タグ別アーカイブ: お店

お店情報の時はこのタグを追加

10/14-11/5 いわきまちなかアートフェスティバル「玄玄天」~産土(うぶすな)~@平・小川

まちあるきの中で世界中の作家が造り出したアート作品と出会う現代美術の祭典「玄玄天」。
今年も、いわき駅前中心市街地を会場に、10/14〜11/5の期間で開催します!
2017年のテーマは「産土(うぶすな)」。鬼才たちの土に纏わるアートの世界を 巡ってみませんか?

最新情報や詳細は玄玄天のウェブサイトでチェック!
Web http://gengenten.net/
FB https://www.facebook.com/gengenten

21745124_1485957304823568_415131969_o

■ 玄玄天とは?
まちあるきの中でアートと出会う現代美術の祭典です。
芸術祭のタイトルは、、いわきが生んだ偉大な詩人 草野心平 が創った「空のむこうの遠くて見えないもの」を示そうとしている詩から拝借しています。まちなかという「日常」にアートがあることで“観客とまちと現代美術それぞれに地続きな繋がりを作り出すこと”を大切にし、非日常と日常の境界で、私達がいま 何をみることができて 何をみることができないのか…美術の力を借りて問いたいと思います。

■ 2017年テーマ「産土(うぶすな)」
いわきで現代美術が盛り上がりをみせていた1970〜80年代。
いわきには、いわき市民ギャラリーやいわき陶芸協会の設立に主導的な役割を果たした 緑川宏樹 という前衛陶芸家がいました。
土と対話し、ただひたすらに美を追求しつづけた現代陶芸家・緑川宏樹。
いわきの地に「オブジェ焼き」(実用性まで削ぎ落とした前衛陶芸)をもたらし、真摯に美に向き合うその姿は、同時代にいわきで活動していた松田松雄をはじめとする他の現代美術家達に大きな影響を与えました。
全ての命が還っていく土。循環して新しい命が生まれる土。
緑川宏樹氏と全ての命に敬意を表し、今年のテーマを「産土」としました。

■参加作家
緑川宏樹
谷穹
真木孝成
新谷辰夫
新谷文代
Andreas Kressig
詫摩昭人
居村浩平
國盛麻衣佳
藤城光
yukkari工房(スズキユカリ)
山本伸樹
草野奈保子
高木武廣
山野邊孝
能登朝奈
君平
吉田重信
硬軟
十中八九
佐藤香

■イベントスケジュール
○ いわきの現代美術の系譜
  いわき現代美術の先人たちのそくせきを次世代へと繋いでいく「系譜」シリーズの第2弾。
  今回の主題は、走泥社出身の鬼才、陶芸家・緑川宏樹です。
  「紙ヒコーキ」や「裂」など、前衛的で野心的な作品の秘密に迫るとともに、
  設立にあたって主導的な役割を果たした市民ギャラリーやいわき陶芸境界について、
  その足跡を振り返ります。
  日時:10/14 14:00-17:00 
  場所:もりたか屋2F
  料金:1,000円
○ オープニング
  日時:10/14 18:00-20:00
  場所:もりたか屋2F
  料金:無料
○ 玄玄天屋台 in 街コン
  街コンに屋台が登場!
  日時:10/21-22 11:00-16:00
  場所:いわき駅前タクシープール
○ 玄玄天ツアー in 街コン
  日時:10/21-22 14:00-15:00
  場所:いわき駅前タクシープール
    (玄玄天屋台にて受付)
○ COAL PAINT WORKSHOP~石炭を使ってみんなで絵を描こう!~
  石炭を使ってみんなで絵を描くワークショップ。
  アーティスト 國盛麻衣佳が福岡からやってきます。
  誰でも参加OK! 詳細はウェブやパンフレットにて。
  ※ 詳細はウェブサイトやパンフレットをご覧ください

■会場
○ もりたか屋(いわき市平字三町目34番地)
○ いわき芸術文化交流館アリオス(いわき市平字三崎1-6)
  アリオスカフェ/ウォールギャラリー/パークサイドショップ/パークサイトギャラリー
○ 平中央公園(いわき市平字三崎1-6)
○ LATOV(いわき市平字田町120番地)
  3F 大平眼鏡店/6F 光庭
○ さわきや(いわき市平中町23-3)
○ GALLERY YAMANOBE(いわき市平字鍛冶町6)
○ La Stanza(いわき市平三町目8-2 3F)
☆ IWAKI市立草野心平記念文学館(いわき市小川町高萩下夕道1-39)にも作品があります
◎ 玄玄天パンフレット設置予定場所(開催期間中のみ)
  いわき市総合観光案内所/LATOV/もりたか屋/いわき芸術文化交流館アリオスなど

■お申し込み&お問い合わせ
TEL 090-9538-5804(担当:会田) 
E-mail gengenten@gmail.com
Web http://gengenten.net
Facebook https://www.facebook.com/gengenten
Address いわき市平字三町目34(もりたか屋)

21754882_1485957308156901_2014181597_o

主催:特定非営利活動法人Wunder ground(ワンダーグラウンド)
後援:福島県、いわき市教育委員会
助成:平成29年度いわき市まち・未来創造支援事業補助金
協力:いわき藝術文化交流館アリオス、いわき市立草野心平記念文学館、株式会社ラトブコーポレーション、坂本紙店、夜明け市場、もりたか屋、ポレポレいわき、さわきや


10/10いわき演劇祭2016「劇団桃唄309 出張上演 in いわき」@La Stanza【いわき市平三町目】

※ 10/5 23:30 料金部分・お問合せ先等の表記に一部修正を行いました。

10/10いわき演劇祭2016「劇団桃唄309 出張上演 in いわき」@La Stanza【いわき市平三町目】

『 桃唄309出張上演part7 in いわき / La Stanza 』

出張上演第7弾。東京の劇団「桃唄309」とユニット「N.S.F.」の短編劇から1作品ずつ、いわきのイタリアン・バール La Stanzaにて上演。美味しい飲み物を片手に、珠玉の短編劇をゆったり味わう60分のカフェタイムはいかが?

●日時  2016年10月10日(月祝)16:00開演(開場15:30 / 終演17:00 予定)
●会場  La Stanza(福島県いわき市平三町目8-2-3F TEL/FAX 0246-35-5767)

いわき演劇祭2016

東京の「劇団桃唄309」(http://www.momouta.org)は、代表者である長谷基弘の作品を上演する劇団として設立され、以降年2,3回の本公演と、実験色の強いプロデュース公演を行っており、これまでに50回を超える公演を手掛けています。
多数のシーンを、暗転などを全く用いずにシームレスに繋げる事で、人物像や人間関係、社会状況や歴史的背景等を俯瞰してみせる手法を中心とする作風を得意としています。その手法を用い、重いテーマからエンターテイメントまで、様々なジャンルの作品を独特のタッチで作り上げる事に成功しています。

いわきでは2013年6月からイタリアン・バールLa Stanzaにて、「N.S.F.」とともに年1~2回の出張上演を行っており、今回で7回目の出張上演となります。
いわき演劇祭2016でお届けするのは、9/28~10/2のカフェ公演で好評だった演目を厳選して2つご案内。お誘い合わせのうえ、ご来場いただけたらとても嬉しいです。

「劇団桃唄309」がお送りするのは『魚の足をもむには』。
さえない夜の過ごし方。例えば殺人事件ごっこ。犯人は私。解いて。私はどうやって密室であなたを――
戯曲・演出は長谷基弘。出演は、高木充子・富山聡子・佐藤達の三名。

「N.S.F.」がお送りする演目は、シェイクスピアの『十二夜』。
あら素敵ね。なんて思っても、なかなかうまく進まないっていうのは恋にはよくある話――
シェイクスピアの戯曲を、企画・演出:伊藤馨、戯曲構成:村野玲子。出演は中嶌聡・さいとうまこと・綾田將一・小林あや・関根信一でお送りします。

そのほか、毎度おなじみとなっております劇団「桃唄309」佐藤達による紙芝居ライブ『佐藤達のかみしばい』ももちろんあります。

祝日・月曜の午後、美味しい飲み物を片手に、珠玉の短編劇をゆったり味わう60分のカフェタイムをお楽しみください。

●料金< 予約制・自由席>
1,000円、高校生以下500円
別途、ドリンク代(500円)が必要になります
※小さな会場ですので、なるべくご予約ください
※小学生以上の方からご観劇いただけます
 (但し保護者の方のご同伴に限ります)

●ご予約・お問合せ
アリオスチケットセンター
 TEL 0246-22-5800
(10:00-20:00 毎週火曜定休 )
いわきアリオスWEBサイト
 http://iwaki-alios.jp (24時間受付)

主催:いわき演劇の会 いわき芸術文化交流館アリオス
平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

いわき演劇祭のページ http://iwaki-alios.jp/event/special/theater_fes_2016.html
上記出張上演のページ http://iwaki-alios.jp/cd/app/?C=event&H=default&D=01843

いわき演劇祭2016その他の公演についてはこちら
http://iwaki.wangura.net/2016/08/27/827-1127%E3%81%84%E3%82%8F%E3%81%8D%E6%BC%94%E5%8A%87%E7%A5%AD2016%E9%96%8B%E5%B9%95%EF%BC%81/


玄玄天はじまりました!

いわき駅前の商店街にアートの嵐!!

いわきまちなかアートフェスティバル「玄玄天」が開催となり、

10月24日(土)にオープニングパーティーがありました。

2015_10_24_19_35_01

CM151024-205156002

期間限定のイベント等もありますので、要チェックですよー!!


キャプチャ

10/24-11/27 いわきまちなかアートフェスティバル『玄玄天』 -いわきの空から宙をみる-

いわきまちなかアートフェスティバル『玄玄天』
-いわきの空から宙をみる-

2015.10.24(Sat)-11.27(fri)

玄玄天2015オモテ
わたしたちはいま、何をみているのでしょうか?
何をみていないのでしょうか?
何をみることができて、何をみることができないのでしょうか?

みること。それは知ることです。
ひとから聞いた話、イメージ、インターネット。大いに助かります。
助かるそれらは助言です(助言は、歩く前の道標となります)。
しかし、ときとして、その助言とは違う世界がそこで待っていることがあります。
ぜひその足で、その目で、確かめてみてください。

街中に存在するアートを探し歩くことで、答えはきっとみつかることでしょう。
それをみつけたら(みつからなくても)、その場所から、一度 上をみあげてみてください。
いわきの空から宙がみえるはずです。そこには何がみえますか?

「玄玄天」とは、いわきの詩人である草野心平が晩年につくった詩に出てくる言葉です。
空の向こうの、とおくてみえない場所を示そうとしています。
いわきまちなかアートフェスティバル「玄玄天」では、その思いを受け継ぎ、街の中にアートが存在すること、さらにはそこからいわきの空を仰ぎ見ることを大切にしています。
このときアートは、いわきの街と「玄玄天」をつなぐ架け橋となります。

「街をみて、作品をみて、空をみる。そしてまた街をみる……」。
このサイクルが循環されることで、街の姿はすこしずつ、いままでとは少し違う何かに変わっていくことでしょう。
街だけではない、アートだけではない。
ここいわきには、アートを通してみえてくる「玄玄天」があるのです。

玄玄天2015 ウラ
【出展作家】
疋田淳喜
岡本光博
中屋敷智生
君平
城戸みゆき
本郷毅史
吉田重信
白?亮次
藤威光
小峯宏美
青木勝洋
からみほぐし研究所
清水大輔
十中八九
チーム下神白団地
とっくん
キッズゲルニカ いわき+広島
Eddy Kleberg
team329
小川郷駅開業100周年事業実行委員会
「物置のピアノ」製作委員会
放課後のプレアデス製作委員会
株式会社ガイナックス
SUPER KINKA BROS
and more…
【イベント】
「物置のピアノ」上映会/トークショー
日時 平成27年11月14日(土)
・上映会①   14:00~
・トークショー 16:00~
・上映会②   18:00~
場所 アートスタジオもりたか屋 2F

草野心平が歩いた平町 ~玄玄天ツアー~
日時 平成27年11月7日(土)
9:30~12:00(9:00 受付)
場所 アートスタジオもりたか屋 2F

「放課後のプレアデス」展示&上映会
物販やステカンワークショップもあります!
※ 詳細は玄玄天Web(http://gengenten.com)にてお知らせします

眼力プロジェクト
日時 期間内随時
場所 いわき駅前周辺(屋外)

岡部昌生フロッタージュプロジェクト 成果展
(主催:はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会 共催:NPO法人Wunder ground)
場所 アートスタジオもりたか屋 3F
【スペシャルイベント】
十中八九 オリジナル1stアルバム「十中八九」リリース記念 2DAYS PERFORMANCES
DAY1 不破大輔ベースソロ WITH 十中八九アンプラグドセッション
日時 平成27年11月22日(日)19:00開演(18:30開場)
場所 アートスペースもりたか屋2F
【アクセス】
LATOV       いわき市平字田町120番地
もりたか屋    いわき市平字三町目34番地
ワタナベ時計店  いわき市平字二町目33-1
坂本紙店     いわき市平字一町目15番地
夜明け市場    いわき市平字白銀町2-10
La Stanza(スタンツァ) いわき市平字三町目8-2 3F
※ もりたか屋1F、いわき市総合観光案内所、LATOV1F にて会場地図や詳細パンフレットを配布致します
主催:NPO法人Wunder ground
助成:公益財団法人福武財団、いわき市まち・未来創造支援事業補助金
後援:福島県、いわき市、いわき商工会議所、福島民報社、福島民友新聞社、いわき民報社、福島中央テレビ
協力:いわき芸術文化交流館アリオス、いわき市立草野心平記念文学館、小川地域振興協議会、La Stanza(スタンツァ)、もりたか屋、ポレポレいわき、はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会、3.11被災者を支援するいわき連絡協議会、放課後のプレアデス製作委員会、株式会社ガイナックス、株式会社福島ガイナックス、平商店会連合会、LATOV、ワタナベ時計店、坂本紙店、夜明け市場、KINKA、いわき郷土料理 和歌、成安造形大学、Wendyいわき、真砂不動産株式会社、不二屋

【お問い合わせ先】
NPO法人Wunder ground(会田)
住所  :福島県いわき市平字三町目34番地
電話  :050-3555-6612
メールアドレス:info@wangura.net
Webサイト :http://iwaki.wangura.net
http://gengenten.com
※ 草野心平の詩「玄玄天」は、1984年4月3日に書かれ、詩集『幻影』(1985年4月 筑摩書房)所収です


わんぐら と わんぐらー の さいきん あれこれ。

■ 「玄玄天」(gengenten)

→人と人の想いをつなぎ、今のいわきを未来へつなぐ芸術祭。

日時…平成26年8月23日~9月21日

会場…LATOV・いわき駅ビル・坂本紙店・もりたか屋・La Stanza

参加アーティスト…28組

料金…無料

 

■ 「マナビバ。」(mana viva!)

→ 「マナビバ。」は、震災がもたらした地域の課題について、その解決策を、文化・芸術・アートの視点から可能性を探り、これからの福島について、考え・学び・話し合う場です。

日時…平成26年9月4日~11月20日

場所…いわき芸術文化交流館アリオス カンティーネ

講師…6名(9/4吉田美恵子氏 9/10永田宏和氏 10/2上田假奈代氏 10/9川原康信氏 10/16堀有伸氏
11/6・13・20小山淳子氏)

※ 定員各回30名(先着順/要申込)、参加費無料