して・体験して 家族でも1人でも丸一日楽しめるモーターイベント「いわきオールジャンルモーターフェス Vol.2」

ですが、荒天のため中止となりました。

本当に残念ですが、天候によるものは仕方ないですね。。。

実際に会場で見ることはできませんでしたが、エントリーしていた車は上記 ぐるっといわき さんのサイトで閲覧することができます。

以下は、実行委員からのメッセージです。

 

”明日、11月10日(日)アクアマリンパークで予定しておりました
「いわきオールジャンルモーターフェス Vol.2」ですが、
天気予報等で高確率での雨天が予想されます。
それに伴い、実行委員内での話し合いを行った結果、
中止とさせていただく判断を致しました。

楽しみにされていた皆様には大変申し訳ございませんが、
私達実行委員としても苦渋の決断でした。
何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

尚、次回の開催日程は、現在のところ未定です。
詳細は決定し次第、公式サイト等でご案内致します。
その他お問い合わせに関しましては、下記サイトから
ご連絡ください。

今後も、「いわきオールジャンルモーターフェス」を、
実行委員共々よろしくお願い致します。”

 

公式サイトは こちら ⇒ http://allcar.jp/


9/8劇団東京フェスティバル「泡」 福島いわき公演@小名浜市民会館

劇団東京フェスティバル「泡」 福島いわき公演

日時:2013年9月8日(日)11:00開演・15:00開演 ※ 開場は各30分前
11時からの公演終了後に、ジャーナリスト・津田大介氏、社会学者・開沼博氏、ゲンロン代表・東浩紀氏によるアフタートークあり

劇団東京フェスティバル

 

場所:いわき市小名浜市民会館
〒971-8166 いわき市小名浜愛宕上6-1

料金:4,000円
※ 未就学児の入場・乳幼児の同伴はご遠慮願います

http://butai-awa.com/
・「泡」ってどんなお話?・
福島県いわき市小名浜にあるソープランド街を舞台に震災から1年の姿を描いた人情喜劇です。

「泡」福島公演のCMも放送されています
http://p.tl/3Yl7
・出演・
朝倉伸二 小林美江 ・ 天宮良 | 高畑こと美 滝寛式 竹尾一真 | 川俣しのぶ 近江谷太朗

・お問い合わせ・
024-933-3190(平日9:30?17:30)
福島公演実行委員会

 

以下、劇団東京フェスティバル公式HP(http://tokyofestival.com/no.10_awa.html)より抜粋

ソープへ行きたい!
2012年2月。東日本大震災から1年を迎えるにあたり、ボクが放送作家として関わらせてもらっているラジオ番組で福島県を取材しようということになった。さて、どこへ行こうか・・・。行くなら、あまり大手メディアが取り上げないような視点で取材したい。いろいろな案があるなかで、ボクが引っかかったのは「小名浜のソープランド街が一時期、原発事故復旧のための作業員たちで大盛況だった」という噂。調べてみると、盛況だったのは、復旧作業が本格化した5月から6月にかけて、ほんの2ヶ月足らずのこと。それ以降は、東電から作業員たちに対して夜間の外出禁止令が出たため、ソープ街から人通りが消えたという。震災と津波、そして原発事故で、あらゆる産業が大打撃を受けて復旧もままならないといわれていた頃、ほんのいっとき活況だった街がある。そこから見えて来る震災の姿があるのではないか・・・。「小名浜のソープへ行きましょう!」こうして小名浜行きが決まった。

人生は「泡」を避けては通れない
「ソープランドで人気No.1の泡姫(ソープ嬢)は美人とは限らないんだよ」。取材を終えて帰り支度を始めたボクたちに、ソープランドのオーナーは語ってくれた。では、どんな泡姫がNo.1なのか? ボクらは帰り支度の手を止めてオーナーの話に聞き入った。その答えは、すべての社会人に当てはまる「仕事の真理」だった。その瞬間、ボクはソープの世界に引き込まれた。それから1ヶ月後、再び小名浜の地にいた。目的は戯曲執筆のためという個人的なものへと変わっていた。漁業関係の方からは東京電力から支払われている休業補償の実態や、小名浜のソープ街と漁師のつながりについてお話を伺った。さらに、別のソープランドでは復興と風俗店の意外な関係を知ることになる。そうした取材を通して、ボクはひとつの視点を手に入れた「人生は泡を避けては通れない」それはいったい、どういう意味か?

舞台「泡」は人情喜劇を謳っています。
10年後、20年後、100年後の福島に想いを馳せていただきたい作品です。